• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



最近、英国の大型艦艇がたくさんインジェクションキットとして出てきてくれているので、ワルラス飛行艇がレアではなくなってきました。

和製ワルラスとも言うべき九八夜偵は零式三座水偵に追われて20機にも満たない生産数で終わってしまい、キットでもタミヤの鬼怒かフジミの阿賀野に着いている程度のホロレア。

だったら作ってしまえば良い、と言うのがプラモデルの良いところ。

九八夜偵01

艇体はプラ棒から削り出します。

九八夜偵02

風防と尾翼基部を取り付け。モデル役はタミヤのキットです。

下翼取り付け

プラ板で主翼と尾翼を作ります。量産するなら下翼も上翼と同じように一体化して、その分、艇体を削ったほうが良さそうです。

支柱取り付け

主翼の支柱を取り付けます。接着の良さを買って、真鍮線ではなく、伸ばしランナーにしました。

主翼取り付け

乾いたら、伸ばしランナーをカットして主翼を取り付けます。プロペラはピットロードのあまりパーツ、補助フロートは静岡模型協同組合の武装パーツから、二式水戦のもの。後日、プロペラの取り付け位置が上すぎたと判って、取り付け直しました。

で、足柄さんの飛行甲板を飾ってます。

九八夜偵集合。

両舷のカタパルトに載っているのがタミヤ製、真ん中がフジミ製、斜め後ろが私の作ったものになります。

とりあえず4機あれば、川内型3隻と阿武隈に載せる分として十分ですよね。実は両面テープで固定してあるので、はがして三座水偵や零観に載せ替えられます><b



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。