上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「PotBS」のテストサーバに遊びに行ったら、Antiguaサーバで海賊してる人と出会いました。国境を越えてお友達ができるって、ちょっとあこがれてましたから、お話しすることにしました。

最近のアップデートで船枠が一つ増えたそうです。シラナカッタ。とゆーかFlying Labの中の人、広告ヘタすぎ。

ときどきシャウトで出てくるventというものも何か教えてもらいました。正式にはVentrilo。スカイプみたいなもののようです。あると便利そうなので、ヘッドセットを買おうかなと考え中です。

で、対人戦で勝つと貰えるMark of Victoryをくれるというお話になったあたりからアヤシイ雰囲気が……。

「ズルじゃないよ、スパイでもないって」と何度も繰り返すあたり怪しさ爆発。お友達は欲しいけど、スパイはご遠慮いただきたいものですねぇ。

Antiguaに戻って、商会の人にコトの次第を話したら、「ウソじゃないと繰り返しても真実とは限らないさ」とバッサリ。しかも「これからも別の国の人がスリ寄ってくると思うから気をつけてね」って。レベル50になると、イロイロあるみたいです。

でも、普通に良い人かも知れないから、気をつけながら付き合ったら、とも。

ま、国の方針を決めたりするところ(DOLでいうなら「議会」かな?)にいるわけでもないし、私に何くれても何も出ないと思いますけどねぇ……脳筋真っ向勝負な人ばかりと思っていたのに、陰謀系が好きな人もいるのはMMOの宿命でしょうか。

なんか腹立ってきたので、有り金全部でMark of Victoryを買えるだけ買いました。持ってても使い途ないですけどね。まー、お金も使い途なかったですし。

戦いは人に任せて、お金を出す。日本人の悪い見本ですナ。
スポンサーサイト


名匠ミネルヴァ型フリゲートを造りました。

リディア号前から

砲列甲板が2枚。ほとんど小型戦列艦のようにも見えます。

リディア号後から

でも、下層砲列甲板は12ポンド砲が左右11門ずつ、上層砲列甲板は6ポンド砲左右11門ずつで、確かにフリゲートのようです。

うーん。4等戦列艦のモードント号が活躍した、ピープスとトロンプ提督の時代よりは後のもののようです。その頃の資料は持ってないんですよねー。

でも、大型フリゲートでは最速の17.25ノット。加速がちょっと弱いんですけど、旋回性と風上に登る性能が良いので期待してます。


3月5日からずーっと売りに出していたアトラス型バーク2隻がやっと売れました。1隻は先週売れたんですけどね。もう1隻は昨日。

良いフネなんですけどねぇ。ストラルサンド型は売りに出して3日もすればはけるんですけどねぇ。

でも、そろそろジャニスとジェイドもこのバークとはお別れかな。ミニョン型インディアマン(Lv.36)と非武装サンマテオ型ガレオン(Lv.40)に向けてがんばろうと、先走って造りました。

で、余る分はまたオークションハウスか……売れるかなぁ。



もう7年も前からのことらしいですけど、アメリカ海軍の艦首旗(jack)が「一時的に」独立戦争の時のものに変更されているそうです。

対テロ戦争での士気高揚の一環だそうですけど、この旗

230px-Naval_Jack_of_the_United_States_svg.png

意匠はガラガラヘビ。そして、モットーは「我を踏むなかれ」。

当時世界最大規模を誇った英国海軍に一矢報いるぞ、という反骨精神の表れですね。でも、今はアメリカ海軍が世界最大。

ダウ海賊をシースパローやらCIWSやらで踏みつぶしている当のフネがその旗を掲げているのって、先人の勇気と反骨を汚すように思えるんですけどねぇ。

音と光で撃退している海上自衛隊、がんばれ!


昨夜あったことと、それでとってもガッカリしたことをサポート宛に書いて、朝起きたら、書いた15分後には手当てするという返事がありました。その時、向こうの時間で午前6時です……24時間年中無休ですかFlying Labの中の人……。

で、実際どうなってるのか見てみたら、ジャニスがセント・ジョンズのオークションハウスに入ったところまで巻き戻されて、オーク材はちゃんとジャニスの船の船倉にありました。

すごい。

満点の対応じゃないですか。

これがコーエーならどんな対応だったか……「航海者のバイタリティで乗り切ってください(はぁと)」で終わりじゃないかなぁ。

とても感動しましたです。

もちろん、声を出したことが良かったのかも知れませんし、メンテあけで事故対応にスタンバイしてたのかも知れませんし、他にも同じような人がいっぱいいたのかも知れませんけど、ちゃんと対応して貰えるのは嬉しいですね。

来月も課金しましょう……。


メンテがあけたのでログイン。謎のボタンが増えてましたけど、とりあえずはキニシナイ方向で物資輸送に励むことにしました。

まず、ジャニスがオーク材をセントジョンズに運び、オークションハウスに持ち込みます。

次に私がセントジョンズのオークションハウスに行くと……なぜかジャニスがいます。ふつう、どちらかがログインするともう片方はログインできないハズ。

おかしいです。

オークションハウスも使えません。

しかたがないので、ジャニスでログインすると、私がいる!?

先客あり

あうあう。

その後、ログインもできなくなりました。

DOLはいろいろダメダメですけど、こういうあたりの不安定さってありませんでしたよねー。

とりあえず、オーク材は諦めて、明日の朝なんとかなっていることに期待しようと思います。今度こういう損失が出たら解約してやる。


とりあえず面白かったです。

「10万本の矢」を観れたし、「連環の計」もまーちょっと違うけど観れたし。

おおー、あれが霹靂車かぁ、とかいろいろ感心しながら観てました。

でもでもでもでも、えー、あんなに和気あいあいと分かれちゃって良いの? あの一瞬でも気が抜けないギリギリな感じが三國志らしいのに(謎)。

曹操と関羽のあの男くっさいシーンが観れなかったのも残念。ただ、そのへんまでやってたら赤壁になるまでが大変ですからねぇ。

とはいえ、「勝者はいない」というセリフが良かったです。『ワーテルロー』のラストシーンを思い出しました。実際にウェリントン公が言ったとされる「負け戦の次に悲惨なのは 勝ち戦だ」を思わせました。

あと、久しぶりに『史上最大の作戦』が観たくなりました。

The longest day, the longest day
This will be the longest day
Filled with hopes and filled with fears
Filled with blood and sweat and tears ...



……中の人は絶賛365連休中ですが、何か……?

釣りをする人は胸を張って言います。

「一生幸せになりたかったら釣りを覚えなさい」

ふっふっふ。「釣り」は「趣味」に置き換えられるんです。ついでに言えば、幸せな結婚ができれば「3日」どころか「半生」もちます。

というわけで、16連休が恐い人は、自分が何を好きかを考えてみる時間を持ってみてはいかがでしょう。一生かけて付き合っていける趣味、たった半月で見つかれば幸運かも知れません


勝っても負けてもつまらないのでは、この出来の良いゲームがもったいないです。

なぜ勝っても面白くないのかは、戦列艦があまりに強すぎるから。

いあ、実際強かったんですけどね。普通に同航戦に入ったフリゲートなんか、実弾演習の的にしかならなかったようです。

もちろん、フリゲートが複数いると話も変わってくるんですけど、それでも負ければ、それは悔しいです。負けるのは戦列艦の動きが鈍すぎるから。フリゲートに遅れないようにスピード重視で強化したんですけど、そのせいで曲がらない止まらない、加速もぜんぜんダメ……じゃ、戦列艦に乗らなきゃいいじゃん。官給品じゃないんだし。

というわけで、データだけ見て名匠ミネルヴァ型フリゲートを造ったんですけど……造船所のある港が海賊に封鎖されてて出港できません。強化パーツは別の港で売ってるんです……あうあうあう。


リースン型4等艦で対人戦デビュー。

敵のフリゲートを蹴散らしたりもしましたけど、僚艦から切り離されて、風上を向いてにっちもさっちもいかなくなったところを沈められてしまいました。

うーん。味方と戦列を組んでこその戦列艦なんですねー。

でも、勝って面白くなくて、負けたらもっと面白くないのってどーなのよ。



レベルが最高の50まで上がりきりました。これですべての軍人向けの船に乗れるようになりました。

100門艦も夢ではありません……対人戦に勝ちまくらないと、造っても乗れない仕組みになってますけど。

とりあえず、手近なところで4等戦列艦でも一番脚が速くて、攻撃力の高い「海軍用リースン型4等艦」を造ってみました。

ナイキ前から

じゃーん。

ナイキ後から

……という効果音がむなしく響きます……あんまりカッコ良くないですね。

でも、軍艦は格好ではないのです。速力と打撃力と防御力なのです。打撃力はすごいです。大型フリゲートが斉射2回で吹き飛びました。防御力も。大型フリゲートに撃たれても、横からだと、びくともしません。いやはや。

でも、重いっ!

砲列甲板1枚増えただけでこんなに違うものなんでしょうかねぇ。これでフリゲートを仕留めるのは、むしろ難しいかもです。対人戦では運動性の良い僚艦に上手にリードしてもらわないと、一方的にマストを吹き飛ばされて、艦尾からズドンズドンやられて一巻の終わりですね。

対人戦用にフリゲートを造ろうかなぁ……。



たそがれる……?

商会の中で年齢が話題になったとき、出てきた数字が30代後半から40代前半て……いや、そりゃあシャウトの英語と温度差があるなぁ、くらいには思ってましたけどね。

「30歳以下の未成年」は入れない商会だったのでしょうか……?



「新艦長、孤高の海路」

です。

……って、タイトルでネタバレかい? かなわんなぁ……最初のところでかなり気をもむ展開なんですけれどねぇ。まぁ、ネタバレしてても面白いと思います。例によってテンポの速いお話で、最後まで気が抜けないです(その割に3カ月くらいかかって読んでますけど、もうすぐ読み終わります)。

4月25日発売です。

フザー!(英国式の万歳)



私は順調にクエストを消化してLv.47に。カンストの50が見えてきたので、新しいフネの材料を集め始めました。とりあえずはモードント型4等戦列艦を狙ってます

ジャニス奮闘中

ジャニスとジェイドもユカタン沿岸の火消しに出動していて、Lv.32を越えました。このまま37まで引っ張ってデファイアント型フリゲートに乗り換えというのが理想でしょうか。こちらの材料も集めつつあります。

ポートバトルは久々に英国が勝っています。経験値ボーナスでバブルがあったフランスが落ち目ですけど、海賊と(これもバブル後の)スペインも好調なので、首位は日替わりの様相……ですけど、直接参戦してないので、いまいち燃えてません。

ゲームはしていますけど、ここ3日、時間がだいぶ減りました。中の人がリアルでもそもそ動き出してます。

まぁ、サクラも咲きましたし。そろそろ冬眠からさめても良いころですよね。

そんなわけで、ブログの更新はこれまでのように毎日というのはなくなると思いますけど、たぶん元気にしてます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。