• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今は造れなくなっていて、昔は造れた1等艦と2等艦。むこうのHoraは2等艦を1隻もってますけど、今は隠してます。使ってません。

というのは、面倒くさい人がいると判ったんです。

どうも、1等艦や2等艦を持ってると、どうやって入手したのか根掘り葉掘り聞いてきたあげくにチートだデュープだ(要するに何か魔法を使って複製した)と叫びだし、GMコールして持ち主が説教部屋行きという恐ろしい・・・・・・嫉妬ってのは怖いですねぇ。

まぁ、鈍重すぎて使う気にならないって面もあるんですけどね。

でも、公式サイトによると、どうやら従来の1等艦と2等艦の復活に加えて新レシピも登場する予定とのことです。びば軍人。

ただ、どうもそのレシピ、相当のレアレシピになる予感です。さもなきゃ、相当高額の課金アイテムの可能性があります。運営としては「カリブ海で見渡す限り3層艦とか、絶対おかしいだろ」という至極もっともなご意見のようです。

うーん、極東の某社に爪の垢を煎じて飲ませたいです。でも、ゲーマー心理の理解って面では某社の方が上なのかな。結局、みんな勝ちたいですから、どうしてもそれを入手したくなるものです。

それに歴史的リアリティを追求するなら、NPCのフリゲートが回転寿司かってくらいにぞろぞろ出て来るのもおかしいし。

あと、新年最初の大型アップデートで新型フリゲート艦が来るようですよ。これはちょっと楽しみ。どこのフリゲートかなぁ。英仏のはあるんで、たまにはスペインとか来ないかな?
スポンサーサイト


「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」では国籍が4つ、職業が5つあります。

国籍は海賊、英国、フランス、スペイン。

職業は軍人(Naval Officer)、私掠船長(Privatier)、商人(Free Trader)、殺し屋(Cutthroat)、バッカニア(Buccaneer)

海賊では殺し屋とバッカニアから、それ以外では軍人、私掠船長、商人から選ぶことになります。一度選んだら変更できません。この点、DOLとは異なります。

で、職業によって最強の船が異なります。

軍人は戦列艦各種とスーパーフリゲート。

私掠船長は専用フリゲート艦。

商人は武装商船と特大輸送船。

殺し屋は専用戦列艦、専用フリゲート艦と専用ジーベック。

バッカニアも専用フリゲート艦。

そのほかにも職業によって乗れるフネ、乗れないフネがあります。海賊の場合、乗れない船にも乗れる場合があるんですけど、無理に乗ると対人戦フラグが自動的に立って、いつでもどこでも狩られてしまうので注意です。あ、もちろん、返り討ちにする自信のある方はどんどんどうぞ、といいたいところですけど、自動対人フラグの船は戦列艦と輸送船だったりします。フリゲート相手にはけっこうきついんですよね。


私は気に入っているんですけど、かっこわるいとのご意見もある新選組。

まぁ、「尽忠報国」の新選組が黒船乗ってユニオンフラッグ掲げてるんですからミスマッチも良いところな訳で(でも「尽忠報国」を旗に使わなかったのはセンスあるなぁ、と思いますよ)。

うーん。

ようするに私がPotBSで何か日本的なものをやらかそうとすると、基本的に外人さんの持ってないフォントを使って勝負することになるわけで、次のネタも(出すとすれば)こんな感じでしょうか。原寸PNGファイルで出してますんで、欲しい方はここから持ってって応募しちゃっても良いですよー。

火付け盗賊改め方

火付け盗賊改め方、長谷川平蔵である。神妙にいたせ……って、フリゲートに乗っても言うのかな? ああっ、こうなるとこっちでも羽織袴が欲しいですねぇ。


「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」では帆と旗にユーザーが作ったデザインを採用してくれることがあります。ユーザーが造った船のデザインも受け付けているようです。

実際に帆の紋章を応募してみて分かったのは、会社が求めているのは厳密にその時代、国籍(英、仏、西、海賊)にマッチしたものでなければハネられるということです。

その時代の染色技術にも対応してなければならず、グラデーションは不可。推奨される色のカラーパレットも公表されています。

私が応募したのは「南無阿弥陀仏」と縦書きにした帆と、「真田六文銭」を中心に据えた帆。ちゃんとカラーパレットから色をとってやや薄めの墨染めにしましたけど、ダメでした。

私以外でも、たとえば現在のドイツの旗を含む紋章が多数応募していましたけど、全滅。合格したもののほとんどは正統派のデザインのジョリー・ロジャー(海賊旗)だけでした。ジョリー・ロジャーなら良いかというとそうではなくて、樽に「RUM」と大書した、ちょっとふざけたようなものが印象的だったのに、これも不可。

おもしろみがないといえばそれまでですけど、本当に時代と雰囲気を大事にしているゲームだということがよく解りました。


「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」で既存キャラや商会の援助は一切なしで私掠船長(プライヴェイティア)を育てる企画。とりあえず最終回です。

レベル21になったので、さっそくポスティリオネン型フリゲートに乗り換えました。

名ばかりフリゲ

片舷10門の8ポンド砲で、ナポレオン時代なら格下のスループに類別されるような小さなフリゲートです。帆船模型並のモデリングは相変わらず。いや、本当にこのゲームは性能の良いパソコンでするべきでした。

現在レベル24で所持金は約10万Db。船道楽に走って、乗れる物全部を手当たり次第に買ったりしない限り、楽々レベル50までいけそうです。でも、今のこのアカウントは課金アカウント。レベル50までがんばるのは無料アカウントでやりたいと思います。

無料アカウントが導入されたら、しばらくは有料アカウントと平行にして、それぞれの長短をじっくり見極めてから、どうするか考えようと思います。少なくとも構造物スロット2個が無料で手に入るのはおいしいですし、物の受け渡しに使うキャラが無料で手に入るのもおいしいです。どうあっても有料アイテムが欲しいときは課金アカウントを1カ月なり2カ月なり止めて、その予算で課金アイテムを買って、無料アカウントで遊べばいいかな、とか……そう、うまくいきますかどうか?

無料アカウントには有料アカウントにアップグレードする選択肢があって、それを選ぶと使えるキャラスロットと構造物スロットが増える仕組みになっているそうです。つまり、有料アカウントに切り替えてもキャラは引き継がれるということですね。このあたり、よく考えてあるようです。

以下ネタバレなのでたたみます。
ポスティリオネン型フリゲートの続き


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。