上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



かっこよかったですねー、英国海軍士官!(そこかよ、というツッコミは無しの方向で)

「英国の紳士は……」と引用するQueen's Englishは鳥肌ものでした。当時の英国海軍の少壮士官なら、あれくらいのことはしそうですよね。

軍艦「筑紫」の引き渡しのシーンで赤い制服の軍楽隊が演奏していたのはラッセル作曲の「A Life on the Ocean Waves」。今では英国海兵隊の分列行進曲ですけど、この時はまだそのような採用をされた曲ではなく、単に海に関係する曲として演奏されている設定のようです。



この動画の2曲目です。1曲目は英国海軍の行進曲で、「Hearts of Oak」。

番組で演奏していたのも、動画のと同じアルフォードが編曲したもののように聞こえましたけど、細かいことは気にしないことにしましょう。

「坂の上の雲」という作品自体、一個人の目を通して浄化されて描かれている上、テレビドラマ化に伴ってさらに浄化がされて、日本という国そのものの青春ドラマになってしまっているようです。まぁ、それはそれで割り切って楽しもうと思います。

それにしてもあの軍艦、造ったんですかねぇ。CGですかねぇ。良い感じでした。連合艦隊が勢揃いするのが楽しみです。
スポンサーサイト


このゲーム、1隻でも実在してたら出してきますから、(実在しなくても出しますから)油断できません。

とりあえず、今出ているのは安宅船と菱垣廻船。もしかすると安宅船の上に「大安宅」が出てくるかも知れませんね。徳川将軍家だけが所有していた最大級のもの。こいつを「鉄製」で造れば鉄甲船になります。

それから、謎の西洋船の画像も出てますね。私はインディアマン(大型の武装商船)だと思っていますけど、大型フリゲートじゃないかとの声も。どちらも外見は似たようなものなので、フタを開けてみないと判りません。

気になる戦列艦の今後ですけど、あるとすれば3層戦列艦でしょうか。100~140門を積んだ海の怪物です。これが3本マストなら言うことないですけど、5本マストとかやりかねないからなぁ……。

後は……一部で実在が力説されている亀甲船かな。韓国市場を考えると出さざるを得ないでしょうね(あ、伏せた意味無いじゃん)。

実在する最大級の帆船では7本マストのスクーナーがあります。これは1902年に完成したトマスWローソン号で、5218トンといいますから、5本マスト・シップで5081トン(どちらも排水量)のプロイセン号より少し大きい程度です。

そして、実在が証明されるかに見えるのが、8000トンといわれる鄭和艦隊の中核、「宝船」。これは中国人をのぞくと、英国のアマチュア歴史家が主張するだけで、どうもプロの歴史学者が猛反対してるようです。ま、DOLならあっても良いかな、と思います。

さて、どんな船を用意しているんでしょうねぇ。


どうやら無事に公式イベントはできたようで、明日に備えて「砲術家」の転職用紙を貰いにマルセイユに。

商会の人のおかげで、無事に紙をもらえました。ついでに、「武器商人」ももらえたので、明日の後のお仕事も確定……でもないか。実はタルワールを量産できるレシピを買い揃えたので、いつでも収奪+1になるようになりました。

本格的に白兵関係を上げるなら「私掠海賊」でしょうか。

うーむむむ。

カテゴリー1~4が、どれも900枚を超えているので、本格的に造船できないんですよね。ステラを休止させたせいで、倉庫も金庫もいっぱいいっぱい。上限解放があると判っている今、カイがお金を稼ぐのはやめたほうが良いし……。

レベル合計90を超えた副官は私もカイも2人以上いるので、これは問題なし。

密かに期待しているのは、曲刀レシピに日本刀が実装されること……! この際、倭刀(メイド・イン・チャイナの日本刀)でも良いです。だって、剣のレシピはあんなにいろいろ入っているのに、曲刀は2種類だけなんですもの。


カイは「砲術」が一つ上がってR6。「水平射撃」と「弾道学」ももうすぐ上がりそう。

でも、「ジェノバ商船隊」に遊ばれたときに消火砂をだいぶ使ってしまいました。クレタ島の南側にある上陸地点を通ったときに、「そういや、ここで砂が獲れるよね」というわけで、さっそく上陸。

砂も獲れましたけど、ジンジャーやら石材やら硝石まで獲れるんですね。硝石といえば火薬の材料。そういえば、「英国名物」の呼び声高い火炎壷(Notosサーバ限定?)も手持ちがほとんどありません。マルセイユで就活するときに、あると便利なのでたくさん作っておきたいところ。

ジンジャーと石材は売り払って(思わぬ臨時収入♪)、硝石はロンドンの倉庫に。

通りかかったコペンハーゲンで琥珀がお買い得だったので、オスロと往復して150ばかり買い込んでロンドンに戻ったり。これまた倉庫に入ります。

それからやっとコペンハーゲンを基地にバルト海方面に出撃です。重キャラベル2、戦闘用キャラック1の「スウェーデン私掠艦隊」がちょうど良い遊び相手になってくれました。

ある程度遊び終わったら、硫黄を積んで帰れば、ロンドンで火薬をごっそり作れそうです。


カイはすぐにインドから帰ってきました……コショウと宝石を満載して。むしろ西アフリカ沖が赤くなる前に帰って来れたのは上出来かも。

相場が良かったのもあるんですけど、カイは「インド海賊」にさえ遊ばれてしまって、2連戦がやっと。なぜかクリティカルが全然入らないし、入っても弱くて撃沈できず、そのままお互い資材切れになるまで撃ち合いになる始末。

砲撃が弱すぎるんですね。ただいま砲術、水平射撃、弾道学、貫通の全部がR5。ある意味、バランス良く育ってます。そんなこんなで、覚えたばかりの突撃も3まで上がってます。

もうしばらく、地中海かバルト海で鍛えましょうか。

……で、寝落ち以来、私でログインしてないのはなぜ?


ネタ的には……初めて「浮き造船→寝落ち」をやらかしたくらいでしょうか。お風呂入って、上がったらログオフするつもりで、ほったらかしたまま寝てしまいました。士気低いです、中の人……。

そうそう、公式イベントと大海戦が二本立てで告知されましたね。

公式イベントは大丈夫そうですけど、大海戦は日程的に難しいかも。それまでの間に出てきた情報で、アップデート後の世界が面白そうか確かめられれば、課金して続けたいと思います。

カイはインドに旅立ってしまいました……しっかり稼いで来いよー!


1日1回、できれば2回、スエズ運河の勅命をする。その間にフリゲートを3隻(ずつ)造る。

造船のランクアップまで約1000でなくて約1500でした。ま、12隻増えた程度ですけど。

セカンドのカイ(カイラーラ・ヴァッタの愛称です)は外科を覚えるまでインド洋禁止です。いつも何気なく使っていたので、無くなってからどれだけ重要か気がつきました。代わりに、しばらくは経験値が入らない「兵器技術」を本棚に入れておきましょう。

シーダー製-16%商大ガレオンはなかなか速くて、地中海の大型ガレー相手なら機雷も使わずになんとかなってます。でも、★を一つ増やすのに必要な材料が無茶すぎて、改装は諦めました。

12月の初旬に課金が切れるので、公式イベントの動向次第でもありますけど、いったん切れたままにしようかと考え中です。


私は「船大工」に、カイは「傭兵」になりました。大砲がたっぷりできましたからね。

カイは商会の人にクエストを出してもらって、転職クエを紹介してもらいました。なにしろ、海事名声がゼロだったんです。

ステラがいないのに二人とも海事職になるっていうのは初めてかも知れません。少なくとも、すごく珍しいです。

とりあえず、カイは地中海でガレー船相手にしばらく頑張ってみて、ペルシャ湾やインド洋に行っても良いかどうか見てみるつもりです。

私は造船しながらスエズ運河の勅命でしょうか。とりあえず、造船紙を確保しておきたいのと、あとちょっと(といっても1000ほど)で造船がR14なのです。

適当に航海して、適当に造船して、適当に戦闘もすると、中の人も飽きないで遊べるんじゃないかなー、と期待してます。

傭兵さん


リアルでもこんなに簡単に転職できれば良いんですけどねぇ。ま、ゲームですからね。


私=鋳造マイスター(R15)、副官は主計長80。船は「機動型ジーベック」(ポラジベ★3つ、専用スキルは「重量砲撃」)
カイ=鋳造修行中(R13)、副官は主計長54。船は「商用大型クリッパー」(★3つ、専用スキル無し)

で、ハイペリエ砲14門造りに挑戦です。

私が造ってみたら、大成功1、ノーマル3。
セカンドが造ってみたら、大成功7、ノーマル9。

「マイスター」の名が泣きますね。というか、私が「工作室」付きに乗ったら(セカンドがとっととマイスターになったら)最高なのでは……?

でも、私が浮き造船にはいるので、セカンドのカイは海事修行を始めます。最初の1隻はカイの商用大型ガレオンですね。銅で造るかシーダーで造るか、お買い物の間、考えます(両方造っちゃえ、と悪魔がささやく)。


……あんまり延期されると課金切れちゃうんですけど。

ニュースを知らずに、うっかりヨーロッパに帰ってきてしまいました。でも、これでむりやりガレオンを維持する必要もなくなったわけで、またポラジベに乗って運河の勅命でもしますかね。

とりあえず、定期船を下りたリスボンでイベント。

船大工

もちろん、船大工さんの依頼を受けました。


カイは紡績商になりました。フルリグを1本ダメにした私に1つ渡して、そのまま4本マストの商用クリッパーに乗りっぱなしだったので、商用大型クリッパーの5本目のマストの分が必要なことを忘れてました。

そこで、転職して麻布と鉄を満載してオスロへ。木材を買ってメインフルリグに挑戦して……6回とも失敗。んなアホな……こともあるんですねぇ(このまえカロネード砲で4連続失敗をかましたのを忘れてますね)。

今度は木材を抱えてアムスに向かい、ヘルデルと往復しながら挑戦して……3回とも大成功。

とーたる1/3大成功なら悪い成績ではないと思いますけど、ちょっと嬉しくなかったり。

その後、カイが「ピッコロ海賊団」の根城を突き止めてくれたので、今週末のイベントの準備のためにも、一度ヨーロッパに帰ることにしました。


安宅船(画像左)と菱垣廻船(同右)の画像が出てきましたね。

安宅船と菱垣廻船

「廻船」って、沿岸航海用の貨物船って意味だったんですね。というわけで、和船についてはさっぱり解らない私です。なのでツッコミどころも、あっても判りませんけど、見た感じ、すごく良くできているように思います。

解ってないので、付け焼き刃。

菱垣廻船と樽廻船
http://www.geocities.jp/shimizuke1955/371bezai1.html

どうも、貨物船については2千石(約300トン)まで建造が許されていたらしいです。

その大きさだと、DOLで言うならウォーリック・コグからキャラックあたりのクラスでしょうか。レベル65を越えようという人が乗るには残念なクラスかも。商用クリッパーに乗れるようになっていてもガンとしてポラジベを離さない私でも……これはちょっと……。



置き去られたような神父様が、岸壁にいらっしゃいました。

ゴアにて1

一体、このイベントはどうなっちゃってるんでしょう?

ゴアにて2

実は、戦闘が終わってケープに帰ってみれば使節団はトンズラ。で、何のアナウンスもフォローも無しなんです。返事のしようがありません。

一方、戦闘とは命のやりとり。聖職者とはいえ、1人か2人のために大勢がそれをするというのは、物語上どうなんでしょうね。キリスト教の、特に最近のキリスト教の、かなりデリケートな部分に触れてくるテーマだと思います。

コーエーがハード・ソフトの面で今回のイベントの問題にどう対応するかの他、物語のほうもどう着地させるのかが楽しみです。



初めてスエズ運河使ってびっくり。片道60万D以上もするんですね。これならリスボンから定期船乗り継いだ方がお得です。追い風とはいえ微風の地中海を三層甲板ガレオンで必死こいて航海してきた手前、リスボンに戻る気力もなくして運河を使うことにしました。

せっかく安全な紅海に来たので、「収奪」関連のアイテムに身を固めて、「イスラム商船隊」を求めてペルシャ湾まで行ったり来たり。曲刀のレアレシピを狙ったんですけど、それ以前に海事名声上げ、砲撃関連上げ、あわよくば白兵戦関連上げもと欲張ってますから、ほぼ手当たり次第。

結果:記念すべきソロで「収奪」できたアイテム第1号は「ネコの置物」。後は積荷系で、「積荷強奪」を覚えたばかりのコーネリアさんも、現金やら水やら食料やら羊肉ばかりガメて来ます。それはそれで助かるんですけどねぇ……。

理由:問題のレシピを持っている商船隊はインド方面に移動したとのことです。

教訓:wikiはこまめにチェックしましょう。

あうあう。



イベントで分捕られてしまった大砲を作るため、カイが鉱物商に転職しました。さっそくカノン砲を作ってみると、4つ作って3つが大成功品。

カロネード砲にはレベルが1つ足らないので、「名工の大工道具」を量産して一気に稼いで、合間に鉛を作ったり青銅を作ったりマスケットを作ったりで、めでたくR13。これで「金鎚」をかつげばカロネード砲が作れましたけど……今度は4つ作って、ふつーのが4つ。

条件は一緒のはずなんですけど……こういうこともあるんですねぇ。

運が良いとか、悪いとか、人は時々口にするけど♪



「今日のケープは大変な人ですこと」なんて言う余裕もSS取る余裕もないほど、すごい人の数でした。PS3の方々は大変だったようですね。なので、イベントのことはこれ以上、書かないことにします。

そのイベントのために、砲術家に転職しました。イベントは来週もあるので、今週1週間はこのまま。

さて、どこで何をしよう?

レベル上限が70まで引き揚げられて、それは日本に行かないとイベントが始まらない=カイは「エル・オリエンテ」を課金しない限り、これ以上育てられないということのようです。

コーエー、必死だなぁ。




浮き造船でもしていれば良かったんですけど、久しぶりにさだまさしさんを聴きました……。

天文学者になればよかった


まほろば~修二会


広島の空


主人公



風になびくジョリー・ロジャー(海賊旗)……結局、「敵船を分捕れる」魅力に墜ちました。

偽旗ではありません

一応、Antiguaとは別のサーバで立てた新キャラです。例によって似せる努力はしてません。

バッカニア・コートのイメージ

今乗っているのはレベル5で乗れるジャマイカ・スループ。

じゃまいか・するーぷ

クエストがちょっとつらくなってきましたけど、ブーストで何とか頑張っている感じ。実は、レベル10まで来てて、レベル8の船に乗るか、12まで引っ張るか……それはいつ沈むかで決まります。1回沈んだら、それで終わりなのが海賊の厳しいところです。


アップデートのイベントを消化して、スエズ運河の勅命を終えました。

その間も一応、フリゲートを造ってます。

勅命を一生懸命やって造船紙ゲットでも狙いましょうかねぇ。1枚もらうのに200枚でしたっけ。

はてさて。

3層甲板ガレオンに強化装甲をつけたくなっている今日この頃です。


私はヨーロッパに定期船で。

カイはインドに定期船で。

ちょうどケープですれ違ったけど、別段ハイタッチも挨拶も無し。

中の人の冷め具合がこんな所に出てくる。いつもなら効率無視してカテ4を乱用して、ポラジベに香辛料を満載して、ドキドキしながら帰ってくるはず。

なのに、定期船……冷めているのか鬱なのか。


コーエーのマーケティングヘタすぎ!

日本実装が近付くにつれてやる気が減っているので、12月4日の課金切れを更新しないことにしました。もう一度更新する手続きをするのは、今後のお手並みを拝見して、ということにします。

課金が切れたら?

……その時考えます。


横須賀港に残る日本海軍の戦艦三笠。1905年の日本海海戦で旗艦を務め、立派に活躍しましたけど、帰港したところで弾薬庫が爆発、着底というドジっ子属性もあります。

まぁ、何度も見に行ってますから、新しい発見とかはなくて、横浜帆船模型同好会の皆様がここで展示会を開いていたので観に行きました。

どれもガラスケースに入っての展示で、かなりガッカリでした。

でも。

リアル・マセドン型

ガラスの向こうに見たことのあるフネが。

リアル・マセドン型艦首

これは、あの、「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」でマセドン型4等艦として登場したフネではないですか。赤いライオンの船首像、そして見覚えのある艦尾!

リアル・マセドン型艦尾

はー、これに乗ってたんだぁ……と感激でした。

感激しすぎて艦名メモるの忘れるあたり、お馬鹿です。

帰りに買ったお土産はこんな感じ。

おみやげ

海軍カレーは、まぁ、定番ですね。そのルーのフレークになった奴があったので、それもお買い上げ。これで好きな種類の肉と野菜を好きなだけ入れられます。そして、右下の包みを開けると

総員おこし

「総員おこし」

……日本に生まれて……よかったぁ……?


あっさり初期船を放り出して、1日遊び倒してレベル12まで行ってしまいましたとさ。

するーぷ

ゼンゼンしゃぶってない~! もっともっと~♪



こ、これがコーエーソニーの罠かっ!?

その程度の罠、たいしたことはないですね。

このままレベル12船に乗り換えて適当にそこらのN狩りをしても良いですし、別サーバに新キャラ立てるなり、キャラデリして海賊ライフを満喫するのもいいかな。ただ、コーエーと違って、積極的にログインするごとに課金を迫ってくるので、ちょっとうっとうしいです。

今日の中の人は横須賀の帆船模型展を観に行って来まーす!



あはははは……捨てアカ作って、やっちゃいました。

あはははは

「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」の14日間の無料体験版です。いろいろ不自由ですけど、レベル12まで育てられるそうです。つまり、この初期船のあとは1本マストのスループをしゃぶり尽くす感じでしょうか。キャラの名前に注目ー! 一度やってみたかったんですよ。

あはあはあは

キャラメイクもある程度、似せる努力はしました。でも、似ません。システム的にムリです。元海賊で今は軍人と言うことですから、間を取って私掠船乗りにしてみました。

なので、これはあの軽ガレオンに乗る前ですね、きっと。

DOLの造船に飽きたら、こっちで突撃しまくろうと思います。今度のアップデートで導入される白兵戦の練習にもなるかな?

とは言っても、ゲームの気分転換がゲームって……どーなのよ?


グチグチ書いたわりに、今日の中の人は比較的元気。カイも副官ボーナスを貯めるためにロンドンに停泊中。おかげで、(ここしばらくの造船修行で初めて!)朝から造船してます。

で。朝書いたとおりのことが起きました。懐かしの十字軍イベントの再来、そうでないにしても危険海域のイベントなので、これは対人戦の用意が必要なようです。

http://www.gamecity.ne.jp/dol/live_event/091110.htm

……この調子で、昔やったことのあるイベント総動員で盛り上げるつもりでしょうか。まぁ、転職紙はたくさん用意してあるので、積極的に遊びましょう。


うっかり30分以上放置して切断されたり、そうかと思えば火に掛けたヤカンが焦げかかったり、履歴書送った会社は返事をしないし、そんなこんなでリアルでいろいろあるので、造船アゲはあまり進んでおりません。やっとR13が半分まで来ました。残り半分とR14が丸ごとあります。

理屈の上では1週間ほどでR14になるはずです。でも、基本的に昼間はカイが必死こいて稼いでいます。

しかも、アップデートを盛り上げる努力をコーエーが仕掛けてくるでしょうし、それが例年のクリスマスイベントの代わりになってくる(絡めてくる?)かもと考えると、それをカイに一任するのもどうかと(でも、一任しようかなぁ……手間とくれる物が見合ってたら帰ります)。

結局、なんだかんだ理由をつけてはヨーロッパに帰りそうな気がするので、早くてアップデート前にR14に上がれば御の字かなぁ……あとサムブーク210隻ほどです。

カイは昨日、セイロンでほぼ定価の宝石を詰め込んで、コペンハーゲンに投下。これは何事もなかったんですけど、帰り道のオスロ前で拾った真珠をオスロで売ったら、オスロの宝石市場が暴落しました。何やってるんだか……。


今朝入ろうとしたら、ステラの名前が暗くなってました。課金が切れたんですね。

「亡命してなかったから、出世頭だったのに……」
「単に苦労知らずなだけよっ!」
「おや、現在の出世頭にはお気に召さないようで?」
「どーせ、すぐ海事で稼いで追いついてくるんでしょ?」
「それがねー、どうもねー」

ただいまカイと一緒にケープ行きの定期便に揺られております。

今度こそ。

実はカイはブーツの強化を始めました。1回の強化に必要なのは毛皮10と植物油10。毛皮は安いときに買って自宅倉庫に貯め込んでおいて、植物油はPFで出ました。

7足ほど買い込んできてさっそくやってみると、強度50のが2個できて、植物油がつきました。うーん、まぁ、こんなモンなんでしょうか。PFの植物油がたまるのを考えると、次の挑戦は来月か、再来月になりそうです。

強度50から上はタロットの力も借りないといけないとか。イバラの道ですけど、一攫千金は魅力ですねぇ。

「でも、最初の1足は私に頂戴ね」
「えええええっ!」


釣られるくま~♪(AA略)

・ 記念ロット(20枚)
・ 高級上納品(大型船用)(3個)

というわけで、それを貰いにはるばるマニラからロンドンまで帰ってきました。ステラへのお土産にナツメグ、メース、クローブ。ポラジベの積載量では多寡が知れてますけどね。

それでもこれでステラは交易Lv,41にあがり、ステラの一人目の副官も交易(だったか?)が20に上がって、副官枠が3人広がりました。ステラがこれからも続くなら、いろいろ忙しくなりそうです。こればっかりは正直、明日になってみないとどうなるかわからないんですけど。

明日の朝イチで私もカイも、それぞれマニラとインドに向かいます。


DOLの課金がされたんですけど、どーもステラの分の課金がされてないような額しか請求されてない……もしかして、また振り込まないといけないんでしょうか。それともまた別の手続きがいるのかな?

また手続きするのは面倒くさい(そのうえ、中の人のダーリンにもぶつぶつ言われている)ので、しばらくステラにはお休みしてもらうことにしました。

カイも調理を切ったのではなくて、調理レシピを全部ステラに渡していただけだったし、スエズ運河の勅命とかやると貸金庫枠も増えるみたいだし(そもそもカイは世界一周イベントもしてないし)。

そんなわけで、大あわてでお弁当を量産したり、アイテムも移動中です。

とはいえ、ハンザの「片付かないカルテット」の一翼を担うだけあって、これがまた大変……そんなこんなの時にロンドンまでロットと上納品を取りに来いって!?

ステラの課金は4日まで。東南アジアが安全なのもそのへんまで。temuさんと、お父さま@Notosも復帰されたことですし、一旦、ヨーロッパに帰りますかねぇ。



中の人のダーリンは「オンラインゲームそのもの」に関心を失ってしまったようです。

例の怪物狩りゲームは視点の移動がマウスのドラッグでできないというのが致命傷でした。

私もゲームのデザインそのものは「私が寝るとみんなが死んじゃう」ような廃人生産要素もないそうですし、DOLのようにえんえん時間を浪費するようなシステムもなく、良いものだと思ったんですけどね。それ以外の私が見てきた(そしてダーリンも脇で見てきた)「シャイヤ」や「PotBS」でもできることができないのは、ちょっとどうかと思います。

そして私はといえば、「えんえん時間を浪費するようなシステム」をPマークつけてやってます。今、こうしてブログ書いてる裏でも動いてますよ。12分おきにパソコンの前に帰ってくる他は、求職活動したり、家事をしたり、イラストを描いたり……これを「ゲーム」と呼ぶことに、少し抵抗を感じます。何でしょう、これ? 確かにこれを「遊び」と呼ぶのは抵抗があります。お金は稼げませんけど。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。