上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



中の人がちょっと、ゲーム以外に気をとられることが多いようで、ログイン率が落ちます。

課金は11月半ばまで残っているので、眠りそこねたときとか、早朝覚醒で二度寝できなかったりとか、そんなときに穏やか目なこと(結局、南蛮?)をするくらいでしょうか。

英国会議だけはなるべく傍聴するようにしますけど、これも積極的な発言はしないかと思います。

というわけで、しばらくこのブログも音信不通の可能性が高いです。

課金が残っている間にやりたいことリストは……

1.船体メモリアルで造船+1アイテム確保

2.何かあったっけ?

……。

1にしてもフィレンツェのレシピで造るパーツを造るのに1カ月以上かかる予感……その間、本来のモチベーションがあればガナドールから大砲や船体のパーツをぶんどったり、赤いコートを貰ったりしたかったんですけど、うん、今、そのモチベーションが無いです。カイに緑色のコートが似合ってたんで、私も赤いのが欲しいんですけどねぇ。

しばし、お休みさせて下さいませ。

次はオスマン亡命?

スポンサーサイト


残念な結果となったDOLのバグパイプ。

実際の演奏では胸を張って姿勢良くしてないと、息が吸えません。んで、これだけのことができます。ペチ娘の行方はどちらに!?




見渡す限り敵艦。

ぎゃあああ!?

誰だ~!? 低レベルならソロでも行けるなんて言ったのは!? しかも全部直撃阻止付きだし!?

あっさり沈みました。実は、敵旗艦を見つける前にも1度沈みました。手強いですね。

ならばよし。禁断の「あたし本気だもーん」モード発動。

死ぬかと思った。

で、勝ちました。

……報酬がショボイです。とりあえず2勝して借りを返してもおさまらなくて、東アジアのN狩りですさんだ心を癒やしました。


新しく実装された神聖ローマ帝国の皇帝選挙。20MD払って貰ったのは「再交渉要望書」3枚。

宿敵。

やってられません。

リアルとバーチャルをごっちゃにするなっていわれるんですけど、カール5世=カルロス1世って、中の人が世界史上、一番嫌ってる人物だったりします。

一番というからには、ヒトラーより嫌ってます。まぁ、それだけの大物なんですけどね。

その悪行三昧から、最終的にはネーデルラントの独立運動やアルマダ海戦へと転げ落ちていくきっかけになった人。人柄どうこうというより、その責任の所在として嫌ってるんですね。「史上最悪のろくでなし」として。

いずれにしても、コーエーのイベリア押しには、もううんざり。開発の人は「グラナド・エスパダ」でもやって満足してくださいよ、本当に。

一方、サルベージも商会の人にコツを教えて戴いたので、一人でもガレアスが揚げられるようになりました。

大物。



毎年この時期になるとPirates of the Burning Sea(PotBS)で「Talk Like a Pirate Day」というイベントがあります。

海賊特有の「やああああっ!」という雄叫びのあげ方をNPCに教えるミッションがあったり、オウムに海賊の決まり文句を教えるミッションがあったりします。

先日、N船長からリアル世界でも「International Talk Like a Pirate Day」とその日のある「International Talk Like a Pirate Week」があると知ってびっくりしました。

で。

このゲームもリアルとつながっていました。

「International Talk Like a Pirate Day」の創始者は「スラッピー船長とチャンバケット君」なんだそうです。確かに海賊の初心者スタート港のマーシュ・ハーバーにこのご両人がいらっしゃってます。

スラッピー船長

チャンバケット君

英語の分かる方なら、このお二人の英語、かなり訛ってることが判ると思います。この時代の下層階級の英語なんですよね。ちなみにbeの否定形がain'tになります。

で。

Wikipedia(英語)によると、どうもアングロサクソンの英語圏で、この海賊風会話週間が楽しまれているようです。まぁ、『宝島』とか、その他カリブの海賊譚へのノスタルジーですかね。もちろん、それに悪のりしてできたのが、あのディズニー映画ですけど。

あ、このブログで「デルフィン特製制服」をご紹介する可能性(つまりPBを買う可能性)はかなり低いと思います。先日、思わせぶりな記事を書きましたことについて深くお詫びいたします。

というわけで、

Avast! Shiver me timbers! There ain't no pics of "Delfin Limited Uniform." Me-thinks it be sorry. Arrr!


ロイヤルソブリンとラ・クローンは……私には乗れませんでした。

残念。

まぁ、でも、海事カンストしてる人にご褒美あっても良いですよね。とりあえず私には遠大すぎる目標なので、アイアンサイズと同様、見送ることにします。

で、手の届く範囲にあったのが楽器のたぐい。まずは一番欲しかったバグパイプを作りました。なんと食料品取引が+1です。

バグパイプ装備中

イメージ的にはセイレーン撃退とか、白兵戦で味方が有利になるとかなんですけど(昔は軍隊のラッパと同じ使い方をしました)……まぁ、たしかに食べ物に困ってた地域の楽器ではありますね。

バグパイプ演奏中

でもねー。早速音を出してみたら、「ぶー」とか「ばー」とか、音楽になってないんです。それに姿勢も悪いですね。こんな前屈みではきちんと息が吸い込めなくて、そもそも音が出ませんよ。

これはひどい。担当者のやる気の無さがひしひしと伝わってきました。

さて、課金が切れるのは約2カ月後か。この間に何も無ければ、オラ、別のカリブ海さ行って3等戦列艦作るだよ……。


南蛮の品はヨーロッパで単価が1~2万ずつ低下。

代わって、香辛料が値上がり中なのは「ワールドクロック」の影響だとか。

東南アジアと東アジアを往復する手間をかけない分、防火副官付きなら香辛料のほうが手軽に稼げるようです。

で、期待してた生産関連のアップグレードは無いようです。

ふむ。

私とカイにとっては南蛮貿易が悪化した程度の影響ですね。私にとっては「レリックピース」関連の冒険の幅が広がるのが嬉しいことになりそうですけど、そもそも冒険を全然やってないので、あまりありがたみが実感できません。

狙ってたロイヤルソブリンやラ・クローンは造れるのかな……?


まぁ、明日の朝までは待ってるしかないですし、果報は寝て待てってことで「Pirates of the Burning Sea」にも行ってないです。

で。

ああ、あいかわらず。

うー。

大型ガレオン。

あんだけトップの位置がおかしいと言ったのに、全然聞いてないですね。せっかく良いフネ出すんだからそれを表紙に持ってくれば良いのに。

で。クレジットを見てみたら、おや、暗がりに大型クリッパーがいますよ。

健在!

どうやら、時代が違うフネでも使って良いみたいですね。良かった。

まぁ、逆に16世紀末の無敵艦隊が一等戦列艦だらけなんていう、どこぞの火葬仮想戦記みたいなことになってくるのか~。

とりあえず、パッケが発送されたそうなので、一安心。

「ステータス: お近くの配達店まで輸送中です」

クロネコさん、がんばれ。


微妙に目標を見失っているので、とりあえず断片地図の消化にかかりました。

一人でも。

……大物が釣れました。さらに一人ではびくともしないものも出てきたので、助けを呼んだところ……

二人なら

こんなのまで上がりました。断片はまだまだありますけど、もしかしてサルベージのRが追いつかなくなるんでしょうか。大変だぁ。


かなり前、リスボンでの「ゴザ文字をやりましょう」で懲りたのか、今回はひたすら挨拶に終始した「GM挨拶」でした。

さりげなく手をつなぐ

とりあえず、ツーショットは撮る。

とても律儀でまじめな人。

そして囲む。

ロンドン教会前

で、最後の記念写真では前後をハンザ勢が固めました。

出現期間中、質問攻め(相手が一言返す前に3発撃つウェリントン式)にでてみましたけど、ポロリはまったくありませんでした。残念。

しかたがないので、こういうポロリを見つけました。公式だと潰れちゃってて読めないんですけど、これは某社の予約画面から。

あーん?

デルフィン特別制服(?)、神聖ローマ近衛軍用装材、名匠の秘伝、武器職人の鍛錬具、防具職人の鍛錬具、銀のタロット。

制服(?)と神聖ローマ近衛軍用装材、名匠の秘伝はぜひ欲しいですね。タロットは基本使わない人なので、銀タロは貰っても誰かにあげてますし、鍛錬具は……微妙。正直、名匠の秘伝も4つばかり持ってても使ってない事実もあったり、装材だって特定のフネ(たぶんゼーアドラーの造船)に必要なものならゲーム内で手に入らないとおかしいですよね(そして私はゼーアドラーは狙ってません)。

もしかすると食指が動くのは「制服(?)」次第かもしれません。それだって心の目で見てそう読めてるだけですからねぇ。


登場当初「どうなのかね~」と思っていたのはナイショ。2ndAgeの影響でうっかり造れなくなったらイヤなので、とりあえず底になったシャム船の代りに造ってみました。

なんだろう・・・?

外見は19世紀後半の微妙に後装式と前装式がない交ざった頃のスループコルヴェットに見えます。その頃の大砲の門数は口径が大きくなった分、だいぶ少なくなってきているので、64門も積んでいるのがちょっと不自然な気もしますけど。

19世紀後半?

グラフィックはそのへんを配慮してか、露天甲板の大砲がまばらに配置されています。

数字は本気装備でこんな感じになりました。しばらくはサルベージに使います(え

びっくり号

これが中型だったら武装沙船無双が終わるんですけどねぇ。


海事上げ用に新しく船を一隻仕立てて、熟練上げに大砲をたくさん作ったら、普段は造船材料であふれているはずの倉庫キャラの持ち物枠が大砲で埋まるという非常事態が発生。普段は名工とかで熟練上げしてるんですけど、名工は既にたくさんあったもので。

実は大型船3隻を新造・強化して、枠のやりくりが終わって、すっきりさっぱりした直後だったので、みるみる枠が埋まってエライことになってしまいました。

しかも、20日からは新しい大砲レシピが出るので、これまでの対人戦本気モード用の大砲も海事上げに使うことになって、これがまた15セットもあるんです。何してんですかねぇ、まったく。

で、せっかくのボーナスタイムなので、カイの海事上げを、と思ったら、これが大変でした。

まず、インディアマン。フルファイヤできてないようです。念のため、あと10人ぐらい増やしたいですね。再強化か、開拓街での強化回数増加か、微妙に迷うところです。うっかり増加させすぎて、いじれなくなるのはジーベック・クルーザーで体験済みです。

それと、中の人。私の攻撃力に慣れてしまったので、「撃沈した」と思い込んで背を向けた相手から縦射を食らうお粗末さ。

だめだ、こりゃ。

私も海事上げのために新しい船を持って東アジアに来てますけど、しばらく素食で耐えて貰いましょう。ちなみに、カイの砲術系は貫通8を除いて全部9です(速射はありません)。とりあえず全部10ぐらいにしたいですけど、ガレアス相手にけっこう苦戦、シャム船相手でもかなり苦戦、戦列艦相手だと沈む寸前まで追い詰められるので、自慢のインディアマンも底船一直線です。あーあ。


英国を代表するような楽器です。ただし、イングランドより、スコットランドやアイルランドのほうがオリジナルです。なので、イングランドでも使われますけど、微妙にマイナーな扱いです。



……一つでもうるさいです。その音たるや、渋谷の雑踏と騒音の中、(たぶん)500メートル先でも聞き分けられました(東急本店の玄関で演奏してるのが109の脇から聞こえました)。と言うわけで、戦場でも使われます。



普段はこんな感じ。



みんなでキルト着てパイプ隊、なんてのも面白いかもしれませんね♪


まぁ、こういうこと(↑)やるから戦中派疑惑とか出るんですけど。

晴れた~!

空が晴れるのはありがたいですね。7年間曇りっぱなしじゃ、ウツにもなりますよ。

そして、新しく実装される楽器に

おおっと

バグパイプ(左端)発見。現代の3本マストなバグパイプは18世紀頃からと言うことなので、それ以前が主題のこのゲームではこれが正しいんじゃないかと思います。ちょっと残念。

バグパイプと言えば、コーエーには名曲があるんですよね。懐かしの「提督の決断IV」。



これの一節が演奏できると良いんですけどねぇ。


最近、放置気味のPirates of the Burning Seaですけど、困ったことになりました。

困った、困った。

気持ち的に、こんなふうに黄昏れております(画像はたまたま居合わせたコトさん)。

待望のアップデートが実装されて、有り金の半分をたたき込んで新船(1等戦列艦2種、2等戦列艦2種、3等戦列艦1種)のレシピを買ったのは良いんですけど、1等と2等を作るのに課金アイテムがいるという……むー。

昔、「勝つための課金はさせない」とかカッコイイこと言ってたけど、もうなりふり構ってられないんですね。

3等艦はふつーに造れるんで、造ってみようかな、と考え中です。


今日も今日とて海事上げ。

いや、単にN狩りが楽しくてしょうがないんですけど。そしたら、王宮から呼び出されてしまいました。

え・・・?

もう大佐=艦長おしまいなんですか……。早すぎる~!

これだけ!?

それにしても、提督になるのはもっとイロイロあってしかるべきなんですけどねぇ。いつも通りですね。まぁ、称号と言うことで、今後も一艦長としてがんばります。

あ、伯爵にもなったんですよね。

「伯爵に達すると自国影響度が10%以上の港の関税が免除されます」

おおー♪


今日も今日とて早朝覚醒の中の人。寝起きにもかかわらず、いきなり海事上げを始めました。

やつあたりですね、これは。

今朝は誰も居ないのを良いことに、普段は必ず誰かが張り付いてる「賞金首」さんを襲いました。

カモかも?

4スロット、砲撃系スキルが非優遇でも簡単な相手でした。なにしろどんどん船首向けてくるんで、撃てば縦射。しかも、1編成沈めると、すぐ次が近くに湧く親切設計。なるほど、こりゃあ粘着する人がいるわけですねぇ。もっと早く気づけば良かったです。

小一時間粘りましたけど、レア編成は湧きませんでした。残念。

その代り、貰ったラムを交換しに堺に行ったら、銅を拾いました。

その数、実に1000以上! 慌ててカイを呼んだら、銅鉱石と合わせて1500を越えました。結果として、もらい物と拾い物だけで商用ロングスクーナー2隻、菱垣廻船2隻が南蛮の品を満載できました。

すごいご褒美!

早起きは三文の得……なんでしょうか……?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。