上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



川越の「町勘」という包丁屋さんの包丁です。

中の人の愛刀?

江戸時代のうちに刀鍛冶から包丁屋さんに転業したそうです。もちろん、日本刀の技術はそのまま生かされていますけど、さらにそれを生活の中で使いやすいように工夫と技術革新を続けておられるようです。

実はこれ、ステンレス製です。日本刀と違って、さびません。まさに現代のダマスカスソードですね。

もちろん、すごくよく切れます。一度使ったらクセになりますよ。刃を野菜に入れると、スーッと通っていくんです。全然力が要りません。だから、刃が思い通りに動くので、ケガもしません。

一振り2万1千円でした。しかも、年に1度は研ぎに出さないといけないので、その間、別の包丁を使いますけど、切り傷が絶えません。あうあうあう。そろそろ研ぎに出さないといけないんですよねぇ。*タメイキ*

え、なんでこんなにブログが更新されるのかって?

うっかり帆船模型の材料を水に浸すのを忘れていて、作業ができないうえに、南蛮貿易の定期船もまだ時間があって……あと10分か。
スポンサーサイト


DOLで長崎を出港しようとして、ふと聴きたくなってYouTubeをあたってみたら、いろいろ出てきたので聴いてみました。

これ違うだろー! というのがドイツの軍楽隊の演奏。



なんだか、このままジェットランド沖に出ていきそうです。ドイツ式の編成もさることながら、若干、パートもいじってあるようです。歴代の空母に交じって揚陸艦や巡洋艦が混ざっているのはツッコまないでおきましょう。

リアルだなーというのが中国の映画の冒頭のシーン。



ひどい演奏です。でも、楽器が安物で、演奏者の栄養状態が悪くて肺活量が足りてなかったらこんなもんじゃないかと。というのは、現代の、内戦後初めて練習を再開させたばかりのカンボジアのオーケストラの管楽器が、まさにこんな音を出してたんですよね。

安心の海上自衛隊。



編成はオリジナルの英国式とは違ってアメリカ式ですけど、やはり本家です。

英国式の編成で聴きたいなぁ。1804年、日露戦争開戦が決まって長崎を出港する連合艦隊を送り出した「軍艦」は英国式の編成で、現在の演奏より少し高い音で演奏されたそうです。残念ながら、NHKの「坂の上の雲」では、そこまで再現されてなかったように思います。


今年最初の日本産のサクランボから、ビミョーな形のが出てきました。

タマぁ落としたか!?

タネは1つずつ(計4つ)入ってました。


久しぶりにPirates of the Burning Sea(PotBS)。

日本人の商会ができているということなので、Antiguaサーバの国籍を英国から海賊に替えました(たまたまそういう時期だったので替えられました)。

で、ゼロからキャラクターを作り直しです。

うんうんうなって、やっと作ったら、「Kylara Vatta」の名前が既に使われていました。残念。Horatia艦長を海賊にするわけにもいきませんし、どうしたもんでしょう?

そもそも体型&キャラデザがマッチョなおっさん&おばさんしかないので、「ARIA」とか「FSS」とかの名前はとても使えませんです。女海賊といえばQueen Emeraldasとかもありそうですけど、自称Queenってのもイタタですし(個人的な感覚です)。せっかく新選組の帆と旗があるので、それとからめられればいいんですけどねぇ……男ばかりですし。

うーん。

うーん。

うーん。

もうしばらく考えます。


えーと、そのぉ……

……言わせんな、はずかしい。



シラクサの教会でダンジョン初体験。

暗くてよく見えなかったせいで、宝箱をいくつか見落とした気もするけど、気にしない方向で。で、地下2階の敵がLv.10なのに案外てこずったので、自分で行く前にHoratia先生に行ってもらうことにしました。

カビの生えたネタ

なんなのよ、この緊張感のないカッコは?

そして6回潜った結果、

6回分。

こんな感じ。これは駆け出し軍人にはおいしいですよ。

Horatia艦長が6回も潜ったのは「地下墓地の書」がもらえなかったから。私は5回潜って2つももらえたんですけどねぇ。キャラ固有の「運」でもあるんでしょうか。

で、問題の「シラクサ教会地下迷宮中層開放クエ」の「地下墓地に残された記号」を受けようとしたら、必須スキルがイタリア語とギリシア語……艦長、ギリシア語がないんですよねぇ。


「中の人なんかいない!」って方は、その方自身に。

中の人はここ何年もオンラインゲームをしてきています。中断が多いですけど、その間はPirates of the Burning Sea(PotBS)という別の帆船オンラインゲームに亡命してました。今はむこうが基本無料に移行してくれたので、中断する必要がなくなりました。

さて。

その間(5年くらいですかねぇ)、つい1か月前まで、中の人のダーリンは傍で冷めた目で見ていただけでした。実際やってみたら面白かったらしくてハマっているようです。ただ、やってみて初めて分かったことがいくつかあるそうで、今日はそれをまとめてみます。

・傍で見ていると気持ち悪い:パソコンに向かってムキになったり、ニタぁっと笑ったり
・何か頼んでも「ちょっと入港するまで待って」がカチンとくる:すぐにやらないから
・ゲームのイベントにリアルが影響する:「今日は〜があるから早く帰る」とか

その都度、言葉をつくして説明に努めてはいましたけど、実際に遊んでみるまでは理解できなかったそうです。

説明に必要なのは、パソコンの向こうにも同じように遊んでいるヒトがいるということ。これは他のオンラインゲームでも一緒ですね。

そして、航海中は離席するといろいろとペナルティを食うので離席できないこと。これはDOLもPotBSも同様です。今は安全海域の場合はとりあえず投錨して離席することにしてます(少なくともどこだか判らないところに行く可能性はなくなるし、座礁もしないで済みます)。

そして、くれぐれもリアルを大事にしましょう。まんいち影響があるときは、きちんと説明して理解をお願いするしかありません。

まぁ、結局ダーリンを引きずり込むまでは理解してもらえなかったんですけどねー(敗北感……)。


中の人の体調が好転しそうにないので、出撃しない方向で。

とはいえ、メインキャラが私になってからの大海戦は「あー、おカネかかるなぁ」ではなく、「ビジネスチャンス!」なので、正直、始まるまでが私の大海戦だったりします。

それにしても、一番人気が東南アジアで次が南米とは、初心者お断りですねぇ。


昔から独裁国家の報道写真は時々刻々変化しました。独裁者の気に入らなかった人間がこの世からも記録からも消されていきます。というわけで、

北の某国大喜び?

この機能は北方の亡国を意識しているのでしょうか。それとも、世界中の人間が独裁者化してるのかな? 生きにくい世の中になったなぁ。


大投資戦があったので、120M投資。これで使い切っていた造船紙が3枚もらえます。その後、ロンドンに行ったら

アパートが大きくなる!

なんとまぁ、フランス亡命以来初めての爵位です。亡命した時に小国ボーナスのおかげで准4等になったんですけど、それ以来音沙汰なしでした。前々回の大投資戦で100M放り込んでからぼちぼち投資してたので、たぶん、これが噂の最後の交易爵位なんだと思います。今後は海事がんばりますって、それだとHoratiaとかぶるし、おカネは出ていく一方なんですよね。どうしよう?

それと、午前中のプチ海事上げで新任の副官2人の「?」が全部開きました。

鋳造副官。

白兵副官

びみょー。

でも、まぁ、育てますかねぇ。微妙な方向なのが解ってて、副官料理を950個ずつ作りました。


期待の新船。

まともなスクーナー?

6本マストスクーナーはわりと普通にありました。不格好ですけど、蒸気船にスピードとコストで勝とうとしてたんですねー。ただ、木造ではこんな細長い船が作れないので、少なくとも竜骨は鉄です。たいていは舷側も鉄でした。実は鉄船のほうが軽いんですねー。DOLの「鉄張り」だと純然と重りになるので、スピードが低くなりますけど。そうそう、スクーナー最大の一隻は7本マストです。まだまだ次があります!

まともなガレオン。

まともなガレオン?

メイフラワー号をモデルにしたってことですけど、ダウト。メイフラワー号はアメリカ開拓の歴史では重要な意味のあるフネですけど、いまだにどんな船だったか諸説あります。

まともなマスト、まともな帆、まともな索具……なんで今までできなかったんでしょうねぇ。やればできる子だったんですねぇ。

かなりまともな戦列艦(部分否定)。

まともな戦列艦?

帆が風をはらんでないように見えるところ、バウスプリットがちょっと変なところ、スプリットスルが2枚ないことが残念ですけど、(これまでに比べて)とてもまともな戦列艦だと思います(4本マストでしたしねぇ)。

トップがまともな位置にあるなんて、これまでなかったことですよ! 

でも、ダーリンの一言、「この模様は何?」

それぐらい勘弁してあげて……!


副官歓待料理を作り始めました。一番足りてないのから作っているので「すぐにも南蛮貿易!」とも思うんですけど、これがなかなか。というのは副官料理の材料集めが、あいかわらず大変なんです。

午前中の人のいない時間なら、酒場を回って材料を仕入れればいいんですけど、夜になると案の定、奪い合いになりました。

過去の経験では、一番の激戦になるのがチュニスの休憩所。なので、これは先の南蛮貿易のついでにレシピを確保してあります。材料も比較的簡単に手に入りますし。

問題は、アテネ。

レシピは簡単に手に入りますけど、材料の水稲はちょっと難しいです(ガレーとPKが怖いので)。

明けて今日、体調が良ければHoratia艦長にアテネに行ってもらおうと思います。で、私はアムスかな?


というわけで、東アジアと東南アジアが安全になったので、私が南蛮貿易を始める一方で、Horatia艦長が副官用のお弁当の材料を集め始めました。

きのうと今朝の2回分の南蛮貿易は42Mと64M。新しい副官船の効果がはっきり出てます。乗組員が増えずに200樽も倉庫が増えましたからね。

今も私は定期船の客になってます。その間、Horatia艦長はピサとジェノバを行ったり来たり。

さらに私が帰り道で釣った魚は「塩漬け魚の木の実ぞえ」、マグロはステーキに加工するので、調理優遇の家畜商に転職しました。私の取引スキルはそろいもそろってR10以下なので、南蛮貿易に職業はあまり関係がないんですね。

優遇にしても調理がR10しかなくてびっくりしたのはナイショ。


風の噂によると、オンラインゲーム「サドンストライク」、Notosサーバのイングランドの「英国議会」、さらにはコーエーの公式BBSから追放された方が、当の巨大掲示板からも追放されたそうです。

天網恢恢、疎にして漏らさず……と言いたいところですけど、なお、敵の本拠地と支城がFC2などに残っています。FC2運営には何度か抗議しているんですけど、今のところ音沙汰なし。警察は民事不介入だし、そもそもこんなくだらないことで、当事者以外を悩ます気はありません。

問題はこのご本人。

バカにされてるのを人気者になっていると勘違いできる「幸せ回路」の持ち主らしいので、「ドS」を自認する私にも、どういじめるかが問題。もしや「究極のドM」とは、ヤツのことだったのか……とりあえず、名案が浮かぶまでは放置の方向で。


まだDVDが届かないので、名場面をつまみ食い。

ハリケーンという少し旧式の戦闘機で訓練中のポーランド人部隊がドイツの爆撃機と鉢合わせて起きたハプニング。



実はポーランド人パイロットたちは訓練の必要がないほど亡命前に鍛えられていたんですね。この戦闘の結果、彼らは実戦部隊に配備されました。これが実話だということですからねぇ……。

このスピットファイアは敵戦闘機、ハリケーンは敵爆撃機に対応するという分業の戦略が当たって、苦境に立たされたドイツ空軍は戦闘機でぴったりと爆撃機を援護するようになりました。



まぁ、戦争に勝った側が都合よく宣伝しているだけなのかもしれませんけど、でも、過去にはこんな苦しい歴史があって、今は一緒に英国軍とドイツ軍が警備をしている時代なんですねぇ。


きのうはゲームしたり昼寝したり買い物に行ったり模型を作ったりで大忙しでした。

そんな買い物の途中で見つけて即買いしたもの。

すぴっとふぁいあ

え、ただのビール? ロンドンに行けば250Dで売ってるって? いや、そうなんですけどね。ラベルをご覧くださいませ。スピットファイアというのは英国海軍&帆船ヲタの中の人(頭の中は19世紀)でも知っている、第2次世界大戦の英国を守り切った名戦闘機。日本でいえばゼロ戦ですけど、ゼロ戦がどちらかというと悲運と悲劇の象徴のように思えるのに対し、スピットファイアは劣勢な中、必死の抵抗をつづけ、ついに英国の空を守り切ってヒトラーの魔の手を払いのけた殊勲の翼。これはその栄誉を称える「バトル・オブ・ブリテン70周年」の記念ボトルなんです。

ばとるおぶぶりてん!

こんな瓶がよくぞ川越なんかまで届いたものです……しみじみ。王冠も英国空軍の「蛇の目」マークになってます。芸の細かいボトルですねぇ。

で、今すぐ飲みたいんですけど、朝薬を飲み損ねたことに副作用で気が付くというお粗末。いわゆる「シャンビリ」真っ最中なので、1日か2日はおあずけのようです。しくしく。



ゲーリング元帥「何が必要なんだ?」
部下「スピットファイヤを一個大隊」


SSRIsやSNRIsに限らず、最近の抗うつ剤の副作用に「自殺リスクが高まる」というのがあります。

これについて「国民に自殺を勧めるとは何事だ」と咬みつくすごい人たちがいたので、反応することにします。一つには早朝覚醒して、ゲームする気になれないからなんだけど。

うつ患者(で元医学編集者)から言わせてもらえば、うつの診断と治療がなく放置された場合の自殺リスクと、治療による自殺リスクの差を比較してほしいと思います。はっきり言って、段違いです。

全員を救うのは無理。それには副作用による自殺のメカニズムがはっきりしているから。

うつがひどい場合、陸に上がったクラゲ状態になります。ベッドに突っ伏して呼吸するだけの毎日。食って寝て、何もできないことのストレス。これがどれだけひどいものかは患者じゃないと理解できないかもしれません。とにかく、腕一つ上げることもできないです。

お薬を飲んで何週間かするとお薬が効き始めます。

すると出歩けるようになります。運動として散歩が進められるのが多いですからね。

これが自殺の可能性を高めてしまうんです。歩いていて、ふと「ああ、ここでこうすれば死ねるな」そういう悪魔のささやきがこれまでどれだけあったことか。中の人のダーリンが徹底的に甘やかしてくれるから、そして生きていてほしいと言ってくれるから、ここまで生きてこれました(中の人の住んでいるところに高い建物が全然ないのも一つの要素でしたね。電車は危険なので近づきませんでした)。

うつ患者の自殺リスクを下げるのは「プロ市民」の政府攻撃ではなく、患者家族の暖かい支援があってこそなのです。うつの診断と治療は患者が生きていくうえで必要最小限の「生への道」であって、その先にまた「生か死か」の選択肢が出てくるというだけのこと。そのときに問題になるのが患者を取り巻く環境です。

日本の自殺率が高いのは患者を取り巻く環境(うつに対する無理解)が問題であって、抗うつ剤の副作用はそれほど大きな問題ではありません。

うつ病患者は食って寝て(中の人の場合、ゲームして)ウンコするだけの存在です。

今の日本にそんな存在を許す空気はあるんでしょうか? そのことがまず、批判されるべきだと思います。


工作室が売れなかったので

ふくろう、ふくろう

そんなこともあろうかと、ロンドンの倉庫から「大きな岩」と「硫黄」を持ってきていました。リスボンからサクッとアゾレスへ。そこで大きな岩を石灰に加工して、寄り道しながらヤッファ。そこで「黒い泥」を採集して「防汚塗料」に加工。

お手軽ですねぇ。

さっそくリスボンで「転売上等価格」で売り出すと、昼寝している間に全部なくなりました。これで商ジベは原価償却。まぁ、運用コストが高いですから……。

問題はヤッファからリスボンへの帰り道。

当然手ぶらで帰る気はなくて、アテネ経由でヴェネツィアに。「アルティザン」転職クエを受けるためです。先日、革を持って斡旋書100枚を使って玉砕したので、今日は持たずに50枚使いました。

あえなく玉砕。

なじぇ? どーして?

と思ったら、冒険名声1万、交易名声5万必要ですって。そりゃ私には到底無理だわ。交易名声その半分もいってないし、冒険名声もダメ。うー、亡命が効いてますねぇ。

ま、その都度転職すればいいんですけどね。


私の副官、フランシーヌの交易がやっと44にあがりました。実は最初の副官で主席だったハンス(45)がリストラされて、フランス時代にずっとついていてくれたフランシーヌが今、主席になっています。ごめんなさい、ハンス。まさかベルベットの時代が終わるなんて思ってもいなかったし、あなたには「採集+1」がなかったの。

というわけで、さっそくHoratia艦長に商用大型ガレオンを発注!

……でも、できてみたら、乗組員64人は今使っている店売り商ジベの倍。それで倉庫の大きさ800そこそこでは長期航海のコストパフォーマンスには残念な数字。性能低下をしのんで900以上にしても、どうでしょう?

うーん。

それならいっそ、今ある商ジベを1回か2回強化して、性能低下をある程度カバーしながら倉庫を増やすというのを思いつきました(悪魔)。副官船だからカバーの必要はないんですけどね。ま、気持ちの問題です。いずれにしても、これならHoratia艦長の副官でも使えるし、金庫なり工作室なりを余分に作れば転売上等の大安売りでもコストが出ます。

結局金庫6個を投入して3回強化した結果は私の-15%商大クリッパーの倉庫634に対して+22%商ジベの倉庫646(しかもあと25ふえる!けど、工作室の大安売りはできなくなったわね)。

これは……けっこういい数字。というか、5本マスト・クリッパーより大きいジーベックってどうなのよ?



カエル野郎ども(froggies)フランス人が英国人を軽蔑的に「rosbif」と呼ぶのはローストビーフしか食うものがない連中という意味です。

でも、このカエル語(froggie talk)フランス語でいう牛、boefが英語のbeefの語源になっています。生きている牛は英語でoxとcow。でも肉になるとbeefになるのは、実はノルマン侵略以来、英国の上流階級になったフランス人が原因で、貴族野郎ども上流階級に供する形になった時だけbeefなのです。

つまり、カエル食い野郎ども(Jean Crapeaud)フランス人も牛を食べていたんですねぇ。

ただ、英国の場合、週末に牛を殺してローストビーフ作ったら、残りの平日は残りの肉や内臓でしのいでいたそうです。


ダーリンが帰ってきたので、ローストビーフ。中の人が自分で焼きました。

赤身です。

オージービーフの赤身もも肉を使います。霜降り肉なんか、認めません。断面が丸くなるようにぎちぎちに縛り上げたら(縄師と呼んで!)塩、胡椒、プロバンスのハーブをぎっちりもみこんで、オリーブオイルをかけて焼きます。

ソースはバルサミコ酢をメインに、ウスターソース(あればリーペリンソース)、醤油を少々。

焼くのはプロパンガスならではの低火力を利用して、ガス台のグリルで焼いています! 都市ガスのほうが便利なのはわかるんですけどねー。その場合はちゃんとしたオーブンを買わないと。

低火力。

餃子焼くときとか、中華料理の時はイライラすることもありますけど、まぁ、十分だと思いますよ。引っ越ししてすぐのころ、「炎の料理人!」とか叫んで気持ちよくフランベしたら、天井の換気扇のフィルターも燃えちゃって、ダーリンにこっぴどく叱られましたっけ。以来、当家ではフランベ禁止です。

それにしても、DOLのロンドンの食堂にローストビーフがなくてハギスなんぞがあるのはなぜなんでしょうね。




カラカスとウィレムスタッドを回ったら擦り切れた圧延鉄板がこんなに獲れました(3枚はHoratia艦長の軽量鉄板ですけど)。

転売上等

鉄張り装材にして売りまーす。


黄色一色の旗、「Q」旗は「伝染病発生」または「検疫求む」。

というわけで、中の人の体調不良の原因がわかりました。風邪です。当然、大海戦はお休み。支援バザーは出し惜しみなしの全力でいかせていただきます。

といっても、今日は作業してないんで、あんまり在庫がなかったり……。


中の人のダーリンにDOLの課金をさせて、ハンザ同盟に入会希望を出させました。

セカンドじゃないよ! 多垢でもないよ! 言うとおりになんかならないもん!・゚・(ノД`)


中の人の体調が良くないですねー。

気合とか集中力とかいうものが、どこか遠くに行ってしまっています。オカに上がったクラゲ状態。そんななので、3時間も頑張らないといけないイベントはムリです。

とりあえず、支援バザー用の鐘と桶は午前中に作っておきました。


大海戦の支援バザー用に手桶を作ろうとカレー郊外で採集したら、副産物がこんなに。草はその場で油を搾ってます。植物油はロンドンの商会ショップに納入。

そろったー

他はコペンハーゲンで売りました。ふっかけ成功で、カテ2ゲットだぜ(オスロで失敗した……)。


一昨日の夜、寝そびれたのが原因か、昨日の中の人は寝てばかりでした。

時々起きてきて私にファフを作らせて、ロンドンで放置バザー。今夜から大海戦ですからね。よく売れました。ありがとうございました。特に7個まとめてお買い上げの方……もちろん、根に持ってませんよw でも、オトナだったら空気読みましょうね。

それにしても、大海戦の後は何をしよう?

私は鋳造上げの残りをやってしまうとして、その後。あ、副官料理かー。レシピ……モガディシオって無法海域じゃないの。しくしく。宝石掘りのついでに行ってきますか。あ、それならアルティザンの転職を先にしたほうがよさそうですね。

ふーむ、案外やることあるなぁ。


タイトルは英国海軍軍歌(分列行進曲にもなってます)、Hearts of Oakの一節。17世紀の歌だったかな? 英国ってのは何につけても古いものがよく残ってる国で、水兵の給料が17世紀から18世紀末までお値段据え置き! DOLの運用スキルも真っ青で、さすがに反乱が起きました(戦争の真っ最中に)。首謀者はさすがに吊るされましたけど、その後水兵の待遇は改善されています。

さて。

鍛冶師に転職して、まずは白鉱石から名工大工を量産しましたけど、カンストに届きませんでした。しかたがないので金槌を出して、16門カロネを作りました。9個作って5個大成功。

Horatia艦長と私の持ち物を整理して、艦長の出撃準備を終えたら午前中が消えてしまいました。中の人の体調次第では参加しないで、現地で支援バザーをすることになるかと思います。

それにしても、なんでこんなに持ち物がきついのかな、と思ったら。

どうやって使うの?

こいつらのせいか。いまいち使いどころが解らなくて、たなざらしです。売っちゃうかね?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。