上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



調査捕鯨と銘打って小規模な商業捕鯨を続ける、というこれまでの手法は明らかに条約違反ですので、すぐにやめるべきです。必要なのは調査捕鯨の継続ではなく、商業捕鯨の再開です。もちろん、その根拠となるのは、これまでの調査捕鯨の成果です。

問題の核心は条約違反であって、条約違反にならないためにはこの条約への「異議申し立て」を行い、商業捕鯨を行えば良いのです。ノルウェーはそうしていますし、その結果得られた鯨肉が日本にも輸入されています。

ちょっとお高いですけどね^^;

私が鯨肉にこだわる理由は、幸い、誤診でしたけど中の人がアトピー性皮膚炎と診断されたことがあるためです。このために鯨肉以外の肉は禁止。化学繊維の服も禁止されました。今でも化学繊維の服には心理的に抵抗がありますし、当時禁止された食べ物で匂いや味の強いものは今でも嫌いです。

結局、原因は分らずじまいでしたけど、現在は転地療養が効いて治癒してます。たまに東京に長期滞在すると再発しますし、アレルギー体質なのは変わらないので、何らかのアレルギーと考えられます。

いずれにしても、アトピー持ちの人々にとっては貴重なタンパク源が鯨肉なのです。それを断たれてしまうと、かなり生きるのがしんどいことになります。

私は他の知的生命体より人間の命と生活の質のほうが大事だと思うので、捕鯨の継続に賛成です。肩書きはどうでも良いです。人間は生きるためには食わなければならんのです。そして、食うためには殺さなくてはなりません。民族とか、文化とか、それ以前の問題です。
スポンサーサイト


海軍の夜店のバナナのたたき売り
買った買った(勝った勝った)と負けていく

・・・なんて言葉も浮かびますけど、「大航海時代V」のロンドンの酒場娘さんを陥としました。

陥落。

・・・何のゲームでしたでしょうか・・・。

チュートリアル(?)も一区切りついたところなので、このへんでおいとまと思ってます。悪いゲームじゃないですけどね、ただ、やっぱり航海する上での制約が大きすぎます。たとえ大嫌いなガレーを旗艦にしていても、ちょっと航海しただけで数時間待ちとか、冗談じゃないです。

もう一つ不満があるとすれば、絵師さんの質に差がありすぎることでしょうか。どこのBL同人だっていいたくなるようなほぼ素人から、この絵師さんのような完成度の高い絵まで、バラエティに富んでいるといえば聞こえは良いですけど、悪い意味での寄せ集め感が気になります。

「艦これ」では声優さんはもちろん、二次創作の皆様の活躍がそれを補っているんですけどね。「V」は幸か不幸かオリジナルイラストだけでの勝負になっているので、悪目立ちが過ぎますねぇ・・・イベント会場でうっかりBL系をつかまされたときの嫌悪感とかいろいろフラッシュバックするんですよね。二次創作の人たちがもっと上質なイラストを描いてくだされば、イメージが上書きされて気にならなくなるかとは思うので、そうした背景ができてくるまでは放っておくか、そうしたことが気にならなくなるまで中の人のメンタル面が強くなるのを待つか、ですね。

たとえチュートリアルの束縛がなくなっても、フネの選択や建造にリアルマネーを惜しみなくつぎ込む必要があることを考えると、DOLの自由さがいかに貴重かよく解りました。

自由って素晴らしいです。

さて、さっそくネタ船作る準備を始めますか! こんなこともあろうかと、既にDOLはアップデート込みで課金済みなのです。「V」の不自由さにぶち切れて米帝プレイに走る前にDOLにお布施して予算が無いことを骨身にしみさせておく必要がありましたから^^;

それはそうと、こんなところまで来たらさすがに邪魔ですよ、クレアさん・・・。

じゃま。

ゲーム内では心なしかほほが赤らんでいるような・・・?


「大航海時代V」で亡命ができるとお教えいただいて、さっそくやってみました。

アイ、旗一枚の違いで、ずいぶん気分が違いますね。ちょっと頑張って艦隊も4隻+レンタル分1隻になりました。

鎧袖一触よ。

ここまでやってみて、「やらされてる感」の正体が・・・シナリオイベントがチュートリアル兼用なんですね。しかも長いです。確かにその長さは必要なものですけど、何かにつけて「教えるまでやらせない」姿勢はいかがなものかと思います。

一方、DOLと比べて、このゲームの長所はDOLで一般的に批判されている部分が全部無いこと、のように思います。

そして、帆船については・・・DOLの悪いところがそのまま残ってます。というか、グラフィック流用ですね・・・。

そんな中、一つ気に入っているのは、DOLで見向きもされないフネが脚光を浴びていることでしょうか。かつてこれほどピンネースやバスが注目を浴びたことがあったでしょうか。

私の今日レンタルしていただいたフネ(最後尾)もバスです。

嫌なら課金してガチャ回せってことなんでしょうけど、ガレーにはうんざりです。


久しぶりに「Pirates of the Burning Sea(PotBS)」。

運営が代わってからトラブル続きで、未だにユーザーコンテンツが使えません。それでもゲームシステム自体はいろいろ改善していて、造船関係はほぼ一から覚えないといけないようです。しんどいです。

まぁ、造船しないライトユーザーになれば良いだけのこと・・・

潜らせちゃいます。

と思ってたら手痛い反撃が。沖でのN狩りがかなり難しくなりました。AIが変わっていて、格下3隻艦隊相手にも苦戦しました。画像は2隻始末してから逃げ出して、体勢を整えてから最後の1隻にかかるところなのです。

一方で、クエストの敵は相変わらずな感じでした。


「大航海時代V」さわってみました。

うーん。

つまらないわ(ここだけCV:不知火さん

まだDOLのほうが面白いです。なんかこう、ゲームを「やらされてる感」が懐かしのFF13に匹敵する感じ。一応、自由度はありますけど、目的が見えないので、ゲームを作った人の筋書き通りにやるしか無いという・・・それは遊んでいるうちに入るんでしょうかね。

一番気にくわないのは問答無用でポルトガル国籍なこと。しかも、イングランド船を襲えとかいうクエストまであるし。

で、フネの存在は味付け程度。BL臭漂う航海士のカードを集めるのもどうかと思いますし、じゃぁ、それが目玉かといえば、フルボイスではないというか、そもそも声優さんの起用自体がないようですね。

だったら「艦これ」の方が良いじゃん、ってことになります。

で、DOL自体も「塩分=海っぽい感じ」にはだいぶ物足りなさを感じてはいるんですけど、もっと塩分のあるPotBSは完全にモチベを失っているところからも、中の人的にはどうも塩分だけがゲームの目的ではないようです。

まぁ、フネを操りたいと思ったらPotBSに行けば良いんですし。

うむ。

だったら、さっさと旗を掲げた方が良いのかな?

気が向いたら前倒しして課金します。


サーバーが落ちてそのまんま・・・株価下がるぞーって、コーエー株売って買ったDeNA株が塩漬けのまんまですわ。

さて。

サーバ統合の詳細が来ましたね。案外早かったです・・・って、こっちも公式サイト落ちてるやんけ・・・。

ええと、さっき斜め読みした限り、私的にはとりあえず対応済みの範囲で問題無さそうです。

問題はやはり、無言商会「Asphodel」の扱い。ノトスはゼフィロスサーバとのがっちゃんこなので、アムスに避難する手もあるかな、とは思うんですけどねー。

どうしましょ。

タメイキ。

あ、4月1日にバーチャルパック買って再課金の予定です。


やりました。

実際にやってみないとなんとも言えないんですけどね・・・フネのデザインとか、悪い意味でコーエー的になってるようで。


今ひとつゲームへのモチベーションが上がらないので、とりあえずは4月頭あたりまで様子見させていただこうと思います。



草津に行った記念で「ご当地ショボーン」を買ってきました。自分用です。

しょぼーん

大阪に行ったときにはタコ焼きのショボーンでした。

で。

埼玉にはあるのかな、と言う期待に胸をふくらませて公式サイトを見に行ったら・・・ありませんでした。

複数ある県もあるのに!?

群馬なんか2つもあるのに!?

埼玉県はゼロ!?

観光地いっぱいあるやろー!?

長瀞とか川越とか川越とか川越とか(自信なくなってきた

(´・ω・`)


新しいアイテムの画像・・・。

まがいもの

いろいろイカンものを感じます。もちろん、必死で著作権を回避した形跡はあるんですけど、それを補ってあまりあるコレジャナイ感・・・。

ほんもの

これが本物のピーター・ラビットですね。スカーフがないし、目の色も違いますけど、茶色のウサギが青い服って時点でアウトのように思います。

DOL、どうしてこうなった・・・(T_T)

もっと良い意味で中国っぽいものが欲しいんですよね・・・。


「くさーつーよいとーこぉ いちどーはぁおいでー」と言うわけで、まぁ、一泊したくらいでどうこうなりはしませんけどね、草津に行って来ました。



ちょいなちょーいな♪

お風呂に掲げられたものすごーく長い効能書きを見てみると、「うーん、要するに末梢循環の改善・・・かなぁ?」という感じですけど、それならそれでガンにも効くわけで。ただ、同じく草津節に「お医者さまでも草津の湯でも」と唄われるとおり、臓器としてののーみそにはあまり効かないかもです。

そのかわり、別のお薬がありました。

んー?

雪の山は友達♪なのです。

ほこら

草津国際スキー場で半日だけですけど、滑れました。そして、

ほほぉ?

うむ。

2回ばかり初心者コースをすべって足をならしただけで約15年のブランクが埋まるかと言ったら・・・案外、埋まるものですね。このコースも3回ばかり滑りましたけど、転んだのは1回だけですよん♪ 

年季の入った貸し靴に貸し板という悪条件を取り戻してあまりあったのが雪質!

文字通りパウダースノーで、「3月だし、本州(しかも関東)だし」とまったく期待していなかったので、完全に裏をかかれました。おかげで、最っっっ高に楽しかったです!

でも、「挑戦」とかいう言葉には33度は欲しいな(強がり

まぁ、それはともかく、リフトに乗って林の間をのんびり移動する間も、キーンと冷えた空気(粉雪混じり)や景色も懐かしくて楽しくて、これもまた良いお薬でした。お供にチョコレートとブランデーが欲しかったのはナイショ。いあ、やっぱり寒いし。

巻き込まれた、これがスキー2回目というダーリンにはとってもとっても申し訳なかったんですけどね・・・来年も行きたいな・・・!



原曲はアルペンの滑降、回転、大回転で金メダルに輝いた(1956年、コルティナダンペッツォ・オリンピック)オーストリアのアントン・ザイラーが主演した映画「白銀はまねくよ」の主題歌です。



曲の原題は「Ich bin der glücklichste Mensch auf der Welt(俺は世界一の幸せ者)」。うん、本当にすべってるときはそう思います><b

それにしても、カッコイイですねぇ。ソチ・オリンピックで活躍した選手のフォームはもちろん研ぎ澄まされたものなんでしょうけど、私はこっちの方をお手本にしたいです。というか、してました。


「長期計画」が発表されました。
http://www.gamecity.ne.jp/dol/developer/room.htm

4月にChapter2、8月にChapter3、12月にChapter4ということです。そして、北米西岸とメラネシアの上陸地点や港を充実させるとのこと。

で、期待してた「4月に何かトレジャーボックス的な何かが出ないかな」は、どうも無さそうデス。残念。

というのは、

1.前回のそういうものはChapter4で出ている。
2.今日から『大航海時代 Online ~Gran Atlas~ バーチャルパック』をWindows版でも発売します。とのこと。

・・・2がちょっと怖いんですけどねー。まぁ、予算が無いならたたみかけては来ないかなと思うので、これの適用で課金しようと思います。さすがに12月まで当てもなく待つのはちょっとキツイです^^;

お値段的にはamazonでも「トレジャーボックス」版が約1万円するので、それよりバーチャルパックは1200円ほどお得ですし、船大工的には中間色の木製装材と金属装材を自力で作れるレシピが魅力ですね。

通常版についてはまだamazonのほうが1500円お得なようです。

ふむ。

まだ何日かあるので、じっくり考えましょう。とりあえず、課金が切れてもこの週末だけのことのようです。


一旦課金を切って、様子を見ることにします。4月のアップデートあたりをめどに戻る予定です。


■ ワールド統合のスケジュール
ワールドの統合は、以下のスケジュールに従って行います。
●3月中:ワールド統合の詳細を公式サイトにてご案内します。
●4月上旬:「ワールド移動サービス」の受付と、「商会移転費用の無償化」を開始します。
●5月中旬:「ワールド移動サービス」の受付を終了します
●5月下旬:
・拡大メンテナンス(1回目)を実施し、「ワールド移動サービス」に申し込まれたプレイヤーキャラクターを希望するワールドへ移動させます。
・拡大メンテナンス(2回目)を実施し、ワールドの統合を行います。「商会移転費用の無償化」を終了します。
※都合により、予定は変更される場合があります。

ワールド統合の詳細は、上記の通り、3月中に公式サイトにてご案内いたします。


3月中旬だと思ってたら「3月中」でした。

コーエーの普段のやり口からすると3月26日か28日あたりでしょうかね。


一方、個人的にはNotos以外のサーバのキャラと倉庫の持ち物を整理しました。

断捨離。

場合によってはもう1キャラスロット追加して倉庫にするかな、と思ったんですけど、案外上手くおさまるものですね。なんとかなりました。

自分がすっきりすると、まわりが気になります。

たとえば、カイが副商会長を務めるロンドンの零細商会、Asphodel。

一時、会長だったときに、他の誰もやらないのを良いことに商会開拓街を綺麗に作り直しました。けっこう時間とおカネがかかったけど、楽しかったのも事実。サーバ統合で消えてしまったらもったいないですけど、まぁ、しかたないですね。消えてしまう前に一度遊びに行きましょう。

いずれにせよ、統合も何もなくいきなり終わった「三国志Online」を考えれば、ずいぶんお手柔らかになったものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。