上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「PotBS」は2週間でカンスト、対するに「DOL」は2年やってもカンストの見込みなし。

そして「アイアンサイド」はどう見てもカンスト必須。

中の人はバーチャルよりリアルが好きな人なので、半年か1年かけてカンストしたところでサービスが終わったら、と思うと、ちょっと士気が落ちます。

そこで1年弱かけて船大工修行をすることにしました。

え、マニラになんか行きませんよ?

毎月1回、10か月のコースで帆船模型を作る「ザ・ロープ」の帆船模型教室に応募しました。

1.期  間   2011年3月~12月の毎月第2日曜日(計10回)
              午前10時半~午後12時半(2時間)

2.会  場   決定次第ご連絡

3.講  師   川島 壮介(ザ・ロープ会員)

4.参加者    10名以上の参加が有れば開講します

5.内  容   英国国王が愛した「チャールズ・ヨット」を教材にして、講師が皆さんと一緒に
          教材を組み立てながら指導します。
          教室終了時には完成を目指しています。

http://www.geocities.jp/therope1204/index.htm

そして来年にはリアルでアイアンサイドを作って、お風呂に浮かべてフーフーするのだっ(←初心者には無理です)。

がんばるぞ。おーっ!
スポンサーサイト


あいあんさいず

どん。よくできてます。みごとです。やればできる子だったのねぇ。

制服

そしてこんな制服まで。セーラー服には短靴だろうというツッコミは無粋ですね。自分で替えればいいだけのこと。

それにしても、どちらも今さら出すなんでずるいです。「PotBS」も無料化して、フリゲ分が不足したらすぐに逃げ帰れる現在、「DOL」に復帰しないといけないじゃないですか。

問題は中の人の体調。なにしろ薬の副作用のせいで昼寝に忙しくて「PotBS」でさえ、ほとんどできない状態です。まして、時間をいっぱい使う「DOL」。お金払った分だけ遊べるかどうか。体調との相談になりますけど、復帰の方向で考えてます。


「博物館級」と、以前からこのブログで紹介してきた帆船模型同好会の「ザ・ロープ」の展示会がありました。

ご紹介できなかったのは眠かったからなんですけど、結果的にご紹介しなくてよかったかな、という内容。頑張っているんですけど、詰めが甘いというか。なんというか。

どーしちゃったんでしょうねぇ。

それで不機嫌になって帰宅したら、ダーリンに叱咤されました。曰く「ちゃんと会員の人に指摘した? 積極的に交流しないで不機嫌になっても仕方がないよ?」

うー。

来年がんばります。その前に横浜でリベンジかな?


どんどんどどーん眠くなる♪
どんどんどどーん寝てしまう♪

というわけで、相談してみました。

そしたら、サインバルタの飲み方を工夫してみろとのこと。さっそく朝一錠、夕一錠にしてみましたけど、やっぱり眠いなぁ。我慢できないほどではないけど、眠いです。

夕食後二錠にしたら眠剤いらないかも?


一眠りしたら良いニュースが!

またライトさんと(で)遊べる!

わぁい!

買います買います。絶対買います。株もしっかりホールドしとこう。

で、「PotBS」もバージョンアップのお知らせが来ました。エピファニーもとっくに過ぎてそろそろクリスマスでもないだろと思ってましたけど、3周年記念のコンテンツやら、スペインの首都の差し替えやら、イロイロあるみたいです。

明日の夕方から夜にかけて止まるのか……その前に一度ログインしないと。


シンバルタ(愛称サイン)に切り替えてからというもの、眠いです。

ネコみたいによく寝ます。おかげでゲームする暇がありません。寝てるんです。でも、今日はリフォームの職人さんが来たので、必死で起きていなければなりません。この夏にはエアコンの工事に職人さんが来て下さっているのに寝こけてしまった失態もありましたから、これを繰り返すわけにはいきません。

選択肢その1:サインバルタを飲まない。朝ご飯に食欲がなくて食べられないときはお昼まで待って何か食べてから飲むようにという指示があります。

選択肢その2:カフェインを飲んでがんばる。

選択肢その2を試してみた結果、気分が悪くなって結局何もできなかったという嫌な経験が……というわけで、職人さんの作業がお昼に終わると言うことだったので、選択肢その1。

作業の邪魔にならない居間にパソコンを置いて、久しぶりにエドウィナでログインしたら、フネが全部売れてました。一通り材料を集めてフネを造って、出品したところで職人さんの作業が終わりました。

そして、お昼を食べてお薬を飲んだら……眠いです。

おやすみなさひ……。


「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」の海賊は簡単にお金が稼げます。お金を使うあてのフネが無料で手に入るからです。あ、ちょっと「労働」が必要ですけど。それも、欲しいフネを持っているNPCを襲うだけのこと。一対一なら、少しくらいレベルが上の相手でもなんとか勝てます。

というわけで、海賊はお金持ちです。

エドウィナはその海賊の初期港で初級から中級レベルの重要なフネを独占して売っています。独占なのはライバルがいないから。海賊を選ぶ人って、生産的な発想がないんでしょうかね。

まぁ、おかげで薄利多売で成金になっているわけですけど、ついにライバルらしき人が現れました。

さらに安値で対抗してくるなら良い意味での競争になるんですけど(それも意図して、薄利多売と言いながら、少し高めの設定)、そいつと来たらエドウィナが売っているフネを買い占めて、二倍の値段で売り出すという……セコい真似を。しかも、誰のためにもなりません。それに、エドウィナが同じ種類のフネを安値で出せば、そっちから売れていきますから、高値で出している方は待ちぼうけになります。

一体どういう意図があるのか、さっぱり解りませんです。

世界は広いなぁ。


実写映画を一人で見に行ったことについてブツクサと聞こえてきたので、アニメの原作1巻にあたる部分(内容は実写映画に相当)を中の人のダーリンに見せてみました。

始まったとたんに出た言葉が「こそばゆい」

「恥ずかしくないの?」

「どこが楽しいんだ」

最初の30分でもかなりのストレスだったようで、盛んにため息をついてました。どうやらあの「お上品」な言葉遣いがダメージを与えるようで、それに追い打ちをかけるのが、ところどころに挟まるカエルフランス語。

解っていて残り1時間も見せる中の人も意地悪です。

結果、終わったときに「病的だ」の一言を残して、ダーリンは畳に倒れ伏してしまいました。

ごめんなさい。でも、必死でがんばって観ている姿を見ているのが楽しかったです。でも、DVDから「タモリ倶楽部」に替わったとたんに目に見えてリラックスしたのはおっさん臭くてどうかと思ったです。


コーエー株を売りました。いちおう、プラス。

で、スクエニ株をナンピン買い(安く買って、平均値を下げること)です。

スクエニはこの先、ドラクエか何か出せばなんとかなるでしょうし、FF14もそのうち改善するでしょうし、FF関連のおもしろそうなゲームも出ることですし、FF13のスピンアウトも出るとか出ないとか。ライトさんと出会ってから約1年おつきあいして、割と将来が見えてるんですよねー。

コーエーは……先が見えないんですもの。秘密主義だし。かといって信頼できませんし、何よりPC用のオンライン・ゲームを切ったのが許せないです。プラスに転じた機会を逃さないうちに売っ払うことにしました。

そんなわけで、とりあえず、ここまで株取引では無敗。定期預金よりマシ、という程度ですけど。

ホントはシンバルタが良く効くので塩野義を買おうかどうしようか迷ったんですけどね。臨床試験があまりない(あっても地味な)ようなので、数カ月~1年で上がるとは思えないし、その数少ないのがコケると、社運に響いたりするのが怖いです。

さて、この判断が正しかったのかどうか、年度末が楽しみです。配当で何買おっかな~♪ 総会でスクエニグッズもらうのも楽しみ!



途中から観たので前振り解説は聞けませんでした。ちょっと残念。

でも、オーストリアが海軍持ってたことはもちろん知ってましたよ。戦艦も持ってました。トラップ大佐があれだけ厳格なのは戦艦勤務のたまものだと思ってましたけど、池上さんによればドンガメ(潜水艦)乗りだったようで……それなら、もっとくだけた感じ&中佐か少佐あたりだと思うんですけどねぇ。潜水隊の司令官かな?

あと海軍大佐なら「大佐」より「艦長」と訳して欲しいです。少佐か中佐だけど、その役職についたことがあって「艦長」と呼ばれているのかもしれないですし。

ラストシーンでは久々にウツ以外で泣きました。ええのぉ……。

ナチは嫌い。

ドイツ人を戯画化するとウィルヘルム二世になり、ウィルヘルム二世を戯画化するとヒトラーになると思います。だからドイツ人の発言にはどうしてもナチズムを感じてしまって、イラつきます。

結局、ドイツ人も嫌いなのかな。

オーストリアは好き。そういうものを感じないから。同じ理由でフランスも大好き。とどのつまり、差別意識があったとしてもそれを感じさせないのが文化文明というものなのかもしれませんね。


あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

というわけで、お正月映画を観てきました。『相棒』です。

大艦巨砲主義? えーと、そのぉ、リアルにはいろいろとあるのです。大晦日以来、ゲームにも全然触れてないですし。

『相棒』は中の人がもっとも関心を持っているドラマです。というのは水谷豊さん演じる右京さんがする所作にジェレミー・ブレットやデービッド・スーシェを彷彿とさせるものがあるんですよ。中の人はそちらの大ファンでもあるんです。

感想は……堪能しました。コマーシャルが頻繁に入るテレビドラマと違って、次々に連続して謎が解けていく過程や文字通り衝撃の結末。映画館で観て良かったと思いました。

びっくりしましたけど。

いや、ホントにびっくりして、毒気を抜かれました。

明日は久々にゲームしたいな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。