上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



たまたま同じ顔、同じ髪型の人が居て、アレクサンドリアの酒場に自動で移動してきた結果……。

秘技!

気持ち悪いことになりました。

まぁ、これはこのゲームだから起こることですね。「SecondLife」だったかな? DOLとは違って各アバターがめり込まないようにしてあったので、それを使ってアクセスポイントをふさいだり、アバターを動けないようにしてセクハラしたりとか、ひどいことがありましたっけ。まぁ、逃げようと思えば簡単に逃げられるはずなんですけど、中の人がパニック起こしてるときにはなかなか思いつきにくいです。

英語だし。

中の人トロいし。あ、でも、タイピングだけは早いんで、しゃべるのとほぼ同じスピードのマシンガントークになりますね。

で。

この画像もだいぶ前のものだと思うんですけど、昨日うちで駄弁ってたことから思い出したので、ホコリを払ってみた次第です。

何を駄弁っていたかというと、「プラナリアって意識あるのかな」?

身体の真ん中で二つに切ると、両方に頭と尻尾がそれぞれ再生されて、2匹になる不思議生物。いきなり生まれた方はパニックを起こさないんですかねぇ。
スポンサーサイト


熱烈な英国(海軍)マニアであるところの中の人は綺麗なクイーンズ・イングリッシュを話す……わけではありません。

実はアメリカ英語です。日本語でさえトロいので英語を話すのもトロいんですけど、英語は早口だと下品、ゆっくりはっきり話すのが上品とされるので、中の人の話し方はアメリカ人の折り紙付きの「上品で綺麗な英語」です♪

つまり、一部のカン違った「英語が上手い」人ってのは、実は努力して下品になってるんですねぇ。

さて。

西海岸(それもヒスパニック)訛りの中の人はそういうご家庭でホームステイしたんですけど、そこで教わったのは英語だけじゃないです。

特に食べ物。

タコスやブリトーは日本でもそろそろおなじみになってると思いますけど、スナックとしての「ひまわりの種」ってのはなかなか伝わってないですね。健康食品として微妙に流通する程度です。その業務用のがamazonにありました。

でかいです。

でかいです。なんと、500g。

さっそく……と言いたいトコですけど、一手間かけます。炒るんです。もともと少しは炒ってあって、塩味もついてるんですけど、ロスあたりで売ってるのはもっとしっかり炒ってあります(今はどうか判らないけど、昔はそうだった)。

というわけで。

こうしている間にもどんどん減ります。

ここまで炒ります。香ばしくてパリパリ。記事を書き始めたときこれだけあったのに、もう半分くらいになっちゃいました。んー、でも、懐かしくて美味しいおやつに、とっても幸せです。


うーん。

うーん。

びみょう。

実装されたら、要するに勲記(参加するのに必要)と護符と本気装備を用意して、下っ端は護符で焼き尽くして、本人は砲撃なり混乱白兵でなんとかすれば良さそうですね。

あ、ドラゴンの紋章貰いました。


急激にポルトガルの港の数が減ったと思ったら、そのままの状態が続いています。

現在、ポルトガルの同盟港は22。

ヴェネツィアとネーデルランドが23ずつで3位争いをしてます。

つまり、港の数だけ見ると、ポルトガルは5位決定。6位は20でオスマン、7位はフランス。それ以外の要素もありますから単純には言えませんけど、ポルトガルが小国になりそうです。

うーん。

ヴェネツィアが大国に上がると大海戦で連盟先になってもらえません。というか、イングランドの敵になってしまいます。こりゃあ、困った。

ネデ。ヴェネツィアとの蜜月関係が始まる前、連盟先はちょくちょくネーデルランドでしたけど、今はプレーヤーの感情的にそれができるかどうか。イングランド籍のバカがバカをやったのをきっかけに北海で投資戦になってしまいましたからね。ただ、ポルトガルとは投資戦で東アフリカを争っていますね。ヴェネツィアとも特に遺恨はないんじゃないかと思うので、一時的な同盟先としては有力候補でしょう。

フランス……強い対人艦隊を擁して、しかも工作や構築も盛ん。幸か不幸かこれまで特に敵対もせず、投資先もかぶっていません。フレッシュで良いんじゃないでしょうか? ただ、ここと組むと今後永遠にヴェネツィアと組んでもらえなくなりそうです。

ポル。たぶんイングランド憎しで固まってるので、同盟はあり得ないんじゃないかと。もし小国かが意図的なものなら、おそらくイスパニアあたりと組んで人数で圧倒してくるつもりなんじゃないかと思います。

うん、まぁ、その。

確かに、2ndAgeが始まる設定の、アルマダが英仏海峡に押し寄せてきたときの構図はイスパがポルを飲み込んだ状態でイングとネデを襲う、ということだったので、それに沿う形になるのも良いかなと思います。

まぁ、何より、連盟して下さるのは小国の皆様なので、こちらから注文をつけることはできないんですよね……その時になってから考えましょうか。


以前にもお話ししました、英国の標語がふさわしいかと思います。

keep-calm-and-carry-on.jpg

感情でいちいち反応する段階は過ぎてしまっています。

ただ、冷静さを必要としているのは間違いないです。冷静に、冷静に。確実に詰めていきましょう。

古人に曰く、勝つと思うな、思えば負けよ、と。


カイがお魚デッキへの道を歩くなら(たぶん歩かないと思うけど)、私は海事上げ。

海事上げと言っても、もう残っているのは私的には剣術、応用剣術、突撃。それ以外の白兵スキルは特に持ち合わせがございません。あ、戦術があるかぁ……船大工の転職クエ用に持ってたんだけど、要るのかね?

まぁ、文句言ってないで、とりあえず上げようと言うことで、東アジア。白兵上げ用のフネはこれです。

トンベリではありません

まさかのシャム船。鉄板補助帆付きでこの数字、いかがでしょう? なんと奥様、これが「東アジア造船技法書」なしで造れるんでございますよっ!

ともぐいバリバリ(あんまりおいしくない)

既に実戦投入して、底船に向かって一直線。白兵だと1隻目2隻目で袋だたきに遭いますからね~。しんどいですよ。砲撃での戦闘と違って。でも、基本の数字がこれだけ高いと、底船になってからが勝負の海事上げではかなり有利になりそうです。

しかも。

この「強襲型シャム船」、開拓街で3段階強化という魔改造さえしなければ、海事Lv40で乗れちゃうんです。

アイ、当初戦う副官船としてブルネイで買って、適当に強化してたんですけど(大マストも作って、4回で終わらせる気満々だったのに)、途中でムラムラ来ちゃって自分用にしちゃったという……カイに怒られました。

使ってみた感触は、やはりシャム船を相手にしていたときと同様、固いです。しかも、縦射を貰いにくいようです。なかなか良いですよ?


ハンザ同盟(ロンドン11番商館)の今月のお題は「塩漬けピラルクのグリル」。

で。私は釣りR10。カイは釣りR14。

カイが釣り師になって、モラを着込んで釣り竿抱えて出漁しました。

大漁!

前回、ここで釣り大会をしたときは副官船がなかったんですよね。6時間以上がんばった記憶があります。今回はというと、やはり5時間。水より先に副官船の賃金が切れかかって、慌ててカイエンヌに逃げ込みました。

釣果はこの通り。

ぼろぼろ

副官船のコストは副産物と船倉の隙間に詰め込んだトパーズで取り返しました。そして、何より釣りがカウントストップというおまけ付き……お魚デッキでも狙いますかねぇ。

帆がボロボロなのはNPC海賊と戦ったせいです。けっこう凶悪ですねぇ。


画像が壊れてますね。これ昔のとかも全部なのかな。バックアップはあるけど、上げ直して記事修正するの面倒……FC2がんがれ。超がんがれ。


追記
治りましたね。GJ!


何かが違うけど、何所からどう突っ込めば良いのやら?

どうしてこうなった・・・?

まぁ、それはともかく、今朝の話。ああ、以下愚痴ですよ。

暴落調整の救援要請があったので、他に誰も居なかったのでカイが手持ちの銅手銃と日本刀を持ってダブリンに行って、100%を割って下がってた火器を暴落させたわけですけど。

……。

当の本人はドーバーに行って良い相場で売ってやがりました。

他人が自分の作業を中止してその人のために動いて、さらにたくさんの人の迷惑になることを考えて困ったあげくに苦渋の決断をしてる間に他所に行くってどういう神経なのよ。

まぁ、その人の要領と頭が良くて、私がバカだってことなんでしょうけどね。もうその人の名前覚えましたから。二度と手伝ってなんかやんない!


国家とは想像されたもの、実在しないけれども、みんながそこにあると思うから、あるとされるものだ、と主張したのがベネディクト・アンダーソンという人で、まぁ、名前はどうでも良いんですけど、この発想が国際関係論の出発点になっています(少なくとも中の人が大学院にいたときは)。

バカ言うな、日本はちゃんと存在するじゃないか、と日本の地図を書いてくれる人もいるかもしれません。

おおまかな人は本州、北海道、九州、四国。丁寧な人なら沖縄、淡路島や小豆島……果ては沖ノ鳥島や南鳥島まで。サハリンやキスカ、アッツまで描いちゃダメですよ?

でも、それは島国だから国の形が想像しやすいってだけなんですよね。中の人は結婚して引っ越して来て9年以上経ちますけど、未だに埼玉県の市や町や村の形と名前が一致しません。最近やっと川越市が菱形をしているような気がしている、関心が薄ければそんなものです。

アメリカ人に至っては日本と戦ったり、朝鮮で戦ったりしているからそれなりに極東に通じているかと思いきや、中の人がアメリカに行ったとき(まぁ、すごい昔ですけどね)、日本と中国の違いが分かってない人がほとんど。

つたない英語で必死で説明しても、「まぁ、私たちにはどっちも『オリエント』なんだよね」というような結論になってしまいました。

ましてその間にはさまれた小国なんて、そもそも認識されているかどうか。

韓国が必死でナショナリズムをあおっているのも、その存在を少しでも確かなものにしようという努力なのかもしれません。

はた迷惑この上ないんですけど。

否、すでに国際的なルールが守れなくなってきている時点で、かなり危険なところまで来ていると思います。

このままエスカレートして、好むと好まざるをとわず経済的に締め上げる構図は、いつか来た道。通貨スワップ中止は日本経済に良い効果を生むと思うので、ぜひ中止の方向でというのが本音なんですけど、それがパールハーバーへの第一歩にならないことを切に祈るのは、もしかするとムシの良い話なのかもしれません。

どうも、韓国のやっていることは70年前の日本の悪いところを斜め上に真似しているように見えてしかたありません。特に教育とか。見栄ばかり張って、内実はお粗末なところもそっくり。

アメリカの次の大統領が動き出すまであと4カ月と2週間ほど。それさえ乗り切れば何とかなるかな?


中の人の専門はイロイロあるけど、その一つが国際関係。趣味として英国外交、学生時代の課題としてはトルコ外交に注目してました。

英国、トルコともにスネに一桁ですまない傷があります。覇権国家でしたからね。

英国から独立した国は多くは英連邦に所属して、現在の英国の核の傘の下で安全が保証されています。一方で、それを蹴って独立する国もあるわけで、お隣のアイルランドがそうです。

でも、確かに数百年ひどい目に遭ったあげく、飢饉を放置されて何十万という死者を出しても、「エリザベス2世に土下座を要求する」なんてことは絶対しません。うっかりやったらとんでもないウィットで返されて赤っ恥かかされるでしょうね。ま、それが文明国の外交関係です。

トルコとギリシャの対立も同じNATO軍の中にあって異例の物。これまた数百年の独立戦争があって、ついに独立を果たしたら、第1次大戦の終結という好機に恵まれたギリシャ軍がトルコ領になだれ込み、焼き討ちから虐殺、民族浄化まで、戦争犯罪の限りを尽くしました。

このギリシア軍の侵攻を食い止めた新興トルコ軍はギリシャ軍を掃討し、トルコ本土からはたたき出しましたけど、いかんせんフネがなかったです。トルコの海岸から見えるエーゲ海の島すべてはギリシャ領のままとなりました。後に取り残されたトルコ系、ギリシャ系の住民を交換しています。

でも、この犬猿の仲の両国、最近は歩み寄りを見せているそうです。必要さえあれば、やればできるんです。

翻って日韓関係。「5兆円スワップ」など、韓国に恩恵のある政策がいろいろある(つまり必要はある)というのに、ここ数日の韓国大統領の発言は正気の沙汰とは思えないです。

背景に何があるのか、きわめて興味深いですねぇ。


カイに比べると面白みがないというか、キャラかぶりすぎでリストラが必要な気もするけど、何所をどうしたら良いか判っておりません。姓は原作の登場人物からつけています。

副官船長兼造船&鋳造副官、イゴール

私の副官1

意外にも2人目に雇った副官ですけど、順調に育ってこの通り。副官実装時の造船持ちとしては居て当然の一人ですけど、当時は冒険がしたかったので、冒険副官が最初の一人でした。

冒険&収奪副官、コーネリア

私の副官2

というわけで、最初に雇ったのはこの方。ところがその後、冒険しなくなってしまって、自宅で牢名主と化してしまいました。さらにどんでん返しがあって、収奪副官として起用されるようになりました。

奇襲副官、ナターシャ

私の副官3

フランス亡命時代の右腕です。せっかくの兵器技術+1も私がカウントストップしてしまっては宝の持ち腐れで、一時はリストラ候補に挙がったんですけど、通常弾防御を他の誰も持っていないために切るに切れなくなってしまっています。困った……。

ネコ&奇襲&収奪副官、ニーナ

私の副官4

レアハントはナターシャとコーネリアで事足りていたんですけど、南蛮(ジャガイモ運び)するのにネコ副官が必要ということで急遽雇ってみたら、とてつもなく優秀でびっくりしました。

妨害&連弾防御副官、エルナン

私の副官5

今育ててるのがこの人……ニーナと同様、優秀ですね。この上防火も覚えてくれるということなので、南蛮をするときにも活躍してくれそうです。

というわけで、優秀な通常弾防御持ちが登場すると、ナターシャさんが引退かな……? とりあえず、全員がエミグラント・バークに乗れるようにしたいところです。


特に話題もないので副官の話でも。「まずはカイより始めよ」ということで、昨年1年メインキャラを務めて急成長したカイの副官をご紹介します。

副官船長、フランシーヌ。名前は原作の部下から。

カイの副官1

フランス亡命時代からずっと仕えてきてくれた副官。ハンスの次席としてベルベットOnlineで活躍した後、採集や南蛮貿易でも活躍してハンスをリストラに追い込みました。

工芸副官、カーラ。これも名前は原作の部下から。

カイの副官2

工芸のほか、鋳造の材料買い付けでも活躍。南蛮でも活躍しましたけど、一歩フランシーヌに及ばず、副官船長の座を明け渡して、あとは差がつく一方。微妙にリストラ候補……2nd Ageで立場がどう変わるかに期待です。

海事副官、ハワード。これも名前は原作の部下から。

カイの副官3

防火副官としても有能で、カーラが副官船長の時の南蛮帰りにときどき同行してました。元はフランスからイングランドに亡命するときの更新副官だったんですけど、砲撃系を網羅するなど有能なのでそのまま居残っています。明梅と組ませても面白いかもしれませんね。

鋳造副官兼ネコ副官、明梅。

カイの副官4

フランシーヌの補佐役として南蛮貿易で活躍中です。フランシーヌとカーラの穴を埋める便利屋さん。名前も制服も与えないままここまで育ってしまったのはちょっと予想外でした。

微妙副官、エルダ。

カイの副官5

フランシーヌとカーラが持っていない取引スキルを埋めようと雇いましたけど、出番がありません。その割に数字が良いので、リストラにも踏み切れていません。2nd Ageでどれくらい活躍できるかが鍵になりそうです。

カイは南蛮貿易と加工貿易を両方できるので、2nd Ageでもあまりスタイルや副官を変えずに生き残れるんじゃないかと期待してます。


海事Lv.40もあれば砲4スロットのフネ、つまり64門艦に乗れるんで、東アジアでの海事上げをお勧めします(って、商売敵を増やしてどうする)。

というのは、孫子もおっしゃっているように「善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり」なので、勝ちやすくて、効率が良くて、ついでにアガリも良ければ完璧。

海事40代だとシャム船3隻でも美味しくいただけるので、それを中心に狩ってもらえると、実は非常にありがたいんです。シャム船を駆除すると、ガレアスや戦列艦が沸きやすくなるからです。

接舷すればバスタードソードがもらえることもあって、あと、多いのは小麦。ビールにして飲むも良し、50個貯めて「殿様Online」に使うも良し。

その代り、さっきの孫子の言葉の後には「故に善く戦う者の勝つや、奇勝無く、智名も無く、勇功も無し」ということで、あんまり「面白みのあるぎりぎりの戦い」にはならないです。淡々と、作業的になりますけど、エンカウントの練習にもなりますし、色々研究してみるのも面白いかもです。

ガレアス3隻は海事60代でも美味しいです。40代でも足の速いフネに乗って長射程の大砲を装備していれば、必ず的が頭を向けてくるので縦射できます。斉射すべてが縦射になると気持ち良いですねぇ。落とし物はアーモンドで、これは南蛮に使えません。アーモンドオイルに加工しても微妙、東南アジアに持って行っても微妙なので、そのまま食べちゃいます。

戦列艦入り4隻の艦隊は何種類かあって、動きも微妙に違って面白いです。しかも、ワインを落とします。これは日本と華南で交換率がとても良いです。さらに、接舷すると高級ルビー、高級毛皮などを落とすので、共有倉庫でロンドンに空輸して売っています。

その他、なんかガレオンがいっぱいいますけど、私には見えませんw いや、がんばれば勝ちますけどね、弾薬の消費が多くて、効率が悪いので、無視してます。

英国海軍でも、こんな言葉があるそうです。

「強いヤツは無視しろ」


貫通がカウントストップしました。

これで砲撃系はすべて上げ終わりました。

うーん。

ちょっとさびしいかな~。

次は白兵戦のほうを上げていこうと思ってます。一旦ロンドンに帰って、転職します。


むー?

この水はドコから来て、ドコへ行くのか……?


耳に心地よければジャンルなんかどうでも良い、というのが中の人。一応、NHK交響楽団の定期演奏会に10年以上通ったので、それなりに耳は肥えてます。

でも、たぶんPerfumeのライブは無理そう。ずっと立ってたりジャンプしたりって、そんな体力&気力ありませんから。

さて。これは宮川泰さんの息子さんが完全耳コピで譜面に起こしたという渾身の作。



パーカッションに注目して、こちらと聞き比べてみて下さい。



残念ながら、これは管弦楽ではなくて、吹奏楽ですけど、まぁ、ジャンル的には似たようなもんです。で、何が違うかというと、イロイロ違いますけど、私はパーカッションに注目します。つまり、打楽器、ですねぇ。

オリジナルのほうはドラムセットです。一人で担当します。

吹奏楽では小太鼓、大太鼓、シンバルが一人ずついます。

というわけで、クラシックではないと感じてました。編成上、ビッグバンドか何かかな、と思ってましたけど、宮川彬良さんはプログレッシブ・ロックだとおっしゃいました。

中の人はロックというものをロクに聞いたことがありませんので良く解りませんです。



でも、やっぱり、宮川さんは天才ですねぇ。「ヤマト」の譜面が全部散逸してるって、すごい損失だと思います。今度のリメイクのサントラは絶対欲しいです!



「真田さん、テストは!?」「そんなヒマはないっ!」

「完結編」もイロイロありますけど、真田さんが直接戦闘指揮を執るシーンがあっただけでもその価値はあったと思います。アイ。リメイク版では美女が部下について良かったですねぇ。

え、ゲーム? あんまりしてないですねぇ。実は「宇宙戦艦ヤマト」の2枚目のDVDを観ました♪


タイトルは最近、リアルのロンドンで流行ってる言葉。なんと、70年前、第2次世界大戦中の標語です。

keep-calm-and-carry-on.jpg

意味は「冷静に、がんばろう」みたいな。どこかの国の標語より、数段マシですね。「どつき譲りあい埼玉」とか「ぜいたくは敵だ」とか。

で、なんでこんな古びた標語が話題になっているかというと、実はこの標語、使われなかったんです。で、古本屋さんの倉庫でずーっと眠っていたのが、ひょっこり出てきた。

そして、映画「英国王のスピーチ」で有名になった王様の王冠がついてるだけのシンプルなデザインが人々の心に響いたようです。

まぁ、そんなわけで、海図を作ったときに大海戦に出る人へのはなむけにこのポスターをパクって、ひねった物を置いてみたんですけどね。これはしっかりポスター製造器がweb上にあったりします……けど、今はサーバが落ちてるなぁ。

お買い物の途中で、こんなビンを見つけました。

豆様かと思った?残念、マミさんでした

ケントのエール、「スピットファイア」です。語義は「がみがみ女」(私のことか)。でも、有名なのは第2次世界大戦で活躍した英国の戦闘機ですね。バトル・オブ・ブリテンで大活躍した救国の翼(って書くと、ハリケーンは? モスキートは? ウェリントンも……とかおっしゃる方々がいらっしゃいますけど、解ってますから! とりあえず、その代表です)。

このご即位何周年だっけ、その他式典づくしの今年の英国。それを、こう祝いましょうと。

このネタは一体?

例のポスターをもじっております。アイ、英国のビールは静かに、一口一口しみじみと味わうもので、どっかの島国みたいに一気飲みして酒量を誇ったりなどというばかげたことには使いません。

そして、毎度のことながら、

ベタベタに駄洒落

「ボトル・オブ・ブリテン」なのです。これを舐めながらオリンピックの閉会式でも観ましょうかね。




ああ、どっかの誰かみたいに大局的なことは書かないんで期待しないように。

1日目。野良のN狩り艦隊に入れてもらったつもりでしたけど、いつの間にかガチ対人になってました。

でも、おもしろかったです!

提督の相手の選び方、エンカウントのしかたが本当にお上手で、とても気持ちよく遊べました。ありがとうございました!

残念ながら、どーやってもログ解析ツールが上手く動いてくれないので、結果は「たくさん沈めた、たくさん沈んだ」しか分からない上に、疲れ果ててたので戦功のSSさえ取らない始末。たしか戦功は50を越えたくらい。

まぁ、事前構築は無かったけど、地図のN探しで中の人が消耗してましたね。次回は地図作成をお断りするか、事前構築する場合も実戦には参加しない方向かな……。

2日目。ハンザの商会艦隊に入りました。

この日は集中力がありました。そして、やっぱり面白かったです!

結果。なんとなんと、与撃沈14、与拿捕1、被撃沈7!?

戦功的には3日目とあまり変わらない?


DOL始めて苦節7年、(たぶん)初めて被撃沈が与撃沈を下回りました! というか、ダブルスコア!? 何が起きたんだ、中の人!?

3日目。同じく「勝ち易きに勝つ」ハンザ艦隊。

……でも、中に人に集中力がありませんでした。いつもの私に逆戻り、与撃沈6、被撃沈11。

煩悩の数。


とはいえ、全体的に与撃沈がふえているのは間違いないし、敵に与えるダメージもずいぶん増えたように思います。それに、ハンザにお誘いした方が艦隊に加わってくれたのが嬉しかったです。そんなこんなで、大満足の3日間でした!

まぁ、なんだかんだ言ってゲームですからね、楽しければ良いんです。そして、心から楽しめました。御参加の皆様、掲げる旗を問わず、ありがとうございました!


北東大西洋の構築NPCの位置は以下の通りです。

イングランド(赤い点):15631,2924
ポルトガル(青い点):15728,2782

大海戦予定海域と攻略目標03


良き猟果を!

daikaisen.png

追記:リスボン側敵構築NPC位置を微修正しました。ご指摘ありがとうございました。(8/24)


海図にリスボン沖の敵味方NPCの位置を記入しました。これ以上は明日になってみないと分かりません。赤い点が味方NPC、青い点が敵NPC、黄色い点を攻略目標に改めました。

大海戦予定海域と攻略目標01

リスボン沖、北東大西洋ともにNPCは「陸が目視できる沿岸」に散在しています。それ以外の沖には見られませんでした。

ただし、北東大西洋の沖合(マデイラ沖の北方)は過去のイベントで大量のNPCを沸かせた実績があるので、コーエーがそれを使った場合、面白いことになりそうです。


今回の大海戦予定海域の海図です。原図は「大航海時代オンラインまとめwiki」(http://gvo.gamedb.info/wiki/)より戴きました。

大海戦予定海域と攻略目標00

水色が予定海域、赤い点が攻略目標です。

「北東大西洋」って、海戦海域としては初めてでしょうか……情報が集まり次第、書き加えていきます。とりあえずは、元になる海図のアップでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。