上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」で既存キャラや商会の援助は一切なしで私掠船長(プライヴェイティア)を育てる企画。とりあえず最終回です。

レベル21になったので、さっそくポスティリオネン型フリゲートに乗り換えました。

名ばかりフリゲ

片舷10門の8ポンド砲で、ナポレオン時代なら格下のスループに類別されるような小さなフリゲートです。帆船模型並のモデリングは相変わらず。いや、本当にこのゲームは性能の良いパソコンでするべきでした。

現在レベル24で所持金は約10万Db。船道楽に走って、乗れる物全部を手当たり次第に買ったりしない限り、楽々レベル50までいけそうです。でも、今のこのアカウントは課金アカウント。レベル50までがんばるのは無料アカウントでやりたいと思います。

無料アカウントが導入されたら、しばらくは有料アカウントと平行にして、それぞれの長短をじっくり見極めてから、どうするか考えようと思います。少なくとも構造物スロット2個が無料で手に入るのはおいしいですし、物の受け渡しに使うキャラが無料で手に入るのもおいしいです。どうあっても有料アイテムが欲しいときは課金アカウントを1カ月なり2カ月なり止めて、その予算で課金アイテムを買って、無料アカウントで遊べばいいかな、とか……そう、うまくいきますかどうか?

無料アカウントには有料アカウントにアップグレードする選択肢があって、それを選ぶと使えるキャラスロットと構造物スロットが増える仕組みになっているそうです。つまり、有料アカウントに切り替えてもキャラは引き継がれるということですね。このあたり、よく考えてあるようです。

以下ネタバレなのでたたみます。
ポスティリオネン型フリゲートの続き
スポンサーサイト


「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」で既存キャラや商会の援助は一切なしで私掠船長(プライヴェイティア)を育てる企画。

バーティカでは生産に関するチュートリアル・ミッションが用意されています。

無料アカウントでは構造物枠が2個用意されていますけど、これはこの2枠を使って生産関連のチュートリアル・ミッションを消化しろということのようです。でも、実はすでにジャニスが10枠使い切ってます。枠があいてないので、このミッションは棚晒しにしています。

まぁ、要するに生産をするには構造物枠に造船所とか製鉄所とか紡績工場とかを建てて(材料とDeedを用意して、Deedを右クリックして「建てる」を選択すると建つ)、ある程度時間がたつと労働力がたまるので、それとコストとしてのお金を使って生産をします。工場や造船所によっては構造物枠を複数使うものもあるので注意です。ジャニスの造船所は1つ建てただけなのに枠を4つ使ってます。今度枠を3つ使う造船所に縮小しようかと考え中です。その分、製鉄所が欲しひ。

維持費もかかります。お金がなくなると、開店休業から閉鎖(最長で1週間後)に一直線です。

チュートリアルで触れられていない大事な点が一つ。このゲームの生産はすべて帆船の製造に焦点が集まっているということです。もちろん、売れ筋は帆船そのものや材料、装備品、そして砲弾などの消耗品です。

あとはレアレシピとかのドロップアイテムでしょうか。これは本当に運頼み(このNPCがこれを落とす、みたいな法則がないように見えます)なので、これを目当てにNPC狩りというのはないようです。

以下ネタバレのため、一応、折りたたみます。
生産とか。の続き


「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」で既存キャラや商会の援助は一切なしで私掠船長(プライヴェイティア)を育てる企画。ヴァン・フールン型スノウが活躍してます。

これは初期船の次に重要になる船だと思います。私はミッションメインで育てていますから、Lv.8でバミューダ・スループに乗り換えていますけど、経験値の面で援助がある人は初期船から一気にこれを目指しても良いと思います。小型の割に重武装・重防御の船で、プレイヤーが初めて接する本格的な軍艦でもあります。また、現在の無料アカウントは14日間でレベル12まで。このスノウがゴールになりますね。

スノウ

スノウというのは単に小型ブリッグを指す場合もありますけど、メインマスト(後檣)がスノウマストという特殊なマストになっていることも多いです。この船ではこれが正確に再現されています。

スノウ甲板

ついにレベル17になって、このままいけるかと思っていくつかミッションをこなしてみましたけど、やっぱりきついのでレキシントン型ブリッグに乗り換えました。お船と装備品をそろえた後の所持金は約6万Db。余裕です。次の船もすぐにも買えます。

次の目標はレベル21で乗れるポスティリオネン型フリゲート。

以下ネタバレのためたたみます。

ヴァン・フールン型スノウの続き


今日は海賊狩りに精を出したか、不貞寝してたかでした。

オワタ?

タイミングだけ見ると、日米首脳が顔を合わせたときに「空母出さんから」いわれて、即折れたってところでしょうかねぇ。オバマ大統領は海軍を動かす代わりに舌を動かしたということで、同盟国の元首としてこの上なく頼りにならないことが判りました。

中間選挙で少しはChangeしてもらいたいところです。


あの赤いところにはこういう物が隠れてるんじゃないですかねぇ。

中国国旗

あの拡大主義は「ヒトラーのしっぽ」のように見えます。

次は漁船のDDoS攻撃でしょうか。間違いなくエスカレートさせてくると思います。それに対応できたとしても、中国にいる日本人全員が人質になったとき、日本は何を代償に支払うことになるんでしょう?


日本の商社マン4人を拘束した上に、レアアース全面禁輸ときましたか……放っておくと戦争に向かって一直線のように見えます。

まちがいなく自衛隊は最初の一発は撃たないので、パールハーバーを仕掛けるのは中国ということになりますけど、それがICBMでないことを祈るばかりです。その場合、アメリカが徹底的に報復してくれるとは思いますけど、核で蒸発したあと何をしてもらってもねぇ……。







中国は孫子の国。通常兵器しか使わないにしても、会戦劈頭に最大の戦力をどこかにぶつけてくるでしょうね。まだ海兵隊が沖縄から動いてなくて良かった。


「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」で既存キャラや商会の援助は一切なしで私掠船長(プライヴェイティア)を育てる企画。

別々の港に船が入っていると、ハーバー・マスター(ドック管理官)に話しかけることで別の船のある港に一瞬で移動できます。これで危険海域の港への移動もへっちゃらなのです(身一つで移動するので、物資は輸送できませんけど)。

ハーバー・マスター

使い方は簡単。ハーバー・マスターをクリックして開いた窓で、船をクリックで選択して、「移動する」ボタンをクリック。

クリックすると開く窓

でも、今度導入される無料アカウントでは2隻までしか持てないんですよね。うっかり3隻になっちゃいましたけど、1隻処分しましょう。船の複数回使える装備を外して、積み荷を全部降ろしたら、上の窓の右上にある「処分する」ボタンをクリック。ちょっとあっけないですけど、良い船なら「保険金」が払い戻されます。

2隻しかないなら、2隻目の使い方は倉庫兼輸送船にするのが良いかな。というわけで、首都への移動用に残しておいた初期船を削除。課金アカウントは5隻まで持てるので、あちこちに配置しておくと便利に移動できます。

倉庫兼輸送船が必要なのは、うっかり乗艦を撃沈されると、積み荷が根こそぎ流されてしまうからです。消耗品や弾薬は大丈夫なんですけどねぇ。次の乗り換えでは、一旦、物資をスループに移して、スノウを処分、それから新しい船を実体化することになります。このゲームでは一度deedから実体化した船は売り買いできないんです。

次の目標はLevel 17のレキシントン型ブリッグです。

ネタバレ含むので一応、折りたたみます。
港間の移動と配船の続き


「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」の「Power & Prestige」と銘打った大規模アップデート。とりあえず実装されたのは新しいフリゲート2種(従来のモデルを使った数字&名前換えバージョン)、各種帆船のデータ調整、キャラクターのスキルのブラッシュアップ、そしてプレイヤー・キャラクターが港の市長になるポート・ガバナンスといったところですけど、これだけだと従来の名無しアップデート2~3回分。おそらく今秋導入の無料アカウントと課金アイテム群もセットでしょうね。

私やジャニスの主食、NPC海賊も湧くポイントや種類、クラスが変わりました。おかげで輸送や移動しながら、新しい狩り場探しに躍起になっているところです。一つ見つけたのはハバナ沖。ジャニスの経済圏から離れているので、ポートロイヤルに置いていた連絡用の中型船をモンブラン型インディアマンに換えました。

NPCの戦闘中の動きも変わりましたね。合理的に動くようになりました。おかげでつけいる隙が少なくなって、キツいです。

残念なのは新しいモデルの船が一隻も出なかったこと。ポセイドン型4等艦が出たときは嬉しかったのになぁ。もうどれくらい経つんだろ? この船はウラミ・トンベリ船長が今度乗ることになります(調達済み!)。レベルがあと2つ足りないので、もうしばらくかかりそう。でも、高画質で見るのが楽しみです。

新船が課金アイテムで出たら……どうしよう? 課金アカウント止めて、がんばりますか!


この秋導入される「Pirates of the Burning Sea」の無料アカウントの続報です。

元記事。
http://www.zam.com/story.html?story=23294&storypage=1

「対人戦で勝つためにお金を使うようなことはさせたくない」ということで、対人戦(PvP)に関わるところでは大きな変更はないようです。

その代わり(?)、対NPC戦(PvR)で使う「経験値増加アイテム、ドロップ率増加アイテム 、商会ポイント増加アイテム、消耗品、衣服、ペット、援軍要請アイテム、その他いろいろリストアップできないほど」が課金アイテムとして登場するようです。

うーん、ドロップ率増加アイテム……普段はあまり期待していないんですけど、こういうものがあると思うとモヤモヤしてしまうかも。そういえば、お試しだったか何かで、そんなアイテムをもらった記憶が。全然使ってないですねぇ。これまで通り期待しないで遊ぶのが健康的かな?

ペットは今の赤いオウムで満足してます。その後ネズミももらったんですけど、リアルで気色わるくて、つれてあるいてないです。実家にいた頃、ネズミとガチで戦ってましたからねぇ。

課金アカウントのキャラは自動的に「Captain's Club」が利用できるようになるそうです。ここでは課金アイテムやダブロン(Db、ゲーム内通貨)を割引で購入できるそうです。

いや、これすごいバージョンアップですね。ゲームのデザインが変わりそうです。

ただ、一ついえることは現在より生産が弱いキャラが山盛り入ってくるので、物の値段が高騰する可能性があるということ。船を造る側としては売り手市場になるということですね。でも、商会内で「もっと安く売ってくれ」攻撃が増えることもありそう。RMTがからみますからねぇ。どうしたもんかなぁ。


「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」で既存キャラや商会の援助は一切なしで私掠船長(プライヴェイティア)を育てる企画(そもそも既存キャラはスッカラカンで、援助なんかできないのもナイショ)。

初期港起点で展開するミッション(クエスト)群を消化したら、あっさりLv.12に到達。こんなに速かったっけ?

いずれにしても独立採算制が幸いして「カネならある!」というわけで、新しいお船を買うことにしました。今使っているバミューダ・スループは移動兼輸送用の高速船として、この後も活躍してくれるはず。

船を手に入れるには2つの手段があります。店売りとPC(プレイヤー)売りです。

PC売りは直接交渉してトレードで買い取るか、店の中にあるオークションハウス(AH)経由で買います。直接交渉は商会内外のコネを使うのがお約束らしいので、今回はAHを使います(そもそも私のいる商会「British Marcantile and Mercenary(英国交易傭兵社)」はAHの使用を奨励してます)。

店の中、段の上にいるオークショニアをクリックするとAHに入れます。

箱に乗ってるのがオークショニア

買うものの種類(ここでは「Ship Deed」)を指定して検索をかけると、今買えるものが並びます。船の種類名にオンマウスすると別窓が開いてスペックが見れます。

お目当ての船

目的のものの値段を少し安めから入力、結局は普通に相場値段で買えました。値段をつけるのはPCなので、薄利多売を狙う人もいれば、ふっかけて一攫千金を狙う人もいます。

買ったものが別の港にある場合は、その港のAHに行って受け取ります。AHで買ったものは何週間か取り置きしてもらえますから、うっかり危険海域の港にあるものを買った場合も安心ですけど、買う前に港の位置を確認するのがベストですね。

こうして無事にヴァン・フールン型スノウ(小型ブリッグ)と装備品が買えました。買ったDeedを右クリックして「船と交換」をクリックするとドックに新しい船が入ります。船枠が満員だと実体化できません。

権利書から実体化

船と強化パーツ一式を買って、残りは1万6千Db。どこまで育てようかな?


「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」で既存キャラや商会の援助は一切なしで私掠船長(プライヴァティーア)を育てる企画(忙しいはずの既存キャラが危険海域で動きがとれなくなったのはナイショ)。

初期港で受けられるミッション(クエスト)をやり尽くしました。最後まで残っていたのが、実はチュートリアルの一つ。首都港(英国の場合、ジャマイカ島のポートロイヤル)に行って私掠船長の司令部に顔を出せというもの。首都港の周辺が安全海域になるのを待ってたんです。

この司令部に行くと、敵船を拿捕したときにもらえる(ことがある)表彰状を別のアイテム(装備品や弾薬、消耗品、そのほか物資)に交換できるようになります。ここではミッションでもらった各流派専用の装備品(剣や防具)の交換もできます。

司令部食堂

頭の上に宝箱がある人が交換係です。普通にクリックすると「今交換できるもの」しか表示されませんけど、「全部見る」でどんなものがあるのか見ておくと、あとあと参考になります。

ゲーム内で見れば一目瞭然ですけど、一応。

装備できる剣(または装備品)の種類によって、四つの流派があります。Fencing(レイピア系)、Dirty Fighting(カトラス系)、Florentine(二刀流)、そしてBrawling(コブシで語る系。今回のアップデートで追加されました)。

私と私のAlts(セカンド以下)は基本的にFencingで固めてます。軍人(とバッカニア=商業中心の海賊)の初期剣術がFencingだからです。これに対して商人(フリートレーダー)は二刀流、私掠船長とカットスロート(戦闘中心の海賊)がDirty Fightingです。対人戦を考えなければ、好みで選ぶのが良いかと思います。

さっそく、たまっていた表彰状で剣術の流派変更証をもらい、剣をカトラスからレイピアに代えました。

現在のレベルは9、お財布の中身は1万7千Db(ダブロン。この世界の通貨です)。もう次のお船が買えそうです。



既存キャラや商会の援助は一切なしで私掠船長を育てる企画。

Lv.5でジャマイカ・スループに乗れますけど、初期船でも余裕でLv.8までいけたのでこれをスキップして、バミューダ・スループ(Lv.8)に乗り換えました。

バーミューダ・スループ

お財布は余裕。船自体に強化パーツもオークションハウスで買って、まだ余るほどです。昨年末だったか今年の最初の頃だったか、全体的にミッション(クエスト)の報酬額が上がったんです。

次はLv.12のヴァン・フールン型スノウ(小型ブリッグ)。

でも、既存キャラも忙しくなってきたので、何日かあくかもです。


……と、思いつきました。現在のAntiguaサーバにいるキャラは3人。後3人分の枠が残っていますし、それを有効に使わないと無料アカウントにしない意味がないので。というわけで、初めての金髪キャラを作りました。

金髪がお好き?

職業も初めての私掠船長。初期船は海賊(カットスロート=殺し屋)と同じ小型スクーナーです。

初期スクーナー

初めてスクーナーが登場した頃、こんな姿だったんですねぇ。2本マストの両方に横帆がついているのはちょっと見慣れないですけど、資料を見ると確かにこういうのはあるんです(3本マストでは、ありませんです)。

で……初期港に出入りしていて気づいたんですけど……

これは一体?

これは一体、何?

樽にマストと舵と錨をつけて、必死で水をかい出しているようですけど……謎です。


「PotBS」が基本無料になるらしいです。で、課金されるのがゲーム内通貨。RMTでゲーム運営の収益を上げると言うことは……現在の主な稼ぎ方になるデイリーミッションが無くなると言うことでしょうか。

アイテムそのものに課金するよりスマートに見えますけど、どうなんでしょうねぇ……いあ、どんな課金方法になっても、そりゃあ、ついていきますけどね。月1500円を超えない使い方さえしていればいいわけですから。


※追加情報
基本無料アカウントと課金アカウントが併存する構想のようです。無料アカウントでは1カ国あたりのキャラクターが2人まで(課金アカウントでは6人まで)、構造物スロットは2つまで(課金アカウントは10個まで)、船スロットは2隻まで(課金アカウントは5隻まで)になるとか。

キャラのレベル上限は50と言うことなので、無料でも課金でも同じになるのかな。上限解放があるのかどうかにもよりますねぇ。

いずれにしても今までここで紹介した船は全部無料アカウントでも乗れるようです。

というわけで、無料で遊べるチャンス到来ですよっ!?


という歌を小学校の頃、音楽の時間に歌わされました。



ほのかにミリタリーが香りませんか?

アイ、これはもともとフランス陸軍の分列行進曲(公式の行進曲)です。



原曲はこちら。



サンブル・エ・ムーズ連隊というのは存在しませんでしたけど、サンブル・エ・ムーズ軍がフランス革命の頃にありました。1794年にジュールダン将軍のもと(歩兵7万、騎兵1万2千、砲100門)、オーストリア・オランダ・ブラウンシュヴァイク・英国連合軍を押し返す戦功を挙げたのを皮切りに活躍しましたけど、サンブル・エ・ムーズは実は現在ではベルギー(一部はルクセンブルグ)の地方なんです。

ウィーン会議の結果、オランダに割譲されて、その後ベルギーの独立でベルギー領になりました。

その地方の名を関した行進曲を公式行進曲にしているあたり、フランスの怖さがあります。作詞作曲は普仏戦争の頃。獲る気満々でしたけど、残念な結果になり、行進曲だけが残りました。


大規模アップデートは数週間前に部分的に導入されてましたけど、その一部、英国の初期港をじっくり見てきました。

入り口から見ると、何かのテーマパークのよう。

JB1.jpg

それだけでわくわくしますね。中に入ってみると、砲台がありました。歩兵が行進してます。

JB2.jpg

1段上がってみると、露天の大砲が港を見下ろしてます。ちゃんと撃った反動で大砲が下がるレールまで再現されています。こうでなくちゃ!

JB03.jpg

中庭に戻ってみると、鉄砲担いでおイチニの稽古。この辺はヴェトナム戦争でも変わりありませんねー。

JB4.jpg

商店の上にカラスが止まってました。このゲームでカラスを見るのは初めて。

JB5.jpg

市長選挙のための窓口になるお姉さんがいました。眼鏡っコですよ!

JB6.jpg

初期チュートリアルを終えて初上陸するのがこの港です。きっとこのゲームの「別世界」ぶりが新人さんに伝わってくれるものと思います。


今日の夕方から半日かかってのアップデートだそうです。

もうちょっと早く気づいていれば……まぁ、みみっちいことは言わぬが花ですね。今度のアップデートでは各港の市長をプレイヤーの中から選んで投票できるようです。市長に選ばれたプレイヤーは港の関税を変えるなど、いろいろな権限を持つとか。そうして稼いだ予算は港の防衛を強化したり、私腹を肥やしたりできるらしいです。ソーシャルゲームとしての面がさらに深まったようですね。

マゾいレベル上げとドロップ率だけが滞留時間の増加につながるわけではないのですよ、コーエーの諸君(どーせこんなブログなんか読んでないか)。

そのほか、軍艦と商船が強化されたり、海賊御用達の偵察艦が弱体化されたりと、細かいバランスの調整がされました。残念なのは3層艦が廃止になること。

3層艦に乗りたかったらDOLに戻らないといけないのかー(←うっかり戻ったとして、乗れるレベルじゃないです)。

今持っている3層艦は手放したら二度と手に入れられないので、大事に乗ることになりそうです。

偵察艦艇に類別されるジーベック系は弱体化の対象になっていなかったのでほっとしてます(これ以上、弱体化されたら外海出れないです)。ジベ&フリゲ大好きな私には歓迎できるアップデート。さらに選挙でいろいろ交流が増えそうなのもうれしいですね。英語のトレーニングになりそうです。


コミケのサークル参加は卒業してしまいましたけど、いやホント、実際、冗談抜きでメカミリが東館(「館」って言っちゃうあたりに中の人のトシが……)に配置されたとき、こんな光景でした。



Notosのお父様、お元気にしてらっしゃいますでしょうか。冬も一般で行こうと思ってます……午後から(士気低っ!)。メカミリだけ見るならそれで十分なんですよね。

文字なしのクリアなのはこちらからどうぞ(埋め込みできなかったです。YouTubeめ、あたらしいワザを出してきたな)。

http://www.youtube.com/watch?v=5DaEess66N4


眠剤が効きすぎて、まともに起きたのは午後1時。

問題はそれから。何を食べても、何を飲んでも、ゲームをしても、何かが足りない。何かが欲しい。といってアマゾンを見ても欲しいものはないし、NPCをちぎっては投げちぎっては投げしても空しい。

そんなこんなでイライラし続けて、最後に疲れて「お茶でも飲もう」と久しぶりに紅茶を入れたら、これが甘露。一気にイライラが収まりました。

……カフェインの禁断症状だったんでしょうか。確かにこのところ麦茶しか飲んでいませんでしたしねぇ。これも猛暑のせい?

キンキンに冷やしたお部屋でたしなむ熱いミルクティは本当においしかったです。地球に優しくなくてごめんなさいです。


明日の夜、NHKでカティ・サーク(リアル、お酒じゃない方)の特集があるようです。

「よみがえれ!カティーサーク ~引退、炎上、そして再生~」
2010年 9月 9日(木) 18:55~19:35

http://www.nhk.or.jp/dramatic/

見逃しても有料でみれるようですけど、ご予約をお忘れなきよう……。


そういえば、あたらしいパソコンになってからポラジベを見てなかったな、ということで。

ポラジベ1

よく見たら船首の先端部分に小さな船首像がついてました。芸が細かいですねー。

ポラジベ2

それより存在感があったのが、ウェストと船尾楼のつなぎ目にある黒ヒョウの彫刻。ムダにすてきです(ほめてます)。

ポラジベ3

うーん。やっぱりジベは良いですねぇ。どうやら私の居場所は、これから先も、このゲームのようです。


やっとのことで「Final Fantasy XIV(FF14)」に入ることができました。

FF14Horatia.jpg

とはいえ、この初期インセンスから出ることができません。

FF14-001.jpg

NPCに話しかけても、誰も返事をしてくれないんです。ポインタのマウスへの反応も鈍くて、明らかにパソコンが役者不足……就役から1ヶ月足らず、VAIOでも最高の能力を誇る旗艦のはずなんですけど……明らかにPS3のコントローラの方が操作が楽そうですし、とりあえずPS3版が出るのを待って結論を出しますかねぇ(←そういう結論になるあたり、そもそもやる気が薄いですね)。


アイ、タイトルの続きは「風のまち」ではないです。例によって「マリみて」シリーズ続行中です。

さて。

どーにも気色悪いことが2度起きました。2度目が今朝。

私の寝室は2階、帆船部屋(書斎とも言うけど、中の人のダーリンも入りびたる)は1階にあります。夜の間に私がベッドから起きて、帆船部屋に降りて、ソファーを開いて簡易ベッドにして、ご丁寧にクーラーまでつけて、また寝しているのに、その記憶がないんです。

うーむ。

ウツのせいなのか薬の副作用なのか。

自分自身がくもりガラスの向こう側に行ってしまっているようで、本当に気色悪いです。

調べてみると

「特殊な事例ですが、一過性前向性健忘やもうろう状態の発現が報告されています。服薬後寝るまでの出来事を覚えていない、夜間起床時の行動を覚えていない、といった事態が起こります。仕事を控えた短時間の仮眠前の服用などは避けたほうがよいでしょう。」(おくすり110番

一過性……服用は夜寝る前だけですし、気色は悪くても実害がないので、とりあえず、様子見でしょうか。よく眠れていますし、無意識でも良識が残ってるあたりは立派かも。うん。これなら認知症になっても安心ですね(←ここでボケてどうする)。


「Pirates of the Burning Sea (PotBS)」のアップデートがお預けされて、このところ1日のログイン時間が数分になってしまいました。

一つにはメイン港のSt. John'sが危険海域にどっぷりつかっているので手も足も出ないというのもあります。それにRobertsサーバの方ではPiratesのサーバ状態がが「軽い」から「普通」に変わって、初心者支援も一区切りついたかなぁ、というところ。実はこの夏ずーっとVan Hoorn型スノウを造り続けていました。このスノウはそれより小さな船で乗っ取るのが至難の技(とっても重装備)な上に、1隻で出てくるのが希なのです。

一方で、「Final Fantasy XIV (FF14)」もオープンβが延期。とりあえずインストールだけは済ませて、準備万端です(おや、いつの間に方向転換?)。

今後どちらを主にするかはオープンβ次第。しかも課金は一度に1つだけと決めているので、けっこうシビアになります。

FF14は日本以外のサービスも同時に始まると言うことなので、状況次第ではそこでも英語のトレーニングが続けられそうですし。むしろ、通訳の必要が出ればFF14の方が重要になりそう。そろそろ自分だけのコミュニケーションではスキルアップがなさそうなんですよね。「言いたいけど、まぁ、言わんとこ」と思ってしまうと、その分、英語がさびついてしまいます。

ただ、FF14には船がなさそうなので、時々塩分不足を来してPotBSに逃げ帰ることになりそうです。

どうなるかは今月のアップデート(PotBS)とオープンβ(FF14)にかかっています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。