上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カゼっぽいので今日のゲームはおやすみ。薬で頭ぼけたまま英チャットは無理っす。据えもの斬り(ふつーの本)はいけるので、本でも読んでましょう。気温の変化がキツイですので、皆様もどうぞお気をつけて。

そうそう、おととい超大型フリゲート造ったら「Master Shipwright」の称号が貰えました。

ますたぁ

某SFファンタジー漫画を読んでいるので、「マスター」という言葉には反応してしまうのでした。

サクッと撮ったようなキャラのこっち向きSSですけど、これ、PotBSでは実は難しかったりします。これ以上、寄れませんし、これ以外のアングルも今はムリ。もともと、こういうアバター無しのゲームだったのに、無理矢理後から実装したらしくて、このへんはあまり気が利いていません。

DOLはその点、良く洗練されていると思います。そういえば、「谷間」とか撮りましたねぇ……。
スポンサーサイト


またデイリー・ミッション中にクーロンヌ・ガレオンと遭遇しました。

クーロンヌ前から

ちょっとマシなSSが撮れました。

海賊が私の造船所のある港を攻略してしまいそうなので、3等戦列艦を諦めて、このゲーム最大のフリゲート2隻を造りました。1隻は私の、もう1隻はジャニスのです。

早ければ明日、遅くて今週後半にはお目にかけられそうです。


フランスのラ・クーロンヌ号はごく初期の戦列艦で、なぜかDOLだと「フリゲート」とされています。ここPotBSではガレオン扱い。

しかも、ガレオンとしては最大級で、大型戦列艦なみの火力を持つ武装商船になっています。たまたまデイリー・ミッションでご一緒した船長が、これにお乗りでした。

DOLだとフリゲート

うむ。迫力が違いますねー。アングルは良かったけど、雨の中だったので、露出がうまくなくて見にくくて申し訳ないです。

DOLの「フリゲート」も良くできているんですけど、帆船模型に近いのはこっちです。違いは帆。スプリットトプスル(船首の斜め前方に突き出た帆桁の上に垂直に立ち上がるマストの横帆)がついているのと、ミズン(一番後の)マストのラテンセール(大三角帆)はこれが正しいです。

PotBSはクローズドβの時にユーザーからもグラフィックを募集していたので(そのせいで亀甲船まで登場してましたけど)、たくさんの目に晒されて修正している分、洗練されていますね。

いつかはジャニスをこれに乗せたいです(でも、そこらの戦列艦より造るのが大変です。ただいま3等戦列艦を建造中……)。


念のため、サードのジェイドも敵対度を見てみたら

フランス=-688
スペイン=-557

Hijos海賊を叩くと1時間で30くらい削れることが解ったので、スペインは2時間、フランスは7時間ほどで500を割ってくれるでしょうか。

これくらいなら1日廃プレイすれば……でも、もっと楽に削る方法がありました。

それは他の国籍の商船を襲うこと。他人の不幸は蜜の味ということで、A国の商船を沈めると、BCD各国の敵対度が下がるようになってたんです(4カ月やってて初めて知りました……好き勝手やってきた証しですね)。

中の人は社会復帰を前提にした生活をしているので、廃プレイは御法度。でも、昨日は調子よくHijos海賊と海賊籍の密輸船を狩って、

フランス=-633
スペイン=-480

当面のスペイン危機は去りました。

下は海賊船(黒い帆)に襲いかかるジェイド(白い帆)ですけど……

あべこべ

どっちが海賊なんだか。

久々にストラルサンド型に乗りましたけど、良いもんですねぇ。人によっては腰掛け、やられ役、どんくさい等々、さんざんなフネなんですけど、私には働き者の可愛いコです。


私のセカンド、ジャニスはフリートレーダー。どの国のオークションハウスでも使えるのが強みの職業です。

なのに、何故かスペインのオークションハウスが使えません。都合良く「なぜオークションハウスに入れないの?」という選択肢がありました。すると、オークショニアに

「あれだけスペイン通商組合の怒りを買っておいて、なぜ、とお尋ねですか。もしや、マデイラ酒の飲み過ぎですか。スペイン通商組合の敵対度が下がらない限り、このオークションハウスはお使いになれません。他をおあたりください(以下お説教)」

……怒られました。

でも、こういう風に怒られるのも、「してやったり」感があって良いものですね。

とりあえず、Los Hijos Verdaderos de la Libertad(「自由の本物の子供たち」)という海賊さんを叩くと少しずつスペインの敵対度が下がる(しかも海賊の敵対度は上がらない)ので、それと平行してスペインの港のJunk Marchantにゴマをする方向で行こうと思います。

自由の真実の子供たち

wikiによると、敵対度は-500以下にならないといけないとか。1隻沈めるごとに3~5ぐらいずつ減るので、150隻も沈めればなんとかなるかな……ただいま-941。ううっ、悪行三昧の報いですねぇ。

ミニョン型で戦闘中

ま、やることないなーってときにボチボチ行きましょう(一気に片付けて燃え尽きたらアホらしいです)。



I was named after the famous caracter created by C. S. Forester, but I am a woman. Horatia. So, "Horatio Hornblower" in the Antigua server is a different person.

I've been using this name for years. It is from my first MMORPG, "Daikoukai-jidai(Uncharted Waters) Online." It is a great pity that game has ill-designed tall ships, and they made me sail on the main of the "Pot BS".

I'm a Japanese in real, and I am terribly sorry for my poor English. Thank you.


For Japanese readers

DOLに帰りたいです……でも、フネはPotBSのほうが断然上。英語と戦えなくなったら帰ります。他にも「音速で帰る」フラグもあるので、公式サイトはチェックしてますよ~♪


昨夜タイトルのようなことがあって、ブログを更新したら、またネトゲ廃人の記事に出くわしました。

ユーザーの心の隙間を廃人化の原因としているのはあまり感心しませんね。ある程度はゲームそのもののデザインで廃人を生まないように出来ると思います。

<ネトゲ廃人>【1】バーチャルに生き、現実世界で生きられない人、増える
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000009-maiall-soci

残念ながらPotBSにも廃人を生む要素があって、それは世界中どこからでもアクセスできるので、どんな時間でも、どこかのゴールデンタイムにかかっていること。この意味ではDOLは日本限定になっているので、良いことかと思います(鬱で沈没してるときは、午前中の今時分は寂しくて困ったものでしたけど)。

PotBSが廃人を生みにくいデザインになっていると思う要素は2つ。

1.一番簡単に大金(小型戦列艦が買える額)を稼げるミッション群が小一時間で終わる(RMT業者対策にもなると思います)。

2.生産の作業は一括してできるので、15分もあれば1アカウントの生産が終わる。

えんえん造船するのではなく、「今日の造船は最大144回出来ます。最大限生産しますか?」みたいなメッセージにgoサインを出すだけで、その日の造船修行が終わって、得られた経験値も表示されるとか、そんな感じでしょうか。

採集だったら、「今日の採集は最大1000回出来ます」で、ぽちっとやると「船倉がいっぱいになったので採集を終了します。白い鉱石●個、赤い鉱石●個、青い鉱石●個、緑の鉱石●個、草●●個、丸太●●個、経験値●●を得ました」みたいな。

これをDOLでもやってみて欲しいものです。ユーザーの時間を浪費させることだけが、オンラインゲームのマーケティングではないはずです。


2006年にペニシリン発見75周年を記念して、英国化学会が「うっかり夏休みのあいだ放置したコーヒーカップ大会」という恐ろしい企画をやらかしました(ペニシリンはそういう状況下で発生した青カビから発見されました)。

……故意か事故か、ものすごくキチャナイ画像が英国の化学の殿堂のサイトにごっそり載るという事態が起きました。

探してみたら今はその企画のページがなくなってました。英国人のやることにしては中途半端な気もしますけど、それだけハンパない画像がてんこ盛りでした。コーヒーといえば、微妙にタンパク質各種……それに砂糖とミルクでブーストがかかると、かなり凶悪なことになります。しかも、それが窓際とかで放置されたようです(画像によっては「培養」の状況が学術的な言い回しで説明されてて、けっこう笑えました)。

というわけで、ピンぼけですけど、クリックすると大きくなります。

3年前なら応募したのに

アイ、こんなのカワイイもんです。ガスコンロの脇で約1週間放置した急須です。培地は緑茶の茶殻でした。いやー、普段は紅茶しか飲まないもので……あうあう(紅茶はいつも別のポットで入れてます)。

とりあえず見なかったことにして、片付ける勇気を貯めるのに、さらに1日かかりましたです……ああ、植物って恐ろしい……。



映画『トランスフォーマー』の新作を観てきました。中の人のダーリンに引きずられて……の割に楽しめました。

予告編でも出てくる空母が沈むシーンは、大画面で観ると迫力たっぷりですけど、その分心が痛みました。覚悟はできてましたけど、フネが沈むシーンはキツイです。

でも、それ以外ではあちこちでさりげなくかっこいいシーンがあって、燃えました。

最後のほうでアメリカ海軍の「駆逐艦キッド」が登場します。

おおーっ!

台湾から取り返して、ずいぶんな「魔改造」を……具体的にどんな改造かは、私の口からはとても言えませんです。アイ(普通にアーレイ・バーグ級の新型かも知れませんけど)。

中の人のダーリンによると、他にもいろんな小ネタがいっぱい仕込んであったそうですけど、さっぱり解りませんでしたです。ごめんなさい。

それにしても、私はああいう火力にものを言わせるのが好きなのかなぁ。ただただ圧倒されて観てるばかりでした。そうすると、私の最終的な目標は……三層艦=1等戦列艦でしょうか。まだまだPotBSは終わらないようです。

最後に一言だけ。オプティマス・プライム、空母の上(しかも端っこ)で立たないで!トリムが崩れる!転覆するっ!


ジャニスがオリファント型インディアマンに乗りました。

オリファント型

敵味方に分かれて撃ち合っているときは気がつかなかったんですけど、

オリファント型後から

船尾に絵が描いてあります。彫刻は良くありましたけど、絵というのは新しいパターン。船尾回廊も優雅な曲線に包まれています……中はトイレ(側面両側)なんて、なかなか気がつきませんよね。

インド貿易船だけに、名物のぞうさんの絵。もしやと思って前に回ると、

オリファント型前から

船首像も、ぞうさんでした。

ディテールはミニョン型の方が良くできているので、ちょっと残念……でも、打撃力はフリゲート以上なので、しばらくはお世話になることになりそうです(現金)。


晴海というとピクッと来る中の人ですこんばんは。

そんなわけで先週のコトですけど、メキシコ海軍の練習帆船クアウテモック号が出港するところを観に行きました。社会復帰したらそんなぜいたくは許されませんので今のうち♪

クアウ01

むこうの灰色のフネがホストシップの護衛艦しらゆき。

クアウ02

音楽隊も来てました。軍艦行進曲は解りましたけど、遠くてなかなか。

クアウ03

タグボートが2隻。さすがに帆で離岸はしませんか……ゆるめにまとめてたので、ちょっと期待してました。

クアウ04

複雑なボースンズパイプの音が聞こえたらゾロゾロと登り始めました。

クアウ05

いったんマストのあたりにまとまってから、

クアウ06

ボースンズパイプの合図で広がりました。

クアウ07

登艢礼です……生まれて初めて見ました! カッコイイっ!

クアウ08

そしてレインボーブリッジの向こうへ……さようならーっ!



昨日ちょっと触れたので、久々に『眼下の敵』をDVDで観ました。

良い映画です。本物の、第2次大戦で活躍したアメリカの護衛駆逐艦が「主演女優」で、本物の機雷を大盤振る舞いの大活躍です。さすがの大迫力。そして感動の結末。

いやぁ、映画って本当に良いですよねっ、と言いたくなる名作です。

実は原作の小説では、潜水艦は同じUボートなんですけど、水上艦は英国海軍の駆逐艦なんです。で、結末も違います。

映画の結末は、アメリカの第2次大戦後の国策と「希望」を示しているようです。

原作の結末は、戦争の現実でしょうか。そんな中で、英国の船乗りが見せてくれるユーモアが救いで、たぶん映画で謳われているよりアテになる希望です。

D.A.レイナー『眼下の敵』
http://www.amazon.co.jp/%E7%9C%BC%E4%B8%8B%E3%81%AE%E6%95%B5-%E5%89%B5%E5%85%83%E6%8E%A8%E7%90%86%E6%96%87%E5%BA%AB-D-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC/dp/4488230016

潜水艦とアメリカ海軍の駆逐艦の死闘といえば、やはり『駆逐艦キーリング』ですね。北大西洋を舞台に輸送船団を守る護衛艦4隻とUボート群の息詰まる戦いです。

C.S.フォレスター『駆逐艦キーリング』
http://www.amazon.co.jp/%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E6%96%87%E5%BA%AB-NV-222-%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC/dp/4150402221

こちらは駆逐艦の艦長が主役なので、潜水艦はやられ役になってしまいますけど、この主役が何ともカッコイイです。

そして、実に美味しそうにコーヒーを飲むシーンが何度もあるので、紅茶党の中の人でもコーヒーを飲みたくなります。ただ、中の人はミルクと砂糖をどっさり入れて、クラウス中佐に白い目で見られそうです。


『真夏のオリオン』という映画があるそうで、昨日その特番をやってました。そこで、ある巡洋艦の艦長がクローズアップされてました。

で、その艦長がいかに素晴らしい人物であったかを表現するのに、まぁ、いろいろありましたけど、その中でひとつカチンと来ました。

大和特攻に付き合われての(ということは何故か伏せられてましたけど)生還が難しい出撃で、沈没時に乗組員の生命を守るために角材をたくさん積んでいたことを特別なことのように、つまり、まるで他の艦長が角材を積んでなかったかのように表現していたんです。

でも、これって、当時よく行われてたことですよね。それを伏せるのは他の艦長の名誉にも関わることです(食糧事情を考えて、余分な食料を下ろして出撃したのは、確かにすごい判断だと思いますけど)。

演出だとしても、どうして、ちゃんとした演出をしてくれないんでしょう? そもそも、どうしてもっと解りやすい情報伝達をしてくれないんでしょう? 無知にしても悪意にしても、かなり興醒めです。不愉快だったので、最後まで観ないでテレビを消してしまいました。

原作の『雷撃深度一九・五』は面白かったんですけどねぇ。『眼下の敵』の日本版リメイク、とでも言いましょうか。アメリカの重巡洋艦(護衛無し)と日本の大型潜水艦は良い勝負かと思います。史実で結果を知っていても、お話しそのものはフィクションなので楽しめました。

『雷撃深度一九・五』
http://www.amazon.co.jp/%E9%9B%B7%E6%92%83%E6%B7%B1%E5%BA%A6%E4%B8%80%E4%B9%9D%E3%83%BB%E4%BA%94-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B1%A0%E4%B8%8A-%E5%8F%B8/dp/4167206021

それで映画にも関心がありましたけど、肝心のPR特番であんな無神経なことをやるようでは、映画の内容も推して知るべし、ということで、テレビでの放映を待つことにしました。

中の人のダーリンは「また重箱のスミをつついてむくれてる」と笑ってますけど。


というわけで

「私が眠ると、みんな死んじゃう」
http://www.j-cast.com/mono/2009/06/11042988.html

というアレですけど。

DOLもそういう成分が結構強いように思う今日この頃だったりします。

というのは、PotBSに移ってから、リ ア ル 1 日 が 長 い で す

実は最近、「ゲームは1日1時間」が実現できてます。ちょこっと入って、適当にNPC狩って(帆船に酔い痴れて)、港の治安が守れたら、それでおしまい。お金が無くなったときだけ野良パーティ組んで、お金を貰えるクエストを消化して(それも1時間弱で終わる)。

正直、中の人のダーリンに悪いコトしてたなぁと思います。アイ。DOLではずーっとやってましたもんね。「漂白」とか。「浮き造船」とか。テレビ観ながら、おしゃべりしながら、本を読みながら、だらだらだらだら牛の●●●みたいに、いつまでもいつまでも。その勢いでPotBSやったら2カ月かからずLvカンスト……オトナな方々は「1年かかった」とか「1年半かかった」とかおっしゃるんですけど。

まぁ、もちろん、DOLの「作業」は「ながら」でなんとかなってもいたんで、その時間が全くムダに消費されたとは言えないんですけど、じゃあ、楽しかったかと聞かれると、PotBSと比べると濃度が薄いというか何というか、「ついにできたを」というけど、実際に「できた」時、達成感より脱力感のほうが強かったような。それって、エンターテイメントとしてどうなのよ。

株主用の資料とか、何が指標になってるんでしょう? たぶん、そのへんに問題があるんじゃないかなぁ。言い訳めいた注意書きだけが廃人対策ではないと思います……って、株買って株主総会で発言しないとダメなのかな。買うか……でも、今となってはそこまであのカイシャに思い入れないしなぁ。


宇宙戦艦ヤマトには沖田艦長がいて、古代君がいて、島君がいて、佐渡大先生がいて……と同じように。

宮川泰さんがいて、ハネケンさんがいて、そしてもちろん松本零士さんがいないとダメなんだなぁ……帰らぬ人、帰ってきてくれない人に乾杯。

新宇宙戦艦ヤマト復活編PART1
http://www.youtube.com/watch?v=wWBRhmFDie4

メカと戦闘シーンはすごいなぁ、と思うんですけど。

音楽の整合性がめちゃくちゃ。宮川さんやハネケンさんはジャズやビッグバンド系。クラシックと合わせちゃ違和感バリバリです。本編では新しく作ってもらえるんでしょうかねぇ。

声優さんも声はツヤがあって良いですし、がんばってはいるんでしょうけど、気合いが足りないというか、なんというか。迫力がないですね。一度自衛隊の体験訓練でも受けてから演じて欲しいものです。

キャラデザに至っては見るに堪えないレベル。

ヤマトじゃない戦艦が出てきたときに書いてあった艦名が「ブルーノア」だったのは笑うところでしょうか。

というわけで、一見の価値ありです。

……一見の価値しかないです。

もう、本物のヤマトを見ることは出来ないのかなぁ……富山さん……。

冥王星会戦
http://www.youtube.com/watch?v=EslpzuigY1I

YouTube貼れなくなったとです……。


ポセイドン型4等戦列艦です。うふっ、うふふふふ。ついに来ましたねー。

ポセイドン型前から

18世紀後半の戦列艦はこのゲームお初です。文字通りの新型。3等以上にもこういうのが出てくるのかな。大砲が1門かけているのは戦闘で飛ばされたせいです。DOLの戦列艦も、こういうのだったら私がぶち切れることもなかったんですけどねぇ。

ポセイドン型船首像

船首像はポセイドン。三つ叉槍を持っています。艦首の繊細な造りが再現されているところは感涙ものです。

ポセイドン型後から

平べったい艦尾はまさしく18世紀後半のもの。艦尾回廊があるので、19世紀では無さそうです。

実際に使ってみると、1回の打撃力では既存の戦列艦に負けますけど、次の装填までが早いので、まぁ、トントンでしょうか。どの職種でも乗れる唯一の戦列艦。昨日のポートバトルでは小型戦列艦がこれ一色になっていたとうことです。さぞ壮観でしょうねぇ……うわさに聞くように何十隻も出てきたら、パソコンが保ちそうにないので、私はのんびりポートバトル前の段階までを楽しむ程度で良いです。

英語版のwikipediaによると、DOLは欧米からの批判続出で、欧米でのサービスを諦めたとか。PotBSが出てきたのは、そういう批判からなんじゃないかなぁ。



しかも、ぜんぜん信じて貰えませんでした。

……けど、それだけ英語が不自然ではなかったってことなのかなぁ……。

というわけで、とりあえず「私はホレイショ・ホーンブロワーじゃないですよ」というメッセージをブログのてっぺんにおいてみました。日本語をずらずら書くPotBSユーザーが私以外にいるとは思えませんし(それはそれで悲しい)。

悲しかったので、ジャニスのインディアマンで海賊&私掠船狩り。

ミニョン型船尾甲板

いやぁ、相変わらず良い船ですねぇ……そういえば、このゲームでちゃんと中間横静索が描いてあるのはこの船が初めてかもです。

カエルまきぞえ

この船いじってると、機嫌もすぐに治ります。


そんなわけで今日はエディンバラ・ミリタリー・タトゥを観るオフ会に行って参りました。

エディンバラ・ミリタリー・タトゥ自体は家のテレビで観てたりもするんですけど、やっぱり大画面の迫力は違いますねー。それにスピーカーの音が良いんで、「あ、ここのところ、こんな音色だったんだ」みたいな細かい発見がありました。

それよりすごかったのが、ある方の貴重なコレクション!

禁断のもふもふ


これ、本物ですって! あの、バッキンガム宮殿の赤い制服です。光量足りなくてぶれててごめんなさいです。

お許しいただいて、くまさんの毛皮の帽子を触らせていただきました。

これは……これは禁断の感触です。

めちゃくちゃ軟らかくて、つややかで、ふさふさモフモフ。

もちろん、バッキンガム宮殿で立ってる人にモフモフやったら、たぶんぶっ飛ばされます。というか何されるかどうなるかわかりませんです。

赤い制服の生地も最高級の織りフェルト(メルトン)だそうで、日本で着るのは大変そうです。これも軟らかくて良い手触りでした。

いやぁ、良い経験させていただきました。


私が「とってもリアル」「フリゲらぶ!」「うおおお、インディアマン!」と盛り上がりまくる「PotBS(Pirates of the Burning Sea)」ですが、とても残念なことが一つ(?)あります。

それは、ガレオンです。

さんまておガレオン


見た感じ、普通に大型ガレオンです。

でも、このゲームではなんと、このガレオンがそんじょそこらのフリゲートより速くて(強化しないでも16ノット、強化したら22ノット以上!)、下でご紹介した中型インディアマン(インド貿易船)より荷物をたくさん積めます。

はっきり言って、あり得ないです。不審船です。船外機か水中翼でも積んでそうです。

しかも武装つきなら搭載力はほぼそのままで、戦列艦に匹敵する凶悪さです。で、ガレオン系すべてがこの調子(乗れるレベルが低い割に高スペック)。このゲームにも鬼っ子がいたんですねー。

でも、それだけ優遇されてても、使う人が少なくて、目立たないです。というのは、いざ本格的に使うなら打撃力重視の戦列艦やインディアマン、さもなければ速力重視のフリゲートになるんです。実は輸送力でもこれを上回るバーク(ほぼ非武装の輸送船)があります。結局、スペック的に帯に短かくタスキに長いガレオン系は、あくまでも引き立て役のNPCか、PCが使うにしても腰掛けになります。

鬼っ子があっても目立たない。それが「デザイン」ってヤツなんですねぇ。

DOLも船のデザインを(カタチでもスペックでも)もうちょっとなんとかしてくれれば、世界を相手にできるのになぁ……日本国内だけなんて、ケチなこと言わないで、世界中の人がNotosや他のサーバに来たら面白いと思います。今だって、ドイツやロシアの人たちとブロークン同士でやり合ったりして楽しいです。で、帆に自分の好きなカスタマイズができたら面白そう。アニメキャラをどーんと描いた「痛船」とか、真っ黒い帆と船体に帝国軍の紋章を入れて黒色槍騎兵艦隊とか……要するに、DOLとPotBSとSecondLifeの良いトコ取りなんですけどね。

あ、極東の某国だけ別サーバに隔離ってのもPotBSの隠れたGJだったりします。ちなみに当ブログはその某国からアクセスできないとの情報をいただきました。


ジャニスは順調にLv.40まで育っています。次の目標になる船は44のオリファント型インディアマン。

オリファント型遠景

輸送力より火力を重視した武装商船です。私の4等戦列艦でも、ちょっと手こずります。

4等戦列艦といえば、新型はとっくに実装されていたらしく、レシピを確保できました。

問題は……造るのがすごく大変。「戦列艦用資材」という材料が必要なんですけど、その材料がこれまでのフリゲートとはけた違いで、苦戦してます。特にお金が大変で、火の車です。造る人も少ないようで、また1度遠目で見たことがあるだけで、ぜんぜん見かけませんです。

ジャニスを早く45まで育てれば収入が2倍になるんですけど、新型戦列艦も早く欲しい(というのは、フランスが私の造船所がある港に色気を見せているので)。

両方同時に進めたいところですけど、さすがに無理。ちょっと焦り気味です。


この1週間、久々にマジメにジャニスを育てて、ついにミニョン型インディアマン(インド貿易船)に乗れるようになりました!

ミニョン型インディアマン

18世紀前半の大型長距離貿易船です。

ミニョン型インディアマン船尾

どうですか、どうですか、どうですか、このゴージャスな船尾!? 堂々とした姿は戦列艦の迫力です。いやぁ、がんばった甲斐がありました(といっても、合計数時間の話ですけど)。舷側には14ポンド砲11門、8ポンド砲3門、船尾には18ポンド砲2門と中型フリゲート並みの合計30門!

ミニョン型インディアマン甲板

スペックもさることながら、この綺麗な凝りに凝ったグラフィックに感激です。

こーゆーのが欲しかったんですよおおおおおっ!

……ま、コーエーさんにはこういう声は聞こえないんでしょうけどね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。