• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



何かとネット(日本語限定)を騒がせる韓国のニュース。

これを主に伝えるのは、実は中国系のソースで、その趣旨を眺めていると、いかに韓国が日本の理解を超えた存在であるかと主張しているように見えます。

曰く、仏像を日本の寺から盗み出して帰国できれば英雄になれたのに。

靖国で立ち小便しても英雄。

これら、ナショナリズムを通り越したエスノ=セントリズムとも言うべき言動は、もはや民主国家が平和的に対応できる限界を超えています。

一方で、暴力が物を言える中国はいくらでもコントロールする自信を見せています。「優秀な官僚制度に裏打ちされた良い独裁」とテレビ朝日が池上さんに言わせようと努力したように見えました。池上さんはかなり頑張って抵抗して見せてましたけど。

日米の世論に「韓国切り捨てもやむなし」との空気を醸成するのが中国の思惑のように見えます。

実効支配、実力による事実上の勢力範囲の変更に中国は成功しつつありますけど、それは今のところ(元)無人島での話。一度中国は人の住む土地をむしり取ろうとして漁船で澎湖諸島に押し寄せましたけど、米国の空母機動部隊の圧力の前に屈しました。

そこで、中国はゆっくりと外堀を埋める方向に切り替えたわけですね。

まずは無人島から。

そして、次は平和的に地域ごと(香港。次は台湾でしょうか。こちらも内政干渉に成功しているようです)。

いずれは国ごと(韓国&北朝鮮)。

その一方で、対抗勢力への対応もぬかりなく行っているわけで、例えば民主党の有力議員は清の時代にアヘンの密売で財をなした一族のような例も多く、中国との関係は深いです。簡単に国宝級の工芸品をポンポン配ってるとの話も聞きますし、実際掘れば出てきますからね。兵馬俑の馬とか兵隊さんは無尽蔵なほど埋まってます。結果として骨抜きですねぇ。

オバマ大統領は民主党出身としては異常なほど中国に厳しかったですけど(あれでも、まぁ、いちおう)、他の人はなかなか難しいでしょうし、次の大統領が万一民主党になろうものなら、中国のやりたい放題は今後も続くどころか拡大する方向かと思われます。

最終的には太平洋の日付変更線のこっち側全部を中国の支配下に、と既に中国自身が発表してますから、日の丸の白い部分も赤く塗るのは織り込み済みです。

一方で、民主国家は全面戦争や核戦争を回避する傾向がありますから、これに対応するのは難しいです。

とりあえず、市民レベルでこうした挑発に乗らないこと、でしょうか。韓国人が犯罪をしたところでいちいち気にしない。韓国に対する民族的な色眼鏡を持たない努力をし、犯罪者は単なる犯罪者として粛々と処罰するほかはありません。

中国は徹底的に韓国を甘やかし、つけあがらせ、日本に対する「お痛」を続けさせようとするでしょう。

しかし、だからといって韓国をくれてやってしまえば中国の有人地域に対する「切り取り放題」を認めることになってしまいます。これを認めてしまうと南沙諸島だの尖閣諸島だの沖縄だのはなし崩し的に崩れてしまい、中国の一方的勝利となってしまいます。

それだけは絶対に避けなければなりません。

対応策としては、既に米国が手を打っているとおり、安全保障面でガチガチに韓国を縛り上げておくことでしょうか(ただ、ペンタゴンのトップがすげ替えられて民主党の言うことを聞く人に代わったそうなので、今後維持できるかどうか微妙ではありますけど)。とりあえず、これが一番コストがかかりません。

中国にくれてやるのも魅力的で、一見コストがかからないように見えますけどね。その代わり、それ以外のところで大打撃になります。まぁ、いつだったかのドイツのポーランド侵攻を認めるようなもんです。

そうなる前に限定的な日韓戦をして、まともな民主国家に再生するのも魅力的ではあるんですけどねぇ・・・できますかねぇ。
スポンサーサイト


イスラム社会にはアメリカ(キリスト教徒)がムスリムを殺せば、その遺族からムジャヒディン(イスラムのために戦う戦士)が生まれてしまう構造があるので、米軍が空爆すればそれが量産されます。

オバマ政権がシリア空爆に踏み切らなかった期間があったおかげでどれだけ発生が抑えられたかを評価しても良いんじゃないかとおもいます。今になって始めたということは、オバマさんは中間選挙までに結果を出す勝算があるんでしょうか?

ソ連のアフガニスタン侵攻以来、ムジャヒディンは延々と産み出されています。そういう「戦争しか出来ない人」をどうするかがいずれ問題になってくるでしょうね。早くそういう平和な時代が来て欲しいですけど、そうなると「処分」されるムジャヒディンと遺族の敵意をどこに持って行くかが難しいです。そもそも、「9.11」自体がそういう背景を持っていたわけで。

例えば日本が経験した戦国時代や幕末明治の動乱の後始末、ヨーロッパでもウィーン体制ができる前に起きたワーテルローの戦いの「わざとか?」と勘ぐりたくなるような無意味な消耗戦を見ると、そんなことを考えてしまいます。特に大阪城や五稜郭、そして田原坂は露骨に「平和に対応できない人々」が集まったように思うんですよね・・・。

オバマさんはそういう「ムスリム対ムスリム」の構図をシリアに造りたくて放っておいたんじゃないかと勘ぐっていました。もちろん、ISISが本当に「イスラム国」として経済的自立を得た軍事的組織になりかかっているのは緊急事態なわけで、結局、放置策も失敗だったということなのかもしれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。