上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私は無事マニラに着きました。PFの倉庫をほぼ空にしたので、2カ月はヨーロッパに戻らなくても良いはずです。浮き造船なり、レア狩りなり、勝手し放題。あー、やれやれ。

あ、商会の納品祭りには帰らないといけないのか。まー、それでもとんぼ返りしてマニラにこもれます。

一方、カルカッタの市場に手がつけられないなら、ということでカイは適当にお土産を買い込んで、ロンドンに帰りました。

気がつけばカイは交易レベルが65。名声はともかく、経験は打ち止めです。このまま無言商会に置いておくか、それとも旅に出すか……といって、セカンドを入れてくれる商会があるかどうかも考え物です。でも、このところのログイン時間を考えると、偏りはありますけど、カイも実質ファースト(特に昼間)。名実共に二枚看板になりましたね。

ステラは、考えてみたら本来の任務「支援船兼自航式浮き倉庫」がこなせればいいので、ムリに「星人」に仕立てることもないかな、と。それならLv.52までインド土産で育てて、あとはその時造れる最速の商用クリッパーをあつらえるだけでしょうか(商大ガレオンはスキップ)。いずれにしても、基本的に危険海域に出さないようにしたいですね。造船の材料とか、航海しても耐久の減らないものをいろいろ持ってるので。インドの金庫増量イベントも、往復とも定期便かなぁ……もしかして過保護?
スポンサーサイト


インドが危険海域に戻って、カイはカルカッタの相場を待って、籠城の構え。

手も足も出ません。

ステラは必死でカテ1を消費して、ニットを編んでいます。ついでに牛肉もさばいて、地味に調理も上げています。

一方で、カテ3が残り少なくなってきました。

カテ3を稼ぐのは……造船修行です(ああ、おカネが……って、矛盾してるなぁ)。

アイ。マニラに行ってきます。途中でグレても良いように、連れて行く副官は収奪コンビ。換えの革ペチの他に収奪セット(鎧と刀)も貸金庫に入れました。対N本気モード用の大砲もまだまだあります。東南アジアが安全海域になったら、N狩りをしながら造船修行……は、ちょっとキツイかな? とりあえず「武器商人」のままなので、対人に駆り出すのはゴエンリョクダサイ……。

でもって、来週の安全海域がまたインドだったら、マスケット市場暴落のお手伝いでもしましょうかねぇ。



おかげさまで無事、大海戦に出たフネの装備が一新しました。

といっても、枠からはみ出してミラクルにあずかれなかった装備もあるので、今度カイがヨーロッパに帰ってきたら作ってもらうことにします。なんにしても、メインフルリグを3つ作るところを1つですむのは、ありがたいですね。

カイは星人街道まっしぐら(こちらはカルカッタで)。

ステラも星人街道まっしぐら(ただしエディンバラで)。

カイのマスケット&ベルベットでの稼ぎっぷりを見てしまうと、ステラがいくら頑張ってもツメに火をともすようで、泣けてきます。ホウキを背負ってR3+1になって以来、R10の今でもずーっとニット(と、たまにオスロでレース編み)で上げています。

PFで綿花が出てくれれば、モスリンという手も出てくるんですけどねぇ。


大海戦最終日。

戦い終わって陽は暮れて……いや、戦友は冷たくなってませんけど!

商会のみんなとナントに行って、久々にタロットカードを引いてみました。昔、どこかで「死神」を引いて以来、二度と寄りつかなくなっていたわけですけど……今回は「女帝」というのを引きました。なんでも、効果の切れ際にミラクルがあるようで、今からワクワクしてます。

で、問題は切れるまでの2時間半と少し、何をしていればいいのかということ。

しばらく(丸2日)考えた結果、浮き造船……ああ、カイもステラも必死でキャッシュを貯め込んでいるというのに、私は使う一方。とはいえ、

「タロットによりスキルの獲得熟練度が増加することがあります」

といわれれば切実。とくにR13になって、ひときわ上がりにくくなっている今日この頃です。実際にフリゲートでやってみると、1回で39しか入らないはずの熟練が42入ってる……たいした違いではないですけどね。ちょっと得した気分です。

効果が切れるのは明日かなー。



著作権的にかなりグレーなので、警告or嫌がらせが来たら即撤去するので、イイと思った人は即保存でお願いします。

レナウン号

海洋画家ジェフ・ハントが描いた英国海軍の戦列艦(72門)レナウン号です。

これが戦列艦なんです。

4本目のマストなんか無いんです。要らんマストがあるから船体が長すぎです。あんなへんてこな艦尾じゃないんです。マストの見張り台の位置もめちゃくちゃです。砲門の配列もおかしいです。重要な静索が省略されて、どーでもいい動索が描いてあるから変なバランスです(もっと聞きたい人、いる?)。

3本のマスト、広いトプスル(上中下の真ん中の帆)、ぽってりとした船体、その塗装はネルソンズ・チェッカー(黒地に黄色の帯。黄色の中に黒い砲門)……はふーん。

私はこの世界に夢見て、DOLを始めたんです。思い切り破れて、ぐれて洋ゲーに行っちゃいましたけど。

そのおかげで今回の大海戦、めちゃくちゃでした。足引っ張りまくり。何をどうして良いかすっかり忘れて、沈みまくりでした。半年のブランクは大きい……!


というスーザの名行進曲があります。

Hands Across the Sea


DOLとPotBS(Pirates of the Burning Sea)で共通するのが「国益プレイ」というもの。それぞれのネーションに対するナショナリズムを含むプレイスタイルとでもいいましょうか。

実はこれ、PotBSのほうが顕著で、それぞれの国籍では別の国のユーザーとは完全に隔離されていて、その分、言いたい放題という、かなり過激なデザインになってました。

ところが、私がやめる前に、このシバリが無くなったんですね。ふつーに、今のDOLと同じように他の国のプレーヤーとやりとりできるようになりました。結局、シバリが不要なほど、みんな「紳士淑女」だったんですね。

外国の、しかも国益全開が前提のゲームでもそんな流れです。

だから、DOLでも他の国の人と仲良くして良いと思うんです。

だって、遺恨試合の応酬なんてマイナスサムゲーム、せっかくのバーチャル世界にまで持ち込みたくないじゃないですか。そんなの、リアルだけで十分です。

昨日は参加できなかった「大海戦」。勝負事なので、全力を尽くしますし、ナショナリズム全開のシャウトもするかも知れません。おきまりの「Saint George and England, huzzaaah!」とか。でも、それはそれ、一つの楽しみです。

でも、イングランド以外の方とも、スーザの行進曲のようにカラッと明るくお付き合いしたいものです。






カイは結局、紡績商になってしまったので、昨日カルカッタに島流しにしました。

ついたその日にいきなり良い相場の兆候。それでは、とせっかくの安全海域を生かしてマスケット銃とアルケブス銃を作って投下……しましたけど、及ばず。

それでも頑張ってベルベットを織りました。良い相場が終わってから、悔し紛れにマスケット銃を作って50個売ったら暴落……もう一息だったんですねー。もっとたくさん作っておけば、と反省。カルカッタの鉄鉱石が安かったので、450箱作りました。

今朝、中の人が起きて来ると、いきなりの良相場。しかもマスケット銃は106%↑。よしゃ! ふっかけも成功!

どかーん、と一発!

「火器の相場が暴落しました」

ガッツポーズも省略して、しゅくしゅくとベルベットを織っていると、繊維取引支援の声。

ちょうど同じ14だったので、そのようにご返事すると、同じ14でも、相手のほうが良い装備を持っている。それをこちらに貸せば15になるとのこと。ごもっとも。

そして、なんと、その装備を下さる!? 同じ商会の人が同じものを作ってくれたので、譲ってくださるとのこと。えええええっ!?

艦隊を組んで疲労回復のご支援をいただきながらベルベットを織り続けていると、材料を使い切ったらしく、これで落ちるとのこと。心ばかりのお礼を差し上げて、お別れしました。

というわけで、いただいたのがこちら。

わあああい!

じゃーん! オダリスクドレス! 欲しかったんですよ。よだれ流さんばかりにバザーに出てるのを眺めて、試着して、良いなぁ、と思ってたんですよ。でも、これから先、投資ラッシュがありそうだし、ってことは「大投資戦」もありそうだし、となればキャッシュは可能な限り蓄えておくに限るわけで(なので、造船修行もおやすみ)。

で、あきらめてました。なので、すごく嬉しいです。

ちなみに、この時ルビーもお手頃価格。もちろん、カイはごっそり積み込みました。そして、セイロンで相場待ちです。

明日も良いことありますように……!


昨日はトラファルガル海戦記念日でした……これについては語ると長いので語りません。

でも、ゼフィロスサーバで中の人のお友達がイベントをするというので、行ってみました。

セント・ポール寺院の前で集合

なかなかの入りです。お友達の人徳のようです。私がNotosで同じことやって、何人集まってくれるでしょう……?

最初はロンドンのネルソン提督関連の名所巡りでした。

そのなかの「トラファルガル広場予定地」には爆笑でした……いやぁ、その発想はなかったです。でも、ネルソン提督を語るなら、必要ですよね。

基本的に邪魔はしない、盛り上げ役に徹する、乗っ取らない(ここ重要)つもりだったんですけど、結局黙っていられなくて、最終的には掛け合いのような感じになりました。

ちゃんと打ち合わせをしておいて掛け合いできたら、もっと盛り上がったかも知れませんね。

最後はトラファルガル沖に整列して、花火! そして乾杯!

不滅の記憶に乾杯

良いユーザーイベントでした。Notosでもできると良いなぁ。

そうそう、地味に頑張っているステラが商用ガレオンに乗れるようになりました。

ステラがんばる

DOLのガレオン系のデザインは、なかなか捨てたもんじゃないですね。



東京の会社に面接に行ってきました。

内定も交通費もくれませんでしたけど、風邪をもらいました。

……寝ます。おやすみなさい。こんな時こそ蓄えてあるマイスリーを……こらこらこら(といいながら、やっぱり飲む)。


ステラやカイで戦闘中、何故かクリティカルをもらいます。

おかしい。

……おかしいのは中の人のカンでした。

PotBSで1発撃った敵が次の30秒は撃たない(撃ったところで小口径砲だから、たいした被害にならない)のに慣れてしまって、簡単に艦首や艦尾を敵に見せてしまうのが問題です。

とりあえず、カリブ海に行ってみると、確かにそういう現象が……あああああ、せっかくの★3つ戦闘用ガレオンに傷がついたあああっ!

……修行しなければいけません。これではN狩り旗艦も務まりません。

修行といえばインドです。

でもインドは恐そうなので、安全海域になっているアラビアに行って修行してきます。


漂白が終わって、帰ってきたばかりのカイ。宝石磨きがメインの「工芸師」でしたけど、ハンザの「納品祭り」の招集がかかったので、さっそく地中海へ。

私が行くより、よほど物の数になるのです。生産担当ですから。

今回の納品物はベルベット・ジュストコール。

これを一人4着。参加者10人+予備、あとから来た人……で、50着近く作りましたかねぇ。自分のために1着とか作っていたときは楽勝だと思ってたんですけど、数が揃うと材料の量がバカにならなくて、商会の皆様のご協力のおかげで、3時間以上かかって何とか作れました。

生糸はセカンドの自宅にごっそり不良在庫していたんですけど、おかげで半分ほどになりました。どーして、いつもこういう不良在庫があるんでしょうね。昔は何を思ったのか、使いもしない「植物油」を貯め込んでいたような……それもフランスにいたときの商会で有効に使ってくださいました。

さて、残り半分、どーしたもんか……?

念のため、予備をもう少し作っておきますかね。まーそれも、明日以後のお話で。

今夜は川越のお祭り。山車が街を練り歩くんですよ。どこの地方都市にも似たようなものがあるとは思いますけど、やはり自分が住んでいるところのは格別なものです。



地球を25周にインド1往復で漂白が終わりました。

ざっと40時間ほどだそうです。ちょっと大国亡命してみようかなーという方は、ご一考を要するかと思います。

25周終わって、まだちょっとハンパが残っていたので、赤い名前のままインドに行って、転職。セイロンの売店前で宝石を磨いていると、チラッとこっちを見る人がいたりして、なるほど、名前が赤いのも良いもんだと……まーでも、また25周もするのはイヤかも。

赤ネームで掘り掘り

ま、それはともかく。

で、帰ってきてみれば「あれがない、これがない」で結局、「3人目」を課金してステラにご登場願いました。あーあ。



気がついたら一日、DOLにはさわりませんでした。ま、そういう日があっても良いですよね。

……副官の経験値ボーナスだけもらったけど。


えーと。

南氷洋を漂流しているので、状況がよく解ってないんですけど、もしかしてイングランドにお座敷がかかるんでしょうか。

そうなる前にカイの漂白が終わると良いんですけどねぇ。




カイは地球を11周したとこです。

あと1168!

そのうち7回は無寄港で回りました。おおむね1周に100~110日かかっています。ログインもログアウトも海の上。

だいぶ減ったように見えても、これからが長いんですよねぇ。単純計算で少なくとも、あと1334日。あと14周くらいしないといけないようです。

……靴をもう1足、買っておくべきでした。明日から裸足だナ。


ロンドンの私のお城。気がつけばいろいろ動かせるようになってたんですね。

デスク回り

さっそく、ちょっとあこがれていた「模型つきチェストを背負ったデスク」にしてみました。

帆船模型2隻

帆船模型のほうは応接セットへの階段脇にあるデッドスペースに。おかげで「一段高いところから見下ろす」とゆー、帆船模型ファンなら一度はやりたいことができるようになりました。

テーブル回り

暖炉前で気になっていた雪だるまを少し離れたところへ移動、空いたスペースに、ちょっと早い(というか、結局1年中出しっぱなしの)クリスマスツリー。ツリーを動かしたので、影になっていたコーヒーミルが出てきました。使えるわけじゃないですけどね。

以下愚痴。

本キャラで何をして良いのかわかってません。セカンドは「亡命して漂白」という大仕事があるんですけど、それがある分、本キャラで何か始める気になれないんですよね。

貸金庫にどっさりある大砲を見て、安全なカリブ海を見れば、「ああ、海事上げか」とも思えるし、ガラガラの持ち物を見れば、その大砲を引っ張り出して貸金庫枠を空けて、浮き造船にも突入できます。今「船大工」ですし。

4両もある収奪鎧を見れば、レアハントのマネもできそうです。

持ち物がガラガラだってことは、誰か必要な人のためにJB材料を集めておくというのもアリなんですけど……ロンドンから錨が上がりませんです。

何でもできるけど、何にもできない。微妙なことになってます。

とりあえず、PFから物資補給の催促が来ているので、そこに行くことから始めましょうかねぇ……でも、うっかりすると、そのまま定期船で帰ってきてしまいそうです。んー、でも、次のライブイベントの場所も気になりますねぇ。

とすると、正解はアラビアあたりでレアハントしながら造船アゲ……かな?



首尾良く亡命し、

亡命。

首尾良くロンドンを逃げだし、首尾良くソコトラに入港、「ネコの置物」を大量ゲットして……地球周回軌道に入りました。今回は何周するんでしょうね。というか、今回は商用大型クリッパーなので、1回の補給で何周できるかにも挑戦してみようと思います。

問題は……セカンドが無言商会にいること。

さすがに手持ち無沙汰で、縫い物とか家事とかしながら航海してます。うっかり襲って無反応だったらごめんなさい。しかもロクに良いもの持ってないです。着古したペチコに消耗寸前のベレー帽。換えのペチコと靴は貸金庫の1つずつ。これで全行程もてば良いんですけどねぇ。


私がフランスからポルトガルに行ったとき、「交信」は20日に1回くらいだったよーな気がするんですけど、今は10日に1回ですね。おかげでセカンドのカイが「友好」に上がりました。

近々、「色つきの女」になってくれそうです。

私は自宅でジベの模型を眺めたり

しつこくジベ模型

ロンドン前をちょこっとポラジベで走ってみたり。

うーん……。


ジーベックの模型をもらいました。貯金しといて良かったです。

ジベのモデルシップ!

副官を異動させたら、作戦会議の雰囲気になりました。いや、単に寂しかっただけなんですけど。

作戦会議?

夜、ロンドンでは懐かしいご夫妻に出会いました。

懐かしい人々

奥さまはほぼ本格復帰、オトコマエな旦那さまは12月頃本格復帰とのことですから、またハンザを湧かせてくださることを祈りますけど……ネデ籍だからほふさんのほうに行っちゃうかな?

私はといえば、セカンドの調理を切ったのを忘れてて、ちょっとショックです。これは……やはりサードを復活させるべきなんでしょうか。あうあう。


今日は早く帰ってくると言う中の人のダーリン。

そこで今度は世界一まずいと評判の英国料理で虐待することにしました。

難しいのはできません

縛ります。

焼いて切るだけ。以上。

できあがり

「どーだ、まいったか」

「まいりました」


セカンドのカイはフランス人。このままフランスに置いておくのももったいない(特にカルカッタでのカテ3消費時に)ので、イングランドに亡命させることにしました。

サードのステラを星人にしてしまえば、という考えもあったんですけど、サードはとりあえずこのまま楽隠居。もともと共有倉庫移転のための移動式倉庫の目的でしたから、これはこれで良し。

しばらくは北海中心の中距離貿易で小金を稼ぎつつ、英国の信頼を勝ち取っていくことになりそう。

うーん。時間のかかるゲームだわ、これ。

あ。中の人のダーリンは少し思い知ってくれたようです。


中の人のダーリンの帰りが遅いです。一緒に夕食が食べられません。なので、明日の朝ご飯で思い知らせてやります。

まず、主菜はエスキモーが犬ぞりのイヌに食べさせる魚の内臓。

魚の内臓

そして、副菜は草の根っこ(お約束?)。

草の根っこ

これで思い知って、ちゃんと早く帰ってきてくれると良いんですけどねぇ。でないとDOL廃人になっちゃうぞ~♪


出港の手順で順応できなくて困ってます。今まで補給考えなくて良かったし、操帆は自働だったし……その分、「動かしてる」実感はありますけどねー。そこまで言うとフルマニュアルで行けって感じですけど、それは体験アカキャラで十分やり尽くしてます。

PotBSに比べて風上に行きやすいのはありがたいような、興醒めのような。だったらジベ乗るな、ってとこなんでしょうけど。

あ、イベントは無事終了して、ゴアで待機中です。もっかいマラッカもどれ言われたら泣くぞ。

フクロウ飛来

お店拡げるとペットが来てくれるんですねー。地べた座らないとダメなところがちょっと残念ですけど。あ。膝立ちはまだ実験してなかったな。


こ……これがコーエーの罠かっ……!

というわけで、イベント目的で慌てて復帰しました。
リスボン行って、後は定期船でジャカルタ。マラッカは明日の朝かな?


PotBSではオウムがペットになります。

オウムが貰えるクエストもあるんですけど、私のはゲームを始めたときに買ったガイドブックのおまけ。何となく気恥ずかしくて、クエストでも貰えるようになってから、やっと連れて歩くようになりました。

なかなかSSに取るのがむずかしかったんですけど、ついにやり方を発見。外見のカスタマイズ画面を開くと、こっちを向いてアップにできるようになることが判ったので、さっそくパチリ。

オウムと一緒

案外、バービー顔でしたね。


10月4日頃……日本時間だと5日まで遊べるかな?

早くてその後、DOL復帰です。

中の人のノーミソが19世紀にイッちゃってるので、そのまま帰ってこないとDOLどころではないという説もあるんですけど……どうなんでしょ?

ま、どれだけ「帆船を好きにいじれない」状況をガマンできるかが見物ですねっ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。