上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



これまでにない人だかりができてました。

人が来た!

同時にクリスマスイベントも開始。イベントの内容はほぼ去年と同じです。楽勝ミッションでおカネと経験値がドンと入るので、初心者にはありがたいボーナスになります。

さっそく、無料アカウントでログインしてキャラを2人作りました。残念ながら、課金してないとプレミアム・アカウントにはならなかったようです。これから課金してもプレミアムに移行できるかどうかは来月か再来月あたりに試してみましょう。

初期港のミッション群がガラッと変わっておもしろくなったのでびっくり。地図が出てくる宝探しミッションもありました。

地図には「ガイアナのどこか」という説明がついていて、DOLのサルベージに比べると親切です。

ガイアナのどこか

しかも、その場所に行ってみると、でっかいバッテンが。なんじゃーこりゃあ!?

主張するバッテン

上陸してみると、「軟らかそうな土」という、いかにもなところがいくつかありました。

掘ってみると、お宝発見!

掘ったどー!

久しぶりの冒険ミッションでした。
スポンサーサイト


なにやら実写のヤマトからキナくさい情報が……どうも、デスラー総統が人外らしいです。

うーむ。

ヤマトと言えば、「我々がすべきことは戦うことではない……」の名言。それは今回はないんでしょうか。日本のスペース・オペラの長所(であり、欠点でもある)はキャプテン・ヒューチャー的二極構造ではないところだと思っていたんですけど、それが失われてしまうとすれば残念ですね。

ああ、でも、もちろん、観に行きますよ。スペオペでも大艦巨砲主義を貫く私ですから。

私的にデスラー総統役はこの人が良かったなぁ。

豆さま

ハリウッドでいつも悪役なので、あんまりそういう姿を観たくないんですけど、デスラー総統役なら別。当然、吹き替えは伊武さんでお願いします。

「ヤマトの諸君」

を、ききたかったなぁ。


読売新聞によると、北朝鮮が砲撃に使用したのは130mm砲だそうです。

こいつですね。

M-46 130mmカノン砲
http://ja.wikipedia.org/wiki/M-46_130mm%E3%82%AB%E3%83%8E%E3%83%B3%E7%A0%B2


発射速度は毎分5~8発、射程は驚きの38km(ロケット補助推進弾使用時)。見た目はそこらの野砲なんですけど、砲身が非常に長いのが特徴だそうです。

稜線を越えた推測射撃で半分近くが市街地に命中ということですから、まずまずの成績ではないでしょうか。さすがヤクザ国家。国民は餓死しつつあっても軍は別のようです。

ただ、着弾した80発のうち20発が不発弾ていうのはどうなのよ?


亡くなった軍民4人の方々に心からお悔やみ申し上げます。

今回使われた大砲は野砲みたいですね。

ML-20 152mm榴弾砲
http://ja.wikipedia.org/wiki/ML-20_152mm%E6%A6%B4%E5%BC%BE%E7%A0%B2


射程は約17キロ。毎分3~4発撃てるそうです。一方、38度線に沿って展開されている自走砲には射程が60キロ(ロケット補助推進弾を使用)あるものもあるとか。

コクサン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3


アイ、ソウルは射程圏に入ってます。

本気で戦争をする気なら、これをぼんぼこ撃ってくるはず。離島の漁村ではなく、ソウルが火の海になります。そうならなかったのは、戦争をする気ではなかったということですね。

……チキン。

というか、単に「俺の話を聞け~!」とわめいているだけなんですね。このまま無視し続けるとさらにエスカレートするかもしれないので、きついお灸が必要だと思います。


日本時間だと30日でしょうか。正式にダウンタイムが発表されました。1週遅れましたけど、来月にずれ込むのは徳俵で踏ん張りましたね。

私のアカウントはちょうど29日までだったので、禁断症状を心配する必要はなさそう。

といっても、プレイ時間は1日1時間程度ですけどね。


花火大会で死傷者が出ているようですけど、カンボジアのお祭りのほうがインパクト大きいですね。どんなお祭りだったんでしょう?


「今週じゃなかったら、来月かもねー」と、いきなりあきらめ気味の「無料アカウント(F2P)」。案の定というか何というか、予定日になってもサーバダウンの予告さえない始末。

まー、このあたりのおおらかさが外国製なんでしょうかねぇ。コーエーやスクエニは期日だけは守っていたような。問題はその完成度……なんとかしてください、スクエニさま。株が売れませんです。


1アカウントで、ふつーに遊んでるだけなら影響なさそうです。複アカ対策と、警告からBANまでの道順が明文化されました。ペナルティを喰うごとにポイントがたまっていって、満点になると永久BANになるそうです。

問題があるとすると、憎悪をかき立てるようなユーザー作成コンテンツ(帆とか旗とか)を使ってはならないというのが加わったこと。

攘夷実行中?

中国人や韓国&朝鮮人に私の帆や旗が見つかると面倒かも。よろこんで誤解しそうですからねぇ。ま、その時はその時。正面切ってディベートしましょう……抗鬱剤が効いているときに!



国ごとに一番があって、そこから上は決められませんです。

まずは英国。ケネス・アルフォードの「砲声」。



映画「アラビアのロレンス」で印象的に使われていて、そこから関心を持っていろいろ聴きましたけど、結局これが一番です。

次に米国。やはりスーザは外せません。「勇敢なる第7連隊」がお気に入りです。この第7連隊はネイティブ・アメリカンの虐殺で有名な騎兵第7連隊ではないところがなお良いです。献呈されたのはアメリカ陸軍の歩兵第7連隊で、現在では改称されて第107連隊となっています。



トルコ。「ヂェッティンデデン」。いつかトプカプ宮殿で生で聴いてみたいです。



これは歴史的な演奏かも。トルコとロシアは宿敵中の宿敵。それが一緒に演奏しているんです。

日本。これしかないでしょう。



私のナマ吹奏楽初体験がこの曲だったんですよぉ~♪ って、ダメですか? 戦後の作品で「祝典行進曲」を超えるのはこれだけだと思ったんだけどなー。アイ、解りました。こっちですね。



かつて戦った相手と一緒に演奏するなんて、素敵ですね。


せっかく我が家にリー・アーメイ一等軍曹人形が来てくださったというのに、お言葉がさっぱり分かりません。

軍曹のお言葉002

サー、ノー、サーッ!

中の人のTOEICは730点。これが限界なんでしょうか……それとも人形のスピーカーに問題でもあるのか。

とりあえず、時々こちらにコメントをお寄せくださるJohn Smith様からいただいた「ガニー軍曹のミリタリー大百科」を英語で聞いてみると……これは聞き取りにくいです。ものすごく。

アイ、中の人の耳がウマの耳だったようです。というわけで、これからしばらく、聞き取れるようになるまで軍曹に猛特訓していただくことになりそうです。


私が仕事をしている間、いろいろなダイエット法が登場して消えていきました。

たとえばアトキンス(高タンパク)ダイエット。しばらく議論が活発だったようですけど、気がついたらいつの間にか消えてました。代わりに登場して効果ありとされたのが地中海式ダイエット。比較的低カロリーの地中海料理を美味しくいただいて、オリーブオイルでω脂肪酸をとって、ついでに赤ワインもいただいて「フレンチ・パラドックス」効果も、というwin-winな食事療法です。

確かに1日に8000kCalとるようなアメリカ人には効果があるんですよ。でも、1800kCalで十分な日本人がこれやると、てきめんに太ります。日本人には和食が一番なんですねぇ。

でもたまにはほどほどに美味しいものを食べるのは良いことですね。


中の人は元医学系の編集者です。元は英語系でしたけど、医学論文の内容を伝える医師向け英文記事を熟読すること実に7年。それなりの知識はあると思います。それでも「一般よりマシ」程度ですけど。

で。

たとえばブルーベリーが話題になってましたけど、アイ、効きません。効くかどうかの議論と検証がいくつかされましたけど、疑問符が残る結果だったと思います。それでもまだマシな方なんですよ。議論の余地があっただけでも。

たとえば話題になっていない部分では、鬱、抑鬱気分に効くということになっているセント・ジョンズ・ワート(西洋弟切草)。効果が認められない上に抗鬱剤の効果に悪影響を及ぼすという結果が出ています。

それから、肩こりに効くという磁石……大嘘です(記事検索するのめんどいから、関心ある人はPubMedでも見てくだされ)。

このへん、みんな宣伝の効果なんですよね。それで効果があると思い込めば、正露丸でもガンに効いたりします。人間の底力ってすごいんです。これをプラセボ(偽薬)効果と言います。

そういうところで、最近気になっているテレビのCMが、プ●ズマクラスター。

このCMのずるがしこいところは「プロが認めた」と謳っていながら、医学のプロは何も保証してないところ。

ふーん、火盗改めの人もこういうのにはだまされるのねーとか、あそこの学習塾はそーいう言い訳を用意しているのか、とか。そんな目で見てしまいます。まさに誰得。

どこかの病院が「これで院内感染もばっちり対策済みです」と言わない限り、私は信用しませんです。あーでも、どうかなー。魂売る病院も一つや二つあるかもしれないです。最近はどこも経営が大変なようですからねぇ。まったく、何を信用して良いのやら……あうあう。


「Pirates of the Burning Sea」のFree to Play(無料アカウント、F2P)導入について、一つ耳寄りな情報。

プレミアムアカウント(現在の課金アカウントと同じ権限のある無料アカウント)のただし書きに「Former subscribers free」とあります。この「subscribers」の訳が微妙なんです。

「購読者{こうどくしゃ}、加入者{かにゅうしゃ}」。

「購読者」となると課金した人と言うことになりますけど、「加入者」となると現在の「Free Trial」を含めて会員登録をした人、ということになります。

どう転ぶかはまだ判りませんけど、今から「Free Trial」をやって、キャラをLv.12まで育てておいても損はないかと思います。どうせもう1週間ほどしかありませんから、最悪、普通の無料アカウントになっても、1週間分のフライングができます。

かくいう私はといえば、ネタキャラ(↓)を別サーバで作って遊んでしまったので、この手が使えませんです。しくしく。

あはははは

F2Pのくわしくはこちらをどうぞ。
http://www.burningsea.com/page/f2p


「コランタン号の航海」新シリーズ出港とのことです。

http://andante.largo.oops.jp/

コランタン号はパンドラ号を追ってアフリカへ……同型艦同士の一騎打ちになります。これは海洋冒険小説ファンなら燃える組み合わせ。純然とそのフネの士気、訓練そして戦術がものを言う舞台だからです。

その舞台になるアフリカについてもこれから資料を読み込むとか。大変ですね。

そして、来春にも連載開始だそうです。

あの精緻で美しい描写……とても楽しみです!


23日頃から始まる無料アカウント。これにあわせて大型のアップデートがあります。テストサーバで先取りして来ました。

まず、ペットの種類が増えます。今までは肩に乗せるペットだけでしたけど、今度は連れて歩くペットが追加されます。とりあえずあったのはイヌ、ブタ、ニワトリ、サル(どーいう組み合わせ……)。イヌを買ってみました。

犬

適当に距離をおいて、チョコチョコとついてきます。カワイイっちゃあ、カワイイですけど、ちょっと微妙なのはリアル系&ちょっと怖い系のせい。ブタはどうなんだろ?

これは有料ポイントで買えます。

同じく有料ポイントで買えるものとしては2時間有効の各種ボーナスチケットとかもありますけど、期待した武器・防具類は無し(今のところ)。肩に乗せるペットは現行の色換えバージョンがいろいろ出てました。とりあえず白いオウムをget。オウム以外ではネズミとイグアナがあります。

それと、衣装いろいろがありました。気に入ったのはネルソン提督の帽子っぽいもの。

白いオウム

うーん。おカネ出してまで買うかな?

まぁ、今後の展開に期待しましょう。


観てきました「マリア様がみてる」。

すごいです。マリみての世界が実写で再現されてます。ギシギシきしむ木造の床や廊下、木々に囲まれた校舎、そしてマリア様の像。登校シーンでは「ごきげんよう」の嵐が……。

さすがに映画一本に文庫本1冊の内容すべてを盛り込むことは無理。でも、作品の良さを殺さずにまとめられているように思えたのは私のひいき目かもしれないので、読者じゃない人にはお勧めしませんです。

舞台は東京の郊外。アイ、中の人が育ったところです。ちょうど昨日「和風総本家」で「江戸っ子」が特集されていましたけど、山の手以西の東京っ子にも意気地ってもんがあります。

福沢祐巳の意気地、武嶋蔦子の意気地、そして意気地の塊こと小笠原祥子さま。

そういうものがきっちり描かれていて嬉しかったです。

武嶋さんが使ってたのがニコンのFMに見えました。モータードライブを使っていないのも好感が持てました。アイ、フィルムってのは1枚ずつ巻くもんです。そしてその1枚に賭けるんです。

いや、楽しかったです。見事なファンタジー。しんどいリアルを忘れるひとときでした。

さて、本棚一段いっぱいの「マリみて」を最初から読みますかねぇ。同じ幅だけMen-at-armsがあるだなんていえない……。


海上保安庁の尖閣ビデオ流出、本人が航海中のブリッジで告白というのが、泣けます。船長が問い詰めたところぽろっと、という感じが、さらに。最後の航海と決めてたんでしょうかねぇ。

無罪にならないかもしれないですけど、事実上無罪になるようにして欲しいですね。さもなければ、石原閣下の「仄聞」が本当なら、問題の中国人船長を殺人未遂で本人不在でも告訴すべきです。

流出のタイミングも素人ではないな、と思いました(だから黙ってました)。

というのは、とても良いタイミングだったんですよ。アメリカは中間選挙で民主党が歴史的大敗をして、政府が動けない状態。日本政府もあるのか無いのか判らないくらいダメダメ。世界のナンバー1と3がこの調子で、ナンバー2がイケイケ(……死語?)になると、抑えが効かなかったはず。それに対する強烈な先制パンチになりました。

さすが海の男、紳士にして外交官なんですね。


中の人はリアル重視の人です。祈りだの憤りだのでは世の中は動かない。動かすのはカネとチカラだと思い込んでいる人です。

ただ、今回の尖閣諸島の一件では非常に憤っていて、「中国断ち」をしています。

……とはいえ。やってみるとなかなかむずかしいです。上の数行にも漢字が含まれてますし、とかんじをまじえてかいていますし、かといってこのとおりカナだけでかこうとすると、なにをいってるかもわかななくなります。

とりあえず、可能な限り中国産のものを買わない、使わない。中国文化に由来するものもオミット。だから、フジタの社員が捕まってから、ウチでは中華料理が作られていません。お気に入りだった中国製冷凍ギョーザは冷凍ピザに切り替えています。人形に着せていたチャイナドレスも普通のワンピースに着替えさせました。

でも、うっかり日高屋にはいってチャーハンを頼んだり、荒れたお肌にタイガーバーム、と最近ほころび気味です。

それにしても、日本の官僚は優秀すぎます。サボればいいのに、捕まえちゃうかねぇ……。


秋田書店のプリンセスコミックから出た『海賊姫』第1巻を読んでみました。

海賊姫~キャプテン・ローズの冒険 1 (プリンセスコミックス)海賊姫~キャプテン・ローズの冒険 1 (プリンセスコミックス)
(2010/10/15)
山下 友美

商品詳細を見る

うーん。

キャラは立っているし、制服も良い感じ。お話もそれなりにおもしろいんですけど……肝心の帆船の描写がなってないのが、とっても惜しいです。

主役のファントム号は横帆のケッチ装帆で、全長30メートル、乗員「ざっと40人」という設定はかなりリアル。PotBSのケッチはこんな感じ。

これがケッチ

でもね、でもね、このマンガ、横帆の上端がヤード(帆桁)にくっついているのは正しいんですけど、下端もヤードにくっついてるのはどうなのよ。それも各帆それぞれの上下に一本ずつくっついてるので、帆桁が二重になってる……ああ、言葉で説明するのがややこしい。とにかく、変なのです。

はっきり言いましょう。

「一昨日きやがれっ!」

……ってレベル。なんとDOLのケッチの方が良くできているという(アレはケッチ以外に使い回しているのが問題)……

まぁ、マンガとしては「コランタン号の航海」シリーズが奇跡的にすごい描写なんですけどね。

ロンドン・ヴィジョナリーズ 1 (コランタン号の航海) (WINGS COMICS)ロンドン・ヴィジョナリーズ 1 (コランタン号の航海) (WINGS COMICS)
(2009/09/24)
山田 睦月

商品詳細を見る

コランタン号はHMSダイアナがモデルだったかな? HMSパンドラだったか? まぁ、たぶん下のシリーズが資料になってるんじゃないかと思います。これ1冊あればフリゲートがスミからスミまで解っちゃうんですねー。帆船模型用の資料です。実際、このシリーズの本を資料にフルスクラッチに挑む方が「ザ・ロープ」にいらっしゃいました。たった4000円かそこらの資料1冊でリアリティが段違い。ほぼ純然と良心の問題だと思います。

The Frigate Diana (Anatomy of the Ship)The Frigate Diana (Anatomy of the Ship)
(2003/11/18)
David White

商品詳細を見る

ちなみにケッチならこれ。

The Bomb Vessel Granado 1742: Anatomy Of The ShipThe Bomb Vessel Granado 1742: Anatomy Of The Ship
(2005/06/15)
Peter Goodwin

商品詳細を見る


ファンタジーにリアリティを求めるのがそもそもまちがいと言えばまちがいかもしれませんけどねぇ。海賊を題材にするなら、船くらいはちゃんとしたものを描いて欲しいものです。


尖閣諸島で起きた衝突のビデオ見ました。

「よなくに」との衝突では「よなくに」がゆるく左舵を取っているところへ、漁船が加速しながら右舵を取って、正面から当てています。

船の動きがかなりリアルな「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」で接舷を何度もしていますけど、こういう風に当てるのは割と楽です。ある程度相手の針路が判っていて、しかも相手の後ろからドンと行ってますから。相手をやり過ごして船尾を抜けるのは、けっこう難しいですけど、できないことではないはずです(よくNPCにやられて縦射を喰っているのはナイショ)。

「よなくに」が逃げられなかったのは排水量の差かな? それだけ漁船の方に針路と速度に自由度があったということで、その分、衝突回避の義務も重かったはずです。

「みずき」との衝突では衝突までの航跡が判らないので、どちらがどう当てたのかは判らないです。ただ、衝突を避ける意図は見られませんから、いずれにしても中国漁船はクロですね。

これは、まずいでしょう。

法的な処分を下さなかったら、日本は法治国家としての根幹が揺らぎます。

軍曹、一言どうぞ。

軍曹のお言葉001




ついにR.リー・アーメイ一等軍曹殿がご到着されました。

ご到着

箱の裏には「モチベーション不足認定証」なるものが。まぁ、ウツですからね。不足しまくりですね。

モチベーション不足

しかも直筆サイン入りでした。この箱も大事にとっておきましょう。さっそく出してみると、スタンドには海兵隊の紋章が入ってました。カッコイイです。しかもレアです。

赤いTシャツは海兵隊の体育(Physical Training, PT)用制服だそうです。

ご着任

でも、軍曹らしくないので、用意の夏服に着替えていただきました。背中にボタンがついているので、着替えの間も怒鳴られまくりでした。

お召し替え

でも、本当に一生懸命励ましてくれているようです。これから中の人が必要なときに、精一杯、怒鳴ってもらおうと思います。

常に忠誠を!


欲しい人、誰もいないみたいですね。とりあえずコメント欄にてご応募待ってます。というか、日本人そのものがいないのかな?

日本語でブログ書いている人も、昔はちらほらいらっしゃったみたいですけど、今も更新してるのは私一人みたいだし。

うーむ。

外人さんが欲しいって言ったら配っちゃおうかなぁ。

それとも無料化を待って隊士募集しますかねぇ。


コミケ並み。

そして観客はコミケほど訓練されていませんでした。混雑対応も……うーん。

ついでに悪いものももらったのか頭が痛いです。今日は早めに寝ます。

写真は撮りましたけどフィルムが未消化なので、ヘタすると年明けですかねぇ。ここいらへんがまたデジタルに負けるところで、これもまた頭痛い……。


今日もぶんぶん飛んでます。T-4やらいろいろ。

明日も無理しない程度にがんばっていただきたいものです。


いい加減「仕分け」という言葉に手垢がついてきた感が否めませんけど。

アイ。我が家ではそれぞれが好き勝手食べたいものを放り込む結果、とんでもない量に発展して、一度作ると4日続けておでんという惨事も少なからずあります。

というか、常態化しつつあります。

そこで予算削減と器のスリム化を計るため、漫然と「おでんセット」を買うのをやめ、本当に欲しいものだけを選んで入れてみました。

鰯のつみれ、ちくわ、薩摩揚げ、すじ(牛すじとは違う練り物)、卵などなど。

……その結果。

家で1番大きな鍋に入りきるかどうかだったのが2番目に大きな鍋にぎりぎり一杯まで減りました。

予算的にも「おでんセット」がなくなった分、安くなった……はず……?

さて、何日もちますことやら。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。