上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ニンジンは好きですけどね。

バレンタインイベが発表になりましたけど、ゴスロリミニドレスが欲しいとは思わないので、スペックとwikiでのネタバレを見るまでは放置の方向です。なーんとなく、某大陸国のコスプレ屋さん臭がするんですよね・・・。

あ、海兵隊になる準備はばっちりです。いつも着てるヴェネツィアの将官服が200年前の英国海兵隊の制服にかなり近いんですよね。現代だとこんな感じ。




スポンサーサイト


名声が頭打ちのカイに代って投資をするべく、亡命の下準備を進めること約1週間。

いあ、進めてたんですよ、ブログに書く前から。ただ、あんまり真面目にやってなかったです。交信して、「太陽の護符」掘って、ついでにピラミッドの中層階を適当に荒らして、収穫を売りながら交信して、みたいな感じで。でも、これだといつまで経っても終わらないんですね。

本格的に始動したのが先週の木曜日。私掠海賊に転職、白兵戦のレポートを書きながら黒海のラ・モールを沈めたり、沈められたり、拿捕したり。これでかなり効率が上がったんですけど、それでも予定の2日を軽くオーバーして、5日目の昨夜、やっとオスマンの「親愛」を取り付けました。

ついに来ました!

お世話になったヴェネツィアの皆様にご挨拶したところ、とてもあたたかく送り出していただけて、感激しました!

とっても、からふる。

でも、このままヴェネツィアに向かうと別の意味の「歓迎」を受けそうですね。耐久が底になって補助帆も大砲もほぼ限界の私のフネではガレアスを突破するなど、まずムリかと思います。

きらり~ん♪

オスマンな私。なかなか似合ってますねー。もともと中の人はトルコが大好き。放っておくとここでも長っ尻になってしまいそうなので、ちゃっちゃと各港の投資をすませて、懐かしのロンドンへ。

おどさないでくださいよぉ。

ええっ!?

ちょ、そんな話、聞いてないです。色ネームになる覚悟なんかありません(弩キッパリ

でもまぁ、また地球を20周すれば良いか、あるいは誰かを青ネームに仕立てても面白いかも、と言うことで、ポチッとな(いい加減、中の人が眠かった

そこそこ、からふる。

・・・大丈夫でした。

でも、王立艦隊に入るにはイングランドとの関係、おそらく結果としてすべての国との関係を「平常」に戻さないといけないようです。

とりあえず30枚弱あった「赦免誓願状」を使い切って、全部を「敵意」まで下げました。ほとぼりが冷めるまでは南蛮(投資!)、冒険(クマー!)、海事(赦免誓願状の収奪)と、やることがいっぱいあるようです。

問題は中の人にその気力があるかどうか・・・あたたかくなるまではダメですかねぇ。


カイの交易名声と交易経験がカウントストップしてしまいました。さらにエディンバラ、プリマスともにカイを上回るランカーが出現、これもお任せして良さそうです。やれやれ。

そこで私がクマ装備への道を一時中断、オスマンとの契約に向けて活動開始しています。

流行りに乗る

昨日の大投資戦も忍の一字で、交信に励みました。


フレから「銀のレイピア」を貰いました。

銀のレイピア

柄が金なので、どこが銀なのかなー、なんて無粋なツッコミはともかく、全体のバランスは良いですね。久しぶりに良い剣が実装されたようです。

それに発憤したわけではありませんけど、南蛮してプリマスに着くたびに100MD消える生活が続いたところ、

おんや?

あら、あらあら?

あちゃー。

・・・。

ついに階級でカイに並ばれてしまいました。原作(未訳)では中将まで行ってますからね。遠慮なく上を目指して貰いたいものです。

まぁ、これ(伯爵の位)でランカーである必要は無くなりましたね。今度長期休暇があった場合、プリマスには投資しないようにしましょう。投資するとまた1位になっちゃいます。


新しいルール下での2度目の大海戦でした。

1日目は事前構築で燃え尽きた中の人があろうことか寝坊。野良艦隊に入りそこねたところに、エディンバラで物資不足の報せが入ったので、慌ててロンドンで鉄材、鉄板を買い集めてエディンバラに輸送する任務に就きました。

でも、エディンバラはプリマスに続いて落ちました。

構築艦隊、というより、構築フラグを持ってきてくれる人が圧倒的に足りなかったです。

2日目、3日目は初日にエディンバラで奮戦なさっていた方の艦隊に入れていただきました。

手が空けば構築、危なくなったら構築、そうでなければ敵の工作NPCを封鎖して、敵の工作艦隊を捕まえたり。最後には港を砲撃する艦隊を邪魔しての対人戦までこなしました。特に2日目は撃沈2(2隻とも敵旗艦)、被撃沈0!

戦果は50を超えた程度でしたけど、要塞を落とさずにすんだことで稼いだポイントは大きかったんじゃないかと思います。

艦隊を構成する人たちの顔ぶれ、戦慣れを見れば、対人よりの雑食艦隊として不足はないと思いましたけど、そこをあえて構築に回っていたのは大きいと思います。

要塞が落ちれば、特に領地の場合、その悪影響は大きいです。数GD程度で済めばめっけものでしょうか。またしてもカイのプリマス投資額が増えそうです(求む、カイをランカー2位に蹴落とす方)・・・それに比べれば、1アカウントで輸送任務や構築(時々自腹)をやっても、せいぜい南蛮1回分のDが出ていくだけ。

どちらが安上がりか、歴然としてます。

特に本土防衛戦になる場合、雑食艦隊でも、対人艦隊でも、特に「敵がいなーい;;」なんて時はどんどん構築や工作をして欲しいなと思いました。


課金アップデートは4月のアップデートで出そうな新パッケに期待して待とうと思います。

遅くとも来月いっぱいにはクマーが揃いそうですし、それが終わったらオスマン亡命&イングランド帰還、と手前イベ目白押しですので、とりあえずは退屈しないですみそうです。

公式イベントについては、例によってニンジンと労力のバランスを見ながら、でしょうか。


例年に比べると極めて元気に過ごしてきた中の人ですけど、ここへ来て体調が崩れてきました。まぁ・・・例年通りの状況ですw

年末はこんな謎物件をこしらえるほど元気だったんですよ。

20世紀砲身

何に使うつもりですかね? 他にもいろいろ策動してたようです。まぁ、これは別のお話なのでこのへんで。

で、リアルジベクルはどうなったかというと、

頭痛いです。

・・・進んでません。

いあ、一歩進んで一歩下がったんですけど。

結果として進んでないんですよね。メインの静索に30番手の糸(にちょっと細工をしたもの)を使うところまでは雰囲気的に良い感じだと思ったんですけど、これをマストに結びつけるのに真面目にやったら結びコブの山ができてしまってイメージが台無し。「一番良いのは船乗りがやったようにすること」が帆船模型での鉄則ですけど、どうやらこのサイズではムリのようです。あきらめてフォアマストの横静索は削り落としました。ここまで去年。

で、年末のバタバタで混乱してた机を使えるようにして、横静索のためのステップを作り直したのが今日やったことでした。

索具については、イメージを残しながら省略、という頭の体操がこの冬眠モードの中の人にできるのかどうかがカギになりそうです。

本来ならリアルでもバーチャルでもこれから一仕事な時間なんですけど・・・おやすみなさいです。


こんなクエがありました。

おかしいような。

何に違和感があるかというと、「狩猟を趣味にしとる貴族」。

堺で貴族と言えば日本のそれと思うんですけど、日本の上つ方々って、そういう殺生=死=ケガレに関わりのあるような趣味って持たないような印象があります。幕末明治だとキナくさいことになってきますけどね。

貴族と言えば、けまりとか、和歌読んだり、不倫したり、誰かを陰謀で島流しにしたり。

基本的に神道の儀式とかが本業の人たちでしょうからねぇ・・・このへん、詳しい方々のご意見をおうかがいしたいです。武家の生活はわりといろいろ語られてますけど、江戸時代の貴族って、どんな暮らしをしてたんでしょうねぇ。


前回の大海戦は圧倒的な敗勢の中で戦うことになりましたけど、最終日はそれなりに健闘できたかと思っています。

私が属する「ハンザ同盟」の商会艦隊は「孫子」の「善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり。故に善く戦う者の勝つや、奇勝無く、智名も無く、勇功も無し」をモットーとしており(もっとぶっちゃけた表現についてはゲーム内にてお答えいたしまする)、味方が優勢だと面白味に欠ける戦いが多いです。

これまで、そういう戦い方が多かったんですけど、今回は問答無用で某有名艦隊が襲いかかってきたりで、けっこう楽しめました。あんまり負けるのは面白くないですけど、偶然だろうが幸運だろうがマグレだろうが自分の旗艦が沈もうが(おい)、とにかく上手い人の隙を突いて星を挙げられれば、最高に楽しいんですよね。

で、ハンザの被沈女王として、こういうことを考えるのはおこがましいんですけど、このまま商会艦隊に留まるか、模擬戦に出て、いずれは固定艦隊を作るのかが頭の中にチラチラとします。

とはいえ、模擬戦は「怖い」イメージががががが。アイ、特に人間関係的に。くわえて、自分をハートマン軍曹か何かと勘違いしてるようなのがいると、最悪です。そういうのと出くわして不愉快になったから模擬戦を忌み嫌ってきたんですよね。

常道があり、王道があるのは承知。それを極めるのが模擬艦隊。もちろん、そういう方々には最大限の敬意を持っております。ハンザにも固定艦隊で出る方やMVPに輝いた経歴をお持ちの方がいらっしゃいますし。

でも、模擬戦に割く時間もエネルギーもない、デュカートもないし、コンピュータの知識もない、とないないづくしなので、邪道を極めて一泡吹かせたいというのが私。だって、それこそゲームの醍醐味ですもん。

たぶん、こういう阿呆を笑って引き受ける模擬艦隊は、そうそう転がってはいないでしょうね。それに、こうして「被沈女王」がデンと控えているからこそ、気軽に商会艦隊に出る人だっていらっしゃるかもしれませんし(自分で言うか)。

うーむむむむ。


クマ装備クエストの外堀を埋め始めました。

できるもん!

このへんなら一人でもなんとかなりますけど、本流に近づくとバカスキルの壁が立ちはだかります。まさに「他力本願(誤用)」ですねぇ。


今年もよろしくお願いいたします。

さっそく、テノチティトランを発見しました。例によって、おんぶにだっこです。

ヴェラクルス港外の戦闘は轟音機雷をまき散らし終わったところで集中砲火食らって頓死。孤軍となったフレは「太陽の護符」で敵艦隊を焼却処分してしまいました。

陸戦はともかく、スキル的には「社交10」くらいしか役に立ちませんでした。まー、慣れない生物学者だし・・・でも、戦闘の時くらい砲術家でノルスケロブに乗り換えても良かったような気もしますね。

がんばった(フレが。

それでも、とりあえずなんとかなったのは過去の艦隊押し戦略の遺物的クエストのおかげです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。