上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



呉須手を貰おうとして、はたと気がついたカイ。

黒子。

黒子か忍者みたいですね。とりあえず、取引スキルはアクセとコミで+4されてます。
スポンサーサイト


困るなぁ、と書いたらコーエーがメンテ直前に「特別賞」としてスプーンをくれました。

しゃべる?

やれやれ。

でも、武器装備で調味料+1って他には無いかも?(貰ったら貰ったで嬉しいらしい)

次は商人のチャレンジ。フィレンツェに貢ぐのと、純利益たくさんに、生産の大成功たくさん……ぱったり。

まぁ、南蛮はカイに任せて、リアル作業しながら片手間作業でもしますか。実は今もカイがマニラで「薄くて高い本(北米実装されるとご禁制の品?)」を刷ってます。


あわてて「冒険スペシャルくじ」を引いてます。

ストレージ増設道具が2つなど、けっこう良い物を引いてますけど、肝心の(?)スプーンをもらえてません。

まぁ、もらったら困る物ではありますけど。

で。

いいかげんなことを

これイカンでしょう。はるか日本から走ってきて4517kmってことは無いと思います。

それに、メートル法なんて、無粋も良いところ。海里でも尋でもリーグでもケーブルでもファゾムでも、もっと海っぽい単位があるでしょうに(地味に重複してますけど、気にしないように)。せめてマイル。そもそも、メートル法が提案されたのが1790年、フランスの外務大臣として有名なタレーランによるものです。

1791年に、地球の北極点から赤道までの子午線弧長の1000万分の1として定義される新たな長さの単位「メートル」が決定された(Wikipediaより)

ワールドクロックはフランス革命まで進まなそうですし、これは無いんじゃないかなぁ。まぁ、世界初の5本マストクリッパーは1907年就役ですけどね。


早速風邪を引いて倒れた中の人。まーね、9月末からほぼぶっ続けで作業してましたから、そういう頃合いです。

若くてピチピチしてた頃も、10日以上休みなしで働くと風邪引いて倒れてました。神様じゃないんで、六日働いたら一日羽を伸ばさないといけないんですね。たとえ好きなことに根を詰めていたとしても。

気を付けましょう。

で。

昨日は久しぶりにDOL。私がまず「特別納品書」を1枚獲って上々の滑り出し。次にカイがタロイモ1200個を日本刀約700個に換えるお手柄。その場で探索すると、銅鉱石が60個ほど出てきました。これを銅に変えて造船景気に沸く港に行ったら……また麝香を拾いました(銅は中国茶になりました)。しかも、どんどん出てくる気配。

先日の残った呉須手が300ほど共有倉庫にあるので、もう帰るばかり。

やむなく私が砲弾と水食料を捨てて急行、残りを全部拾いました……けど、二人とも動きが取れません。合計して麝香が1200ほど、カルダモンが300ほどでしょうか。

慌ててステラを呼び寄せた結果、ヴァッタ海運の船長3人全員が東アジアにいるという異常事態が発生しました。今日はわりと体調が良さそうなので、3人ともしばらくこのまま放っておかれそうです。



ゲームに関することは今まで通りこちらに書きます。

クローズドのほうは先日書きました「ゲームより関心のあること」がテーマになります。それでもご希望の方はゲーム内でお知らせくださいませ。メールが確実だと思います。

DOLはヴィジランティの服装一式をもらえるのが「10月下旬」、トレジャーボックスの追加アイテムがもらえるのが「11月13日」。この両方を受け取れそうではあります。ただ、やはり体調の悪いときや人外な時間以外はあまりログインしなさそうです。ログインしてなかったら「元気でやってるな」と思っていただけるとありがたいです。

リアルでがんばり始めたんですよ、中の人♪

まぁ、そんなこんなで、今後ともよろしくお願いします。



フレミッシュガレオンを造ったり、投資したりでちょっとお財布に隙間ができたので、カイが南蛮を始めました。

江戸が冷害と言うことで、まずはタロイモを運びました。

1回の交換で提灯910個。

残った魚肉の山は中国が良いかなとお祭り会場の港に行くと、宋白磁50個になりました。

帰りに寄った酒場で悪魔がささやきました。

「○○が麝香を捨てたらしいぜ」

おおー。

既に船倉は、満杯。後は帰るだけです。

しかたがないので、ステラを呼んで共有倉庫経由で提灯を押しつけ(早速フレミッシュガレオンが役に立ちました)、港をあちこち探した結果、麝香計900以上を拾いました。やっぱり宝探しは楽しいですねぇ。落としてくださった方、ありがとうございました!

それが、

豊漁♪

こうなりました。

下方修正がありましたけど、1日で100M稼げました♪


フレミッシュ・ガレオンが気に入ったので、ステラ(本来は倉庫キャラ)の海事上げ用に1隻仕立ててみました。

フレミッシュガレオン2隻目

同型の2隻が連なっているのを見ていて、ニヤけてくる中の人です。

タメイキ。

まぁ、確かに私とカイではこういうことはありませんでしたね。

3スロット船は小型中型にもありますけど、今あるのは大海戦用に魔改造されていて、ステラには乗れません。フレミッシュ・ガレオンなら3回強化しても造船条件が上がるのは交易ですから、ステラでも楽勝です。



大艦巨砲主義なスペースオペラ(宇宙ものの軽いSF)をご覧になれば、耳にされたことはあると思うこのセリフ。

「砲門開け(全砲門開け)」

だいたいその後に

「うてぇ!」

等々、射撃開始を命令することになります。

でも。

砲門って、あるの?

砲門ってのはこれです(画像は2010年の横浜帆船模型同好会の展示会より、HMSダイアナ)。

銅板張りの見事なこと…眼福、眼福。

大砲の出てくる穴が砲門。フタがついている場合があります。だから「砲門開け」という命令があります。帆船時代なら。

灰色のフネはよく解らないんで、この号令が残っているかどうかは知りません。帆船時代でも砲門が無い(開けっ放しで砲口に木栓がしてあるだけの)フネも多かったので、そういう場合は当然、省略される命令です。

「砲門開け」の命令で、砲門を閉じているネジを外して、よいしょと紐を引っ張ると砲門が開きます。自動的に跳ね上がったりはしません。なので、その直後に「撃て」とか言われると、水兵さんはとても迷惑します。

帆船時代だと、砲門を開いた後の命令は

「砲を送り出せ」

大砲の両側に延びたロープを「ツー、シックス、ヒーブ!」のかけ声で引っ張ります。「Two, six」で息を整えて、「heave!」で引きます。1回で定位置まで突き出すことができない場合は何度も引っ張ります。滑車や車輪があるとは言え、最低限の人手でトン単位の木と鉄の塊を傾いた(運が悪いと上り坂の)甲板で動かすので、これでヘルニアになる人多数です。風上から襲うと有利なのはこのへん(大砲を突き出すとき楽)の事情もあります。

で、ゴロゴロと車輪を鳴らして大砲が突き出された状態になって、

「照準せよ」

たいていは敵艦のメインマストの根元を狙います。海が荒れてる場合、砲口に木栓をつけているので、それを外す命令が要ります。

照準良し、ということになると、各砲の砲手長が左手を挙げます。右手は引き金につけたヒモを持ってます。

そこで初めて、

「撃て」

なんです。

しかも、こうした命令を実際に口にするのは大砲数門~十数門を指揮する士官(海尉や士官候補生)であって、艦長(ましてや提督)自身が叫んだりしたら体面が傷つきます。艦長は紳士(上流階級)らしく、士官に指示(おとなしい人なら身振りや頷き)をするだけでした。まぁ、それはナポレオン時代のお話ですんで、もうちょっと前の荒々しい時代は自分で命令したのかもしれませんけど。

PotBS(ナポレオン時代より100年前のカリブ海が舞台のMMORPG)での「撃て」はけっこう大きなエモーション(踏ん張りながら右コブシを振り下ろす)がついてますね。というか、普通にN狩りしてる間じゅう、ずうっとこれ延々やってるんですけど。データ食い過ぎのような。こんな子としてると頸椎に障害が出てきますよ……大丈夫なのかねぇ。

ゲーム自体は地味

そうそう、実はこれでもまだ手際が良いほうなんですよ。あらかじめ装填してありますからね。たいていは砲門を開いてから装填して砲を突き出しました。

艦内が狭いんで、大砲に砲口から火薬や弾を込めるのに、込め矢を使うスペースがしんどいですから、砲門が開いていた方が都合が良いんです。ただ、新米水兵がそれをやると、込め矢を海に落っことしたり、最悪、自分がバランスを崩して海に落ちますw

帆船時代は数ノットでの戦いなので、けっこう気が長い戦いになるんですね。なにせ、敵が見えて「こりゃあ戦闘になるな」と艦長が判断してから全乗組員を半分ずつに分けて交代で食事をさせて、最後に配給酒まで振る舞って景気づけするヒマがあります。

というわけで、なんでスペオペで「砲門開け」なんて命令があるのかな、という疑問でした。もしかしたらビーム砲のレンズを守るシャッターとかがあるのかもしれませんね(とはいえ、ヤマトの大砲は実体弾も撃てる謎仕様……でも、砲身を守るためにもシャッターは要りますね)。


といっても、まだ騎士爵に届かないんですけどね。

昇進。

騎士爵はこの次ですね。そこで王立海軍に入ると少尉付け出し……なんとなく、なんだかなぁ、と毎度思いますけど。せめて佐官からにして欲しいところですよね。まぁ、それやると「大将で公爵、元帥で大公」って図式が崩れて、コーエー的には都合が悪いんだろうなぁ。

実はこの爵位、まったく予想してなかった投資爵位でした。いつの間にって感じです。

今回も一応、アントワープへの防衛投資をしたおかげです。機会をくださったネーデルランドの皆様には感謝の言葉もございません。

あるわけ、ありませんよっ!

ぷんすか。


あまり話題になってませんけど、名作ですよこれは!

ふれみっしゅ

まさにスペインの無敵艦隊が攻めてきた16世紀末頃の英国やオランダで使われていたガレオンの姿が正確に再現されています。

まだカゴっぽい船首になる前の船首、スペインのガレオンと比較して低い船首楼と船尾楼。マストの継ぎ方も正確ですし、ツッコミどころがないです!

感涙もの

細かい装飾も見事ですし、甲板の配置(ハッチとか昇降口とか)も正確。

こんなの、初めて。

船尾に突き出した、ラテンセールの帆脚策(シート)を保持する柱も、この時代のフネはこんな感じです。ちょっと効率が悪いんですけどね。

いやぁ、これまで私が演じてきたロール(帆船のグラフィックにケチをつける小言幸兵衛)を見事に否定する、素晴らしいグラフィックです!

数字的にもなかなか良いので、ステラの副官船として造りました。ステラの海事上げ船としても使えそうです(上げるのか……?)。


ライブドアから返事をいただきました。

1週間待て、だそうです。その間に問題のwikiの管理者が削除に応じれば一件落着。

応じなかったら、おそらく社内か委託先の法務部でプロバイダーとして削除する責任があるかどうかの判断をすることになるんでしょうね。

むー。面倒なことです。

でも、表現の自由に歯止めをかけるってことがこれくらい大変なことって、大事ですよね。でも、こういう時は正直、歯がゆいですねぇ。だって、待ってる1週間も私の名誉が毀損されっぱなしです。被害者の人権はどうなるんだ……って、その「人権」もまた問題だったり。

そもそも、「私」は「人権」の範囲内なのか。

中の人が名指しされてるわけじゃないし、「Horatia」が中の人の氏名と紐付けられているわけでもないし。いや、紐付いてはいるけど、それが流出していませんからね、今のところ。

うむ。

でも、「大航海時代Online」という1サーバ数千人いる社会ではてきめんに影響される(かもしれない)わけで。

うむむ。

まぁ、とりあえず課金が切れる前にできることは全部やってみましょ♪


「おまわりさんこいつです」というには、相手が刑法を犯していないといけません。

民法の場合は民事不介入と言うことで、警察のお世話にはなれないんですね。で、あることないこと言いふらすってのが何に当たるかというと、「公然と事実を摘示して名誉を棄損」したときには「名誉毀損罪」、「事実を摘示しないで、公然と人を侮辱」したときに「侮辱罪」となります。

まー、どっちも微罪ですねぇ。重くても「3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金」ですって。でも、最終的な目的は相手の肩書きに「前科一犯」をつければそれで良いので、特に問題なし。もちろん、そうなる前に相手が削除に従ってくれれば言うことなしです。

さて、じゃ、具体的にどういうときに「おまわりさんこいつです」といえるかというと、被害者が抗議して止めさせようとしたことが証拠として残っている場合。

こいつはリアル社会だと難しいんですけど、バーチャル世界だと簡単だったりします。全部文字で残っちゃいますからね。

そこで早速ライブドアのサイトに行ってみました。

メールフォームが用意してありました。

意外と簡単♪

https://help.livedoor.com/help_form/inquiry/?sv=ldid

ってことは、同じようなことがいっぱいあるんですねぇ。案外、ああいうのはどこにでもいるのかな。やれやれ。怖い世の中です。

とりあえず、1回目の削除要請を出しました。メールフォームから送信すると自動的に送信内容がこちらのメールアドレスに発信されるので、それをプリントアウトしておまわりさんのところに持って行けば、これも証拠になります。

ライブドアでは複数回同じような削除と再掲載があると自動的にアカウント削除になるようです。何回か削除要請をして、結果として丸ごと移転でもしたときには、おまわりさんの出番でしょうか。

いずれにしてもこの「名誉毀損罪」と「侮辱罪」は親告罪なので、被害者が動かないとどうしようもありません。被害者の皆様、早速動きましょう!

あ、今回の抗議がうまくいったら、定型文作って掲載しますね。


良いこと聞きました♪

経済産業省の個人情報に関するサイトより。

Q. オンラインゲームで「ニックネーム」及び「ID」を公開していますが、個人情報に該当しますか。

A. 個人情報に該当する場合があります。オンラインゲームにおける「ニックネーム」及び「ID」が公開されていても、通常は特定の個人を識別することはできませんから、個人情報には該当しません。ただし、「ニックネーム」又は「ID」を自ら保有する他の情報と容易に照合することにより特定の個人を識別できる可能性があり、そうした場合は個人情報に該当し得ます。なお、例外的にニックネームやIDから特定の個人が識別できる場合(有名なニックネーム等)には、個人情報に該当します。(2005.7.28)


http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/privacy/100401kaiseiq-a.pdf

たぶん私そこそこ有名! FC2ブログランキングで30位以上まで上がったことあるし!

というわけで、数日中(要するに中の人の体調の良いとき)に証拠を集めて、警察に相談します。それまでの間に証拠になるサイトやらwikiのようなものやらを消しといてくれると、その人は前科一犯にならずにすんで、私も楽で良いんだけどな。


買いました。

レッド・コート

「夜戦用装材」も買いました。これを使うのは「武装型インディアマン」かな? 微妙におカネが減ったので、カイが南蛮に行って、江戸で力尽きています。まぁ、後日、中の人がその気になったときにロンドンまで帰ってきて貰いましょう。

フィレンツェのレシピのための貢献度は順調に上昇中です。木材や貝紫を入れてます。

今、このゲームで気になるのがナショナルカラー。

英国の場合、本来は赤。聖ジョージ旗の十字の色で、今も英国陸軍の礼装はたいていが赤です。

でも、昔のF-1をご存知の方は「緑!」っておっしゃるでしょうね。英国陸軍でも一部の部隊の礼装は緑です。

ただ、このゲームのオスマンの緑は英国を示す緑としてはちょっと明るすぎます(カイが着てますけど)。そこで申し訳ないですけど、ヴェネツィアの赤いコートを着ることにしました。とはいえ、陸式みたいで嫌だなぁ。海兵隊ってことにしましょうか。

このゲームで無神経にも英国に押しつけられた白は、本来はブルボン家やハプスブルグ家の色です。ブルボン家の場合、青もあるので、ハプスブルグ家との違いを出したいときは青を使います。その意味で、フランスを紫にしたのも無神経きわまりないですね。フランス王家の青はこのゲームでポルトガルの青に近いです。

タメイキ。

ダークブルーに金の縁取り、襟や折り返し部分は白のコートが欲しいです(血涙


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。